人気ブログランキング |

タグ:ヴォーリズの建物 ( 53 ) タグの人気記事

c0196076_23323241.jpg

1919年、ヴォーリズは子爵令嬢、一柳満喜子と結婚。

翌年、ヴォーリズ合名会社を解散し、
「W・M・ヴォーリズ建築事務所」「近江セールズ株式会社」を設立。
(後に近江兄弟社)

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2014-12-24 14:29 | 滋賀 近江八幡 | Trackback | Comments(1)

c0196076_2254017.jpg

今年はウィリアム・メレル・ヴォーリズの没後50年。
この秋(10/4-11/3)
彼の活動拠点、近江八幡で記念イベントがおこなわれていました。

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2014-12-24 00:33 | 滋賀 近江八幡 | Trackback | Comments(2)

c0196076_6413761.jpg

神戸元町、旧居留地38番街、旧ナショナル・シティ銀行神戸支店は
W・M・ヴォーリズによる設計で1928(昭和3)年竣工。

久しぶりに訪ねてみると
エントランスに掲げられた白黒のチェッカーフラッグが
見慣れない紅いフラッグに変わっています。

  「あれっ?」

と思ってよくみてみると、いつの間にかエルメスになっていました。

窓辺に飾られていたプランターなども撤去され、全体にシブい雰囲気に。
80年以上まえの建造物が、いまもそのまま使われ、
しかもますますその魅力に磨きをかけているのを見るのは嬉しいものですが
大丸神戸店の南第一別館時代にくらべ、ちょっと中に入り辛くなりました・・・
by dendoroubik | 2013-10-31 09:08 | 兵庫 | Trackback | Comments(0)

c0196076_17145039.jpg

これは、近江八幡の あるお漬物屋さんの店内ディスプレイ。 
蕪が水耕栽培されています・・・おもしろい。

なぜ、お漬物屋さんに入ったのかというと・・・

先日、近江八幡へ用事で立ち寄った際 
「名物食べ歩き券」というのを買ってみたのですが、
その券で「おみやげ」が引き換えできる店のひとつがここだったのです。

白雲館で1,000円のチケットを購入。 
近江八幡の町並みを観光しながら、
点在するお店で券と交換で名物を食べたり 
「おみやげ」をもらったり・・・という趣向なんですが、
これはもう、あきらかに県外からの観光客向けの企画で、
滋賀県民が参加するような企画じゃありませんでした(笑)

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2012-03-13 18:00 | 滋賀 近江八幡 | Trackback | Comments(4)

大津 長等神社の綱打祭

c0196076_1485757.jpg

三井寺は、桜や紅葉の季節には多くの人が訪れる滋賀の観光地のなかでも
比較的、人気のあるスポットですが、
その鎮守神でもあるこの長等神社へ
参詣する人はそれほど多くありません。

c0196076_1634059.jpg

この神社はもともと、天智天皇が近江に都を遷されたとき(667年) 
都の鎮護として長等山山中の霊地に須佐乃男命(スサノオノミコト) 
を祀られたのがはじまりといわれています。 

その約200年後、三井寺の開祖・円珍(智証大師)が
日吉山王神(大山昨大神)を勧請合祀、
さらにその約200年後、参詣の便宜をはかってこの地に遷されます。 

京への峠道、「小関越え」のすぐ脇でもあり、
当時としては交通量の多い繁華な通りだったんでしょう。 
三井寺と大津の中心部のあいだにあって、
現在はちょっとわかりづらい場所になってしまっているのが、
観光客の多くない理由かもしれません。

小正月をひかえた1月14日から16日にかけて、
この神社で「綱打祭」と呼ばれる
一連の神事がおこなわれます。 
神社所蔵の この神事を描いた画の裏書に 

「延長6年 (928) 正月12日、志賀の土人、
社前に巨蛇の形を造り、神事を行ふ」

とあるそうなので、すくなくとも1000年以上まえ
・・・ということは、この地へ遷宮する以前から
おこなわれてことになりますね。 

14日午後の「綱打祭」と
15日朝の「焚き上げ祭」を見物したのですが・・・
同じ大蛇を燃やす祭りでも、前回UPした 
『勝部の火祭り』の迫力とはほど遠く、
およそ1000年もつづく由緒ある神事とおもえない 
ゆる~い感じ、がとてもよかったです。

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2012-01-17 15:00 | ◆近江の祭 大津 | Trackback | Comments(6)

長崎の坂

c0196076_12533874.jpg

世に「坂好き」という酔狂な人種が居りますが
・・・かくいう僕もそのひとりです(笑)

登り降りがたいへんな、坂のどこがいいのか
などと無粋なことを言うなかれ。 
日本人は、その文明の起源より
、好んで山の麓に住んで来たじゃないですか! 

東京には山がなくて つまらない
・・・と思う一方で、坂に魅力的な名前をつけて
興がる術を心得ているのはさすがです。 
果ては「全力坂」なる倒錯的なTV番組まで
生み出してしまったのは、日本人と坂との 
のっぴきならない関係を明かしているように思えてなりません。

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2011-10-29 13:50 | 長崎 | Trackback | Comments(4)

c0196076_23453088.jpg

JR大津駅前にある日本基督教団大津教会・愛光幼稚園は、
1928(昭和3)年築のヴォーリズ建築。 

現役の教会と幼稚園が一体となった建物なので、
内部を見る機会がありませんでしたが、今回の「大津ジャズフェスティバル」
の会場のひとつになっていたので、出かけてみました。

c0196076_23463252.jpg

幼稚園側から。

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2011-10-17 18:00 | 滋賀 大津 | Trackback | Comments(2)

c0196076_23311845.jpg

改修工事を終えて一般見学も可能になった
旧豊郷小学校には、アニメ『けいおん!』>ファンが大挙している
・・・と聞いて久しく・・・もう、そろそろ落ち着いたころかな
・・・と行ってみたのですが・・・やはり、まだいっぱい来てました。

c0196076_2334370.jpg

アニメの主人公たちの通う桜ケ丘高校が、
豊郷小学校に酷似している・・・というか、
ズバリ あれはモデルにしてますね・・・
ことから、アニメに登場する京都をモデルにした風景などとともに 
「聖地巡礼」と称して、大勢 ファンが訪れているようです。

地元商工会も「けいおんでまちおこし実行委員会」
なるものをを設け、校舎内でティールームを開業したり、
さまざまな活動をおこなっているんだとか・・・

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2011-10-16 18:00 | 滋賀 湖東 | Trackback | Comments(4)

c0196076_034713.jpg

大正12年、駒井博士夫妻は欧米へ渡航。 
後に自宅の新築にあたりヴォーリズに設計を依頼したのは、
当時流行していたアメリカン・スパニッシュスタイルの建築を
ヴォーリズが得意としていたこと、
また静江夫人がヴォーリズ夫人の一柳満喜子と
女学院時代の同窓生だったことが縁になった・・・といわれています。 

アメリカでの2年間の生活は、研究成果に留まらない影響を夫妻に与えた・・・と。

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2011-09-25 08:00 | 京都 | Trackback | Comments(4)

c0196076_23411148.jpg

京都北白川の住宅地・・・

琵琶湖疎水の畔に、昭和2年、
ヴォーリズ設計で建てられた
駒井卓京都帝国大学教授の遺邸。 

平成10年、京都市指定有形文化財に指定、
同14年、遺族から「財団法人日本ナショナルトラスト」 
に寄贈され、毎週金・土曜日 (10:00~16:00) 
一般公開されています。

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2011-09-24 06:00 | 京都 | Trackback(1) | Comments(2)