人気ブログランキング |

タグ:■6月の祭 ( 126 ) タグの人気記事

愛染娘をもう一度!


愛染娘をもう一度!_c0196076_09281433.jpg


一年でいちばん寒い時期に夏祭りの話で恐縮です(笑)
天神祭、住吉祭と並んで「大阪三大夏祭り」のひとつに数えられる愛染祭について、です。

スケールでいうと、愛染祭よりもいくたま祭の方が「三大」に相応しいようにも思えるのですが
むかしから「大阪の夏祭りは染さんにはじまり、吉さんで終わる」とされ
語呂合わせで「あい()すみ()ません」などと言い慣らされていたそうですから
この3つの組み合わせは、大阪の人々の暮らしや情緒に深く染みついたものだったのでしょう。

ところが2年まえ、この祭りは参拝者、というか若者の迷惑行為に近隣住民からクレームが出て
宝恵駕籠パレード、愛染娘の募集、屋台出店が中止。 規模を大幅縮小しておこなわれました。
昨年は、公募ではなく関係者の紹介などで愛染娘さんが4名選ばれ
境内のみで恒例の「駕籠上げ」などもおこなわれたようですが
理由が理由だけに、かつてのような華やかなパレードの復活は困難かもしれませんね。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2020-01-23 05:00 | ◆摂津の祭 | Trackback | Comments(6)

今年見た祭り 2019年 第2四半期_c0196076_09311075.jpg


4~5月はお馴染みの子ども歌舞伎が中心です。 今年も各地とも充実の内容でした。

5月には新しい御代が訪れ、お祭りもさまざまな奉祝行事に彩られました。
第1週の殊勝な行事を目にする機会は、残念ながらありませんでしたが
そういった意気込みが伝わってくるお祭りもいくつかあり、感じ入るところがありました。

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2019-12-27 12:58 | ◆今年見た祭 | Trackback | Comments(8)

高浜七年祭 「大西の曳山芸能」_c0196076_10202739.jpg


曳山のしたで屋台囃子があり、そのあと女の子たちによる日本舞踊の披露。
前回は「高浜七年祭」のシリーズの間に舞妓さんの記事を挟みましたが(笑)『祗園小唄』なんかもありました。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2019-07-08 05:00 | ◆若狭の祭 | Trackback | Comments(0)

高浜七年祭 「西山の太刀振り」_c0196076_05460249.jpg


「高浜七年祭」では、3つの地区が「太刀振り」を奉納します。
このうち塩土区と東部若連中は青年が演舞するもので、残念ながらこの日はおこなわれませんでした。
西山太刀振(子生区)は4歳から中学1年までの8人によっておこなわれますが
こちらも勇ましく、たいへん見応えがありました。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2019-07-06 05:00 | ◆若狭の祭 | Trackback | Comments(0)

高浜七年祭 「横町の曳山芸能」_c0196076_09021522.jpg


横町の曳山芸能では、はじめに屋台囃子、そのあと曳山のうえで「松の三番叟」つづいて女の子たちによる舞踊がありました。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2019-07-05 05:00 | ◆若狭の祭 | Trackback | Comments(0)

高浜七年祭 「事代のお田植」_c0196076_17544546.jpg


「高浜七年祭」の多彩な奉納芸のなかで「お田植」をおこなうのは事代のみ。
どういった謂われがあるのかは寡聞にしてわかりませんけれど
ブリを持った中央の青年の謡う澄み渡った歌声、神主と掛け合いをする早乙女の愛らしさが印象に残ります。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2019-07-04 05:00 | ◆若狭の祭 | Trackback | Comments(4)

高浜七年祭 「赤尾の曳山芸能」_c0196076_13515581.jpg


戦前までは舞台のうえで、子ども歌舞伎が演じられることが多かったという高浜七年祭の曳山芸能。
現在は女の子たちによる舞踊が中心になっており、町によってさまざまな趣向が凝らされています。
こちらの曳山の芸能は、途中からいちど見たにすぎませんので、全貌はわかりませんけれど
日本各地の民謡を披露しているところがほかとはちがっているようでした。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2019-07-03 05:00 | ◆若狭の祭 | Trackback | Comments(4)

高浜七年祭 「今在家の曳山芸能」_c0196076_09090265.jpg


今在家の曳山芸能は、まず曳山のうえで涼し気な揃いの浴衣の少年たちが屋台囃子を奏し
つづいてその下に茣蓙が敷かれ、子どもたちによる舞踊が披露されました。
この日 観たなかで舞踊は女の子たちによるものがほとんどでしたが
こちらだけ男の子が演じるのがほかとちがっているようでした。
しかも、登場する3人が3人とも、女の子かと見紛うような美少年で
男の子と云われるまで気づかないほどでした。 いや、いまだに半信半疑です(笑)


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2019-07-02 05:00 | ◆若狭の祭 | Trackback | Comments(0)

高浜七年祭

高浜七年祭_c0196076_09540565.jpg


6年に一度の若狭高浜の佐伎治神社「七年祭」が執りおこなわれました。

十二支の「子年」から「巳年」を「陽」 「午年」から「亥年」を「陰」として
陰陽の極まった年、つまり6年おきの「巳の年」と「亥の年」におこなわれる佐伎治神社の式年大祭で
それぞれの祭りの年を含めて数えるのが「七年祭」と呼ばれるゆえんです。

「陽」の極まる旧暦6月、卯の日から酉の日までの7日間の御霊会で
(近年は海水浴シーズンを避けて、新暦の6月におこなわれています)
メイン行事は神輿の渡御ですが、これのおこなわれない日に行きましたので
曳山やお田植、太刀振りなどの奉納芸能のみの写真になりますので悪しからず。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2019-07-01 05:00 | ◆若狭の祭 | Trackback | Comments(4)