タグ:■2月の祭 ( 123 ) タグの人気記事

c0196076_07040471.jpg

「勝山左義長まつり」では各地区にそれぞれ
古道具などでその年の干支を表した「つくりもん」がつくられ
祭りの期間中、展示されています。コンクールなんかもあります。
傍らには時事風俗を風刺したり世相を詠みこんだり
洒落を利かせた狂歌(書き流し)か添えられています。

でも、なぜ左義長まつりに「つくりもの」が飾られるのでしょうか?

『祭りのしつらい −町家とまち並み−』(岩間香・西岡陽子編著)
という本を先日たまたま読んでいると、現在残っている「つくりもの」は
左義長や地蔵盆など御霊鎮送の風流祭りに集中しているとありました・・・


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2017-03-06 08:34 | ◆祭り | Trackback | Comments(0)

c0196076_07382207.jpg

勝山左義長まつりをはじめて見たのは6年まえ。

上後区での「勝山左義長ばやし保存会」の方々によるふれ太鼓
それにつづく浮き太鼓にすっかり魅了され
その昂奮も冷めやらぬままあちこちの櫓を巡ってゆくと
子どもたちの太鼓の上手さにさらに驚かされてしまいました。

いや、たんに上手いというだけでなく
それぞれの個性を思う存分に発揮しながら
人を楽しませることに長けたその器用さに感動すら覚えました。

その感動は、何年通っても薄れることがありません・・・


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2017-03-04 20:18 | ◇勝山左義長まつり | Trackback | Comments(6)

c0196076_22191652.jpg

勝山左義長まつりの12の櫓のなかで
いちばん見物人の集まるのが「上長淵」地区の櫓です。

「子どもばやし」はなくなってしまったようですけれど
「打ち手集合」と称して名うての打ち手の競演が見られます。



つづきはこちらから
by dendoroubik | 2017-03-03 23:38 | ◇勝山左義長まつり | Trackback | Comments(6)

c0196076_23432277.jpg

今年も2月最後の週末、福井県勝山市へ「勝山左義長まつり」を見に行ってきました。

6年目になります。今回も最高に楽しかったです。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2017-03-02 10:47 | ◇勝山左義長まつり | Trackback | Comments(2)

下呂の田の神祭り

c0196076_03383619.jpg

日本三名湯のひとつとして知られる下呂温泉「田の神祭り」へ。
同行はご存じ「踊るイラストレーター」せんべぇさんです。

田遊びの一種として古様をよく残すといわれ
国の重要無形民俗文化財に指定されている行事ですが
ハジけたり、サービス精神に溢れたシーンなんかもあり
見ごたえのある楽しいお祭りでした。

ただ、いつもの通り予習不足で・・・
今から思うと見逃したシーンも多かったのが悔やまれます。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2017-02-17 06:09 | ◆飛騨の祭 | Trackback | Comments(2)

c0196076_06541731.jpg

来週末はいよいよ奥越の奇祭「勝山左義長まつり」開催です!

オリジナルフレーム切手(日本郵便株式会社北陸支社)が
本日から販売開始です(82円切手×10枚 1,300円)!

お馴染みのtoraさん せんべぇさん 僕の写真も使っていただいてます。
25、26日は勝山へ行ってさぎっちょ楽しんで切手を買お〜〜\(^o^)/


by dendoroubik | 2017-02-17 00:00 | ◇勝山左義長まつり | Trackback | Comments(12)

竹割り祭り

c0196076_09292502.jpg

白山がいちばん美しくに見える町・・・と深田久弥がいう石川県加賀市大聖寺。

その深田久弥の生家、中町から南西へ北国街道をすすむと
敷地天神山の麓に菅生石部(すごういそべ)神社が見えてきます。

この神社で毎年2月10日に行われる「御願(ごんがん)神事」
通称「竹割り祭り」・・・という奇祭です。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2017-02-15 08:00 | ◆加賀の祭 | Trackback | Comments(2)

あえのこと

c0196076_02161507.jpg


12月5日、奥能登の多くの農家では
主人が紋付袴の正装で「田の神様」をお迎えするために田へ赴きます。
収穫への感謝をこめて家へお招きし、風呂や御膳でおもてなしします。(「迎えのあえのこと」)

「田の神様」は床の間の種籾俵のなかでひと冬をすごされ
翌年2月9日、いらしたときと同じように主人に歓待を受けたあと
五穀豊穣の願いを込めて、元の田へ送り出されます。(「送りのあえのこと」)

奥能登の農耕儀礼「あえのこと」(送り)を見せていただきました。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2017-02-13 19:29 | ◆能登の祭 | Trackback | Comments(4)

恋するハピリンク

c0196076_08115502.jpg

フィギュアスケートファンのSさんからの熱烈なリクエストで
福井駅前でのアイススケートショーの残りをUPします・・・


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2017-02-11 23:00 | ◆越前の祭 | Trackback | Comments(6)