人気ブログランキング |

タグ:■9月の祭 ( 237 ) タグの人気記事

「燈火 風の盆」

c0196076_07104961.jpg


2020年9月公開予定の映画『燈火 風の盆』のノベライゼーションを読みました。
昨年、この写真を撮った日だったか、おたや階段下でカメラがまわっていて「映画を撮ってる」
というようなことを小耳に挟みましたので、あのシーンも登場するかもしれないと楽しみです。

主人公は踊り子引退間近の鏡町の女性で、大野いとが演じています。
八尾出身の柴田理恵はぜったい出るだろうと思っていたら、なんと主人公の母親役。
(父親役は伊藤克信で、小説でも「両親に顔が似ていない」と予防線が張られています(笑))
回想で登場する主人公の曾祖母、鏡町の芸者役は橋本マナミです。(色っぽそうです)

ストーリーは「まさか」と思うような浮世離れした展開の連続でしたが
「お伽噺」だと思って映像で見ると、またちがった説得力を持つのかもしれません。
初老になった橋本マナミが何十年かぶりに風の盆へ出かけて踊り流しながら
かつての恋人を探すシーンなんか想像すると、ちょっとグッときてしまいそうです。
登場人物は八尾の紙漉き、高岡の鋳物師、井波の彫刻師と、富山の伝統工芸勢揃い。
宇奈月温泉なんかも登場して、富山観光への配慮が行き届いていますね。

それにしても「風の盆恋唄」「風の棺」「愛の流刑地」「月影ベイベ」やこの映画にしても
どうして、決まったように越中八尾に「東京」から人が来るところから物語がはじまるのでしょう?(笑)


by dendoroubik | 2019-11-10 20:00 | ◇おわら風の盆 | Trackback | Comments(4)

c0196076_19035978.jpg


ひとくちに「まつり」と云っても、勇壮な神輿まつりやだんじり、典雅な曳山まつりや
奇想に満ちた、いわゆる「奇祭」と呼ばれるもの、人知れずおこなわれる民俗行事などさまざまです。

「どんな祭りが好きですが?」と問われて、いくつか例を挙げていくと
「舞踊系がお好きなのですね」と云われることがよくあり、面食らってしまうことがあります。
さまざまな祭りの、いろいろな側面に恋着を感じていて、とくにそれが踊りというジャンルに括られる
という意識が本人にないからですが、例に挙げるものには、踊りの要素が濃いのかもしれません。

第3四半期に見た祭りを改めて振り返ってみると
たしかに「こいつは踊りが好きなのだな」と思われるようなラインナップになっています。
ブログをご覧いただいている方は「踊りというより、べっぴんさんが好きなだけではないのか?」
と思われるかもしれませんが、それは「祭りが好き」ということとは別の次元に属する嗜好の問題です(笑)


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2019-10-12 05:00 | ◆今年見た祭 | Trackback | Comments(4)

c0196076_07462009.jpg


さいごに向かったのはふたたび「坡場(はば)の坂」会場。 西新田町さん。
旧街道でおこなわれますので、ご覧のように演者と観客との距離がとても近い。
石垣に座って眺めていると、笠が宙を切る微かな風が頬に当たるほどの近さです。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2019-10-04 05:00 | ◇城端むぎや祭 | Trackback | Comments(0)

c0196076_08475486.jpg


善徳寺「むぎや競演会」さいごは、浄念寺につづいて二度目の西上町さん。城端別院善徳寺のお膝元のまちです。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2019-10-03 00:00 | ◇城端むぎや祭 | Trackback | Comments(2)

c0196076_23030247.jpg


休憩で席が空くのを待ちながら、東上町さんの演舞を眺めます。 「麦屋節」と「古代神」です。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2019-10-02 05:00 | ◇城端むぎや祭 | Trackback | Comments(4)

c0196076_00255107.jpg


午前中に1年ぶりの城端のまちをぶらぶらして、午後からむぎや祭りとよさこい見物。
綿密なスケルールを立てたため(笑)食事をとる時間がありません。
善徳寺の「むぎや競演会」を眺めながら、maturi-bakaさんと屋台の蕎麦食べながら一服。
ですので写真は少な目。 昼間に浄念寺で観た出丸町さんです。



つづきはこちらから
by dendoroubik | 2019-10-01 05:00 | ◇城端むぎや祭 | Trackback | Comments(0)

c0196076_08231681.jpg


かつては「鳥も通わぬ」といわれた秘境五箇山を「陸の孤島」という比喩で表現するとしたら
城端はその島から「いちばん近い港町」ということになるでしょう。
豪雪地帯でもある五箇山の人々は、秋に城端で冬ごもりの物資を調達していたといいます。

両者は長らく養蚕業と絹織物業という互恵関係にありましたが
いまはその紐帯は薄らぎ、ただ五箇山民謡という一筋で結び付いているように思えます。
南砺市という行政区分で括られ、高速を使えば30分もかからない位置関係ですが
五箇山は後方に見える山並みのさらに向こうです。 やはり、遠い。

金沢から城端を経て五箇山へ至る国道が敷設されるまで「五箇山の玄関口」と呼ばれた旧街道の坡場の坂は
城端むぎや祭りの街並み踊りのなかでも屈指の会場です。 この坂のあるまち、東新田町さんの演舞です。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2019-09-30 05:00 | ◇城端むぎや祭 | Trackback | Comments(2)

c0196076_10103708.jpg


出丸坂会場の「四葉会」さんの演舞のなかから
男性の笠踊りと女性の手踊りを組み合わせた『麦屋節』です。

唄のないスローな伴奏だけで一組の男女が踊る姿に哀愁が漂います。
男女の絡みがあるのは「城端むぎや祭」でおそらくこれだけですが
艶っぽそうにみえて、おわらのように相手の身体に触れたりしないところが
いかにも五箇山民謡らしさを残しているようにも思えます。

唄がないのに、かえって歌詞が聴こえてくるような気がするのが、不思議です。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2019-09-28 05:00 | ◇城端むぎや祭 | Trackback | Comments(0)