タグ:■重要無形民俗文化財 ( 107 ) タグの人気記事

祇園祭2011 山鉾建て

c0196076_11322838.jpg

7月1日にはTVで必ず、山鉾建てがはじまった・・・というニュースが流れ 

「ああ。夏やな」

と思います。

宵山までジトジト雨が降りつづき、
不思議と巡行の17日にはカラっと晴れる・・・
というイメージがありますね。

じっさい、去年の関西の梅雨明けは17日でした。

12日には「曳き初め」のニュースが流れます。

地方のお祭では、曳き手はもちろん、
曳山のうえに女性が載るのもOKなところが多いですが、
祇園祭はいまだに女人禁制。
 
ただ、この曳き初めのときだけは女性も曳くことができる・・・
というニュースも毎年・・・もう、何十回聞いたことでしょう(笑)

c0196076_10531224.jpg

ネジ・くぎを一切使わず、荒縄で木材を固定していく
「縄がらみ」 という伝統技法を用いて鉾の土台部分が組み立てられていきます。

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2011-07-13 12:16 | ◇祇園祭 | Trackback | Comments(0)

日野 中山の芋くらべ祭

c0196076_22314949.jpg

毎年9月1日に、日野の中山地区でおこなわれる
「芋くらべ祭」は「天下の奇祭」なんて呼ばれることがあります。

なるほど、東西両集落から持ち寄った芋の長さを競べる
・・・いってみれば、ただそれだけの祭を
奇祭といっても差し支えないようにも思えます。

ただ、じっさいに見てみた印象をいうと、
奇祭とはまったく逆・・・のものでした。

この祭の体裁が整ったのは、
およそ800年以上まえといわれ
・・・一説には、その基になった祭祀は、
おそらく1000年以上まえ・・・
このあたりに人が住みはじめたころから
あったともいわれています。

神を饗応して語らい、最後に豊作を占うだけ
・・・奇抜な装束や、笛・太鼓のお囃子
なんかもいっさいないプリミティブな祭です。

でも、もともと祭とはおそらくそういったもので、
時を経るにしたがって奇抜な装束や音曲が加わり、
どんどん「奇祭」になっていった
・・・というのがじっさいのところなんじゃないでしょうか・・・?

「天下の奇祭」どころか、日本でも、
もっともオーソドックスな祭のひとつかもしれません^^

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2010-09-02 00:00 | ◆近江の祭 湖東 | Trackback | Comments(0)

c0196076_7502240.jpg

新町通りのつづきです。

四条、河原町、三条通りなどの大通りとちがい、
狭い通りを通る山鉾を間近に見られる人気のスポットです。

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2010-07-18 23:58 | ◇祇園祭 | Trackback | Comments(4)

祇園祭2010年 山鉾建て

c0196076_22255923.jpg

函谷鉾。


毎年、7月10日になると、
決まってテレビで祇園祭の山鉾建てのニュースが流れます。

  「あ。もう夏やな!」

多くの人が反射的にそう感じるんではないでしょうか・・・?

この日も多くの報道陣と
アマチュアカメラマンが烏丸四条あたりに集まります。

  「何をそんなに騒いでんねん!」

と、むかしは横目で見過ごしてましたが、
よくよく見てみると・・・
いちばん大きな月鉾やと12トンもの
重量を縄だけで支え切るというのは、
やはりただごとではないですね。

縄の巻き目も、とてもキレイです。

木槌で巻き目を叩いて固めていく職人さんの所作もカッコいい!

真木を建てるとこも迫力があって人気ですが、
本番では装飾で隠れてしまう縄の巻き目をじくり見るのも、楽しいものですね。

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2010-07-12 22:55 | ◇祇園祭 | Trackback | Comments(0)

長浜曳山まつり 御旅所

c0196076_22553311.jpg

各町から・・・
(来年の当番山は「曳山博物館」から・・・)
次々に曳山が御旅所に集まってきます。

午後4時過ぎ・・・本日3ケ所での子供歌舞伎公演を終えた
今年の当番山が、最後の奉納をしに、御旅所へやってきます。

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2010-04-17 23:15 | ◇長浜曳山まつり | Trackback | Comments(0)

長浜曳山まつり 曳山

c0196076_20232335.jpg

北町組の「青海山」の見送り幕。

この曳山には、中国明代の官服仕立てのものと
「飛燕に波図」と「飛龍に青海波」の3枚があるそうです。

(今回は「飛龍に青海波」が掛けられています)

大人の法被が「青海波」で子供の法被が「波図」でしょうか。

曳山をきしらせながら曳行の調整
をしている人々の後ろ姿が、波のうねりのようで見事でした。

今年は、長浜市合併記念で、
全十三基中、修理中の月宮山を除く
十二基が御旅所で勢揃いしました。

非番の曳山は各町の曳山庫から、
来年の出番山は曳山博物館から、
今年の当番山は八幡宮から各例席で
歌舞伎を上演したあと、御旅所へ集まってきます。

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2010-04-16 21:18 | ◇長浜曳山まつり | Trackback | Comments(6)

c0196076_17574429.jpg

長浜曳山まつりは、
豊臣秀吉が長浜城の城主だったとき、
長男誕生のお祝いとして、
町人たちに砂金を贈ったことにはじまるといわれます。

砂金を元手に町人たちは曳山を建て、
長浜八幡宮の祭礼に曳き回したと。

長男誕生のまえ・・・長浜八幡宮を再興した秀吉は、
八幡太郎・源義家の「後三年の合戦」の凱旋をあらわした
「太刀渡り」という行列を家臣に命じて行わせたといいます。

後に「町年寄十人衆」に行わさせ、
観覧したと神社の由来書にあるそうです。

いわば、曳山まつりのオリジンですね。
「長刀組」(小舟町組)が引き継ぎ、
現在も15日の朝、八幡宮に行列します。

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2010-04-16 19:08 | ◇長浜曳山まつり | Trackback | Comments(0)

c0196076_9242060.jpg

長浜曳山まつりの見どころ
といえば、やはり子供歌舞伎でしょう。

15日の朝、長浜八幡宮での奉納を皮切りに、
御旅所までの5ケ所(鮒熊例席・金屋例席・
一八屋例席博物館・米嘉例席・札の辻例席)で、
4組の山組がそれぞれ2回、
(八幡宮と御旅所での奉納を含めて計4回)宵まで演じます。

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2010-04-16 09:39 | ◇長浜曳山まつり | Trackback | Comments(0)