人気ブログランキング |

タグ:■獅子舞 ( 55 ) タグの人気記事

鶴来 ほうらい祭 後篇

c0196076_06252076.jpg


神輿は1日目の渡御を終えると鶴来本町2丁目のお旅所で一夜を過ごし、翌日、ふたたび町内を渡御し
夜になると金劔宮まえ 日詰町南参道前で祭りのクライマックスとなる「送り獅子」が行われます。
今年は1日目の夕刻までしか見ることができませんでしたが、次回はこの「送り獅子」を見たいと思います。
観光客にこれを見届けてもらうために北陸鉄道は石川線鶴来発野町行きで臨時の最終便を運行したほどで
それまでの騒然とした祭りの様相が一変する、神秘的な行事なのだそうです。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2019-10-10 05:00 | ◆加賀の祭 | Trackback | Comments(10)

鶴来 ほうらい祭 前篇

c0196076_10134343.jpg


石川県白山市鶴来地区で毎年10月初旬に開催される「ほうらい祭り」(金剱宮秋季例大祭および神輿御渡)。

2日間にわたって神輿が町内を渡御しますが、これに随行するのがふたつの獅子方と
曳山やキリコ・・・ではなく、5メートルほどもある巨大な「つくりもの」です。
お題は毎年かわり、今年はゲームのキャラクターの「マリオ」 西遊記に登場する「牛魔王」
戦国武将「直江兼続」時代劇の「座頭市」「棒振り太刀」(獅子舞)
「衣装怪物小町」(たぶん、きゃりーぱみゅぱみゅの「ファッションモンスター」)の6基が登場。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2019-10-07 09:08 | ◆加賀の祭 | Trackback | Comments(18)

鶴来 獅子ワールド館

c0196076_15040291.jpg


日本でもっともポピュラーな伝統芸能が獅子舞であることは論を俟たないでしょう。
全国に8000ほど伝承され、なかでも富山県に1100以上、石川県に740ほども伝承されており
この二県が突出していることはあまり知られていないかもしれません。

ちなみに僕の住む滋賀県では、お祭りのときに露払いを務める
中世の「行道獅子」の名残りと思しき獅子頭を見ることはあっても
お正月にやって来る伊勢神楽以外に本格的な獅子舞を見たことがありません。

以前に訪れた富山県氷見市の「ひみ獅子舞ミュージアム」もすばらしかったですが
石川県白山市の「獅子ワールド館」はその名の通り、世界の獅子舞(頭)が収集展示され
かなり見応えがありました(両館とも入場無料)


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2019-08-28 05:00 | 石川 | Trackback | Comments(4)

小松お旅まつり その4

c0196076_05002555.jpg


「小松お旅まつり」は、ほかの曳山子ども歌舞伎にくらべ飛び抜けてイベント性が高く
そのことに少し不満を持つ気持ちもありましたが、最近はちょっと考えが変わりました。
豪華な曳揃えよりも、自町でおこなわれる狂言執行の情緒に魅力を感じていたことが
イベント性が高いことに対する不満の主因でしたけれど、そういった情緒もちゃんと残され
獅子舞が花を打つ風情や、神輿や御神楽の神事色も廃れているわけではありません。
イベントの華やかさに隠れて着目していなかっただけ、といえるかもしれません。

写真を撮るときは、観客が少ない方が都合がいいですが
でも、やっぱりお祭りは大勢のなかで見たい。 ガラガラだとちょっと寂しい。
できれば、その祭りを愛する熱心な観客に紛れて眺めていたいと思います。
小松の観客は、どこよりも芝居熱が高く(と僕は感じます)その嗜好は
イベント性が高くなっても薄れることがない、と気づいたことが考えの変わった理由です。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2019-05-21 05:00 | ◇小松お旅まつり | Trackback | Comments(0)

c0196076_19533079.jpg


平城宮址朱雀門まえでおこなわれた「大立山まつり」
そのイベントのひとつとして披露された奈良県宇陀郡御杖村「菅野の獅子舞」です。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2019-01-31 22:15 | ◆大和の祭 | Trackback | Comments(2)

c0196076_07270445.jpg


岐阜県郡上市白鳥中津屋の白山神社、八幡神社の秋祭で、7年ぶりに「大神楽」「嘉喜踊」が奉納されました。
前回は2011年、8年ぶりの奉納という不定期なもので、なるほどそれも頷ける大がかりなお祭りでした。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2018-10-17 05:00 | ◆美濃の祭 | Trackback | Comments(4)

椎村神社 王の舞

c0196076_11154800.jpg


神戸の「楠公武者行列」は主催者発表によると30万人もの見物客が訪れたそうです。
それでなくても人出の多い週末の元町やハーバーランドを練り歩くこの行事で
いったいどうやって見物客をカウントしたのかは不明ですが(笑)甲子園球場6杯分と考えると
なるほどそれくらいの人が「見物」していた、というのは見当として間違いではないようにも思えます。

一方、GWの若狭小浜でおこなわれたこの祭りの見物人はひとり・・・つまり僕だけでした(笑)
ただ、自分にとっては見物人の多寡はその祭りの価値とはいささかも関わりがなく
祭りをおこなうことの困難さを克服して実現されるそれぞれの美しさのみが唯一の基準です。

これも、とても「美しい」祭りでした。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2018-06-02 23:27 | ◇王の舞 | Trackback | Comments(0)

c0196076_08485714.jpg


奈良県、平城宮址でおこなわれた「奈良 大立山まつり」というイベントで
名高い「曽爾の獅子舞」をはじめて見ることができました。
多彩な演目のなかの2つだけ、しかもステージでの演舞。祭りでおこなわれる情趣とは
おのずから異なることを割引いても、やはりすばらしかったです!


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2018-01-29 22:27 | ◆大和の祭 | Trackback | Comments(3)

天神祭 陸渡御 後篇

c0196076_08584869.jpg

天神祭は大阪天満宮が鎮座した2年後の天暦5年(951年)より始まったとされますが
日本三大祭りに数えられるほど壮麗になるのは「講社」が形成されはじめた元禄時代。

その後、慶応元年の徳川家茂の大阪城入城(長州征伐)や維新の騒乱
明治天皇の崩御、第二次世界大戦などによる中断を経ながら現在に至っています。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2017-07-28 07:04 | ◆摂津の祭 | Trackback | Comments(0)