人気ブログランキング |

タグ:■曳山祭 ( 188 ) タグの人気記事

c0196076_00563408.jpg


米原曳山まつりの長い歴史のなかで、湯谷神社の神前奉納狂言が
提灯山でおこなわれるのは、おそらくはじめてのことだろう、ということでした。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2019-10-27 05:00 | ◇米原曳山まつり | Trackback | Comments(0)

c0196076_15065699.jpg


台風の影響で2日目から3日目に変更になった本祭も朝から雨で
湯谷神社での神前奉納も、ヤマの前と左右にブルーシートをかけたりと
準備がたいへんそうで、各山とも2時間ちかく遅れての開演となりました。
その後の上演スケジュールも大幅に変更になり、計画通りに狂言を見ることはできませんでした。
とくに壽山組はこの一回しか見ることができず
すばらしい出来だっただけに、できればブルーシートのないヤマで見たかったものですが
そんな状況下でも、最後まで祭りを執り行っていただいた町衆に敬意と感謝を贈りたい。

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2019-10-23 05:00 | ◇米原曳山まつり | Trackback | Comments(0)

c0196076_15060977.jpg


『鬼一法眼三略巻』は子ども歌舞伎で見ない年はないんじゃないか、というくらいの人気演目です。
今年の長浜曳山まつり、常盤山も演っていましたし、3年まえの米原の同じ壽山でもかかっていました。
ただ、それは四段目の『一條大蔵卿』の話で、三段目の『菊畑』は大歌舞伎ではメジャーな演目でも
地歌舞伎では、後段ほど上演されることはないのではないかと思います。

だいたいこの物語は『義経記』に登場する「鬼一」という陰陽師にして兵法家が
実は鞍馬山で牛若丸に剣術指南をした天狗だった、というアイデアから着想されていますので
その謎を導き出す『菊畑』がメインのはずですが、その謎が明かされる後段の「奥庭」が割愛されると
キレイなだけで、もうひとつ何の話かよくわからないところが、上演回数の少ない理由なのかもしれません。
かたや『一條大蔵卿』はドラマチックで役者の見せ場も多いことが人気の秘密なのでしょう。

ちなみに虎蔵(牛若丸)と 知恵内(鬼三太)役の男の子は前回の四段目では
鳴瀬と八剣勘解由・・・ともに平家側の役を演じていました。 出世しました(笑)


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2019-10-22 02:40 | ◇米原曳山まつり | Trackback | Comments(4)


c0196076_06263313.jpg


『神霊矢口の渡』が最初に歌舞伎の舞台にあげられたとき、二段目から三段目までが上演され
初期は三段目が中心に上演されていましたが、七代目市川團十郎が頓兵衛を演じるようになってから
文楽も歌舞伎も、頓兵衛が登場する四段目「頓兵衛住家」だけが演じられるようになったそうです。

たしかに、この頓兵衛というキャラクター、悪漢を演じるオーソン・ウエルズ級のインパクトがあります。

時節柄、冗談でも「DV親爺」なんて言葉は口に出したくもありませんが
旭山の頓兵衛の暴力シーンは、ちょっと陰惨な感じがするほど迫力がありました。 巧かったです。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2019-10-19 10:25 | ◇米原曳山まつり | Trackback | Comments(2)

c0196076_07193377.jpg


江戸中期のマルチタレント、平賀源内の浄瑠璃作家としての代表作のひとつ『神霊矢口渡』は
明和7年(1770年)江戸外記座、歌舞伎版は寛政6年(1794年)江戸桐座で初演。
当初からウケはよかったようですが、現在でも地歌舞伎で頻繁に見る人気演目です。
米原でも6年まえの三基揃踏みで松翁山組が上演。 3年まえの「小松お旅まつり」中町ともども
主役のお舟ちゃんが抜群にすばらしく、とても印象に残っています。
今年のお舟ちゃんも、振付の千川貴楽氏をして

 「ひとつひとつの所作が色っぽく、クオリティが高い!」

といわしめるほどの出来栄えで、千秋楽も含め計4回(笑)堪能させてもらいました。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2019-10-18 05:00 | ◇米原曳山まつり | Trackback | Comments(4)

c0196076_07010224.jpg


令和元年の「米原曳山まつり」は6年ぶりの三基揃い踏み。 壱番山の旭山組の三番叟です。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2019-10-17 08:53 | ◇米原曳山まつり | Trackback | Comments(0)

国府夏まつり 後篇

c0196076_22063522.jpg


UPし切れなかった写真がまだ相当あったので、何のプランもなく「前篇」としましたが
よく考えてみると、僕が感じたこの祭りの魅力については「前篇」ですでに伝え切ったように思えます。
もちろん、知らない魅力は、もっといっぱいあるにちがいありませんけれど
何を付け加えたらいいかがわかりません。 が、せっかくなのでタレ流し気味に画像を羅列します。

意図せぬ、この祭りの楽しさが伝わればいいのですが・・・


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2019-08-02 05:00 | ◆三河の祭 | Trackback | Comments(0)

国府夏まつり 前篇

c0196076_06520595.jpg


東海道五十三次「関宿」から11宿東に下って36番宿「赤坂宿」
この宿場町で、昨年「宮道天神社 雨乞いまつり」という祭りを見ました。
赤坂宿から、名高い御油の松並木をさらに東に東海道を歩けば(名鉄で二駅)
まもなく、かつて三河国の国府が置かれた、その名も「国府(こう)」という町。

この町の大社神社でおこなわれるのが東三河三大夏祭りに数えられる「国府夏まつり」です。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2019-07-30 20:26 | ◆三河の祭 | Trackback | Comments(2)

c0196076_10495996.jpg


往時の宿場町の面影を色濃く残した町並みを、提灯に灯りを入れて巡行する山車。
その姿はとても美しく、2日間にわたって執りおこなわれる関神社の祇園夏祭りの初日ですから
宵宮ならではの風情かと思えば、2日目もやはり夕刻からスタートします。

どういった謂われがあるか、曳山祭なのに夜のみの巡行です。

日中に巡行する京都の祇園祭とは異なり、夜に曳行される山車もたくさんありますが
山車を譲渡された水口祭や日野祭などはやっぱり昼間に巡行します。
それでも夜に山車が動くというのは、嗜好というか、文化圏がちがうということなのでしょうか。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2019-07-26 05:00 | ◆伊賀の祭 | Trackback | Comments(8)