人気ブログランキング |

タグ:■奇祭 ( 68 ) タグの人気記事

ぼんのこへんのこ祭

c0196076_08511573.jpg


8年まえに、いちど見た祭りの再訪です。

そのときから変わったことはいくつかあるのですが、いちばん大きな変化は
午後2時からの祭典が午前9時からに繰り上げになったこと。
子どもたちが1時間ほど炎天下を練り歩く神事ですので、体調を考慮してのことでしょうけれど
繰り上げしてでも、必ずやらなければならないお祭りなのです。 もちろん雨天でも決行。
なぜなら、この祭りを中断して火事がおこったことは一度や二度ではないのだそうです。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2018-08-03 20:44 | ◆近江の祭 湖南 | Trackback | Comments(8)

久々子弁天祭

c0196076_23263611.jpg


三方五湖のひとつ久々子湖の東畔、若狭湾に面した美浜町久々子地区で
毎年7月の第二土日におこなわれるのがこの「久々子弁天祭」です。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2018-07-15 14:16 | ◆若狭の祭 | Trackback | Comments(2)

御所の前 送り神 後編

c0196076_09553808.jpg


午後1時、一行は阿弥陀堂を出発。
男女一対の藁人形を取りつけた竹を持ったふたりの少年を先頭に

   おくり おくり おくり神おくって  
   念仏申さん子供は 八まん地獄で ごおそごそ

とみんなで唱和しながら路地を隈なく練ってゆきます。
家のまえまで来ると、家人は子供たちにバケツでホースで水をぶっかけます。
子供たちへだけでなく、大人同士のかけ合いもあったりします(笑)


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2018-07-04 06:13 | ◆美濃の祭 | Trackback | Comments(0)

c0196076_07474539.jpg


岐阜県恵那市御所の前地区に300年以上も伝承されるという民俗行事「送り神」を見てきました。
1時間ほどの行事で往復5時間と遠方ゆえ、二の足を踏まないでもありませんでしたが
機会があればまた行きたいと思える楽しい祭りでした。 (市指定無形民俗文化財)


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2018-07-03 07:49 | ◆美濃の祭 | Trackback | Comments(0)

南山王祭

c0196076_18270174.jpg


日本の祭りには、生命を賭すような緊迫したものもあれば、対極に「ゆるーい」祭りもあります。
数十万あるといわれる祭りのなかで、おそらくそういった祭りの方が圧倒的に多いと思うのですが
その最右翼に位置するのが、滋賀県の日野地方でおこなわれる「ホイ幟」じゃないでしょうか。

「ホイ」と呼ばれる、シダレ桜のような幟が神社に奉納されます。
奉納するといっても、石段下の広場にホイを立てて、その下で飲み食いする。それだけです。
飲み食いするだけなら、公民館にでも集まればいいわけで、花見のつもりなら
わざわざこんなものを用意しなくても、あたりはいましも花盛りです。

それでも、やっぱりこうしなくちゃいけないのが日本の祭りのおもしろいところですね。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2018-04-05 01:27 | ◆近江の祭 湖東 | Trackback | Comments(2)

c0196076_10541911.jpg


奈良を代表する祭りといえば「御田祭」になるかと思いますが
なかでも奇祭としてもっとも名の知られているのが、この「砂かけ祭」でしょう。
(北城郡河合町「廣瀬神社」)


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2018-02-01 19:53 | ◆大和の祭 | Trackback | Comments(0)

c0196076_23321400.jpg


インパクトのあるヴィジュアルです!

これは滋賀県長浜市湖北町、伊豆神社で9月1日におこなわれる
「八朔大祭」に登場する「幡母衣(ばんばら)武者」です。

ただ、惜しむらくは、祭りでの武者行列は大正以降途絶えてしまったのだそうです。
神社の式年や国の慶事などの際には特別におこなわれたりもしていたようですが
その後、ふたたび途絶えて半世紀以上が経ち昭和63年 に復活。
平成20年にも一度おこなわれ、それから8年ぶりに今回「日本の祭inながはま」で披露されました。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2016-11-15 20:41 | ◆日本の祭り | Trackback | Comments(2)

c0196076_01045701.jpg

「日本の祭りinながはま」木之本駅前会場。
「丹生茶わん祭り」です。



つづきはこちらから
by dendoroubik | 2016-11-07 22:00 | ◆日本の祭り | Trackback | Comments(2)

豊浜 鯛まつり その3

c0196076_933553.jpg


4基のみこしと太鼓打ちの行列は午後1時頃、御仮屋のある豊浜漁港に集結。 祭りのクライマックスです・・・


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2016-07-27 20:03 | ◆尾張の祭 | Trackback | Comments(0)

豊浜 鯛まつり その2

c0196076_7314897.jpg

巨大なの張りぼてばかりに目を奪われがちですが、祭りの花形はなんといっても「太鼓打ち」の少年たち。

煌びやかな衣装をまとった少年が五色の帯を肩から垂れ流し
笛と小太鼓の音に合わせて優雅に舞いながら行列で、また御仮屋で神に太鼓を奉納します・・・

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2016-07-26 20:15 | ◆尾張の祭 | Trackback | Comments(0)