タグ:■パレード ( 86 ) タグの人気記事

c0196076_11582801.jpg


平群町に係りのある歴史上の人物に扮した時代行列です
今年はなかでも行基にスポットを当てたイベントになるとのこと。

行基にスポット・・・

シブい(笑)


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2018-02-03 18:00 | ◆大和の祭 | Trackback | Comments(0)

c0196076_14535597.jpg
 

つい最近まで、こんなパレードがあることはもとより
大阪天満宮で「十日戎」(天満天神えびす祭)がおこなわれていることじたい知らずにいました。
それもそのはず、つい12年ほどまえに「復活」されたものなのだそうです。

江戸時代には境内の北西の蛭児遷殿で十日戎がおこなわれていたそうですが
いつの頃からか神賑わいも途絶えていしまっていたところ
平成18年、北門の東側に大阪唯一の落語定席「繁盛亭」が開館したのを記念して
上方落語協会会長の桂文枝(当時三枝)氏の肝入りで復活されたものなのだそうです。

数年後、これに合わせておこなわれるようになったのが「堂島・北新地えびす詣 招福行列」です。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2018-01-15 08:04 | ◆摂津の祭 | Trackback | Comments(4)

c0196076_13203124.jpg


「十日戎」をおこなう大阪キタのふたつの神社、堀川戎神社と大阪天満宮(蛭児遷殿)では
毎年「天神橋筋堀川戎会 福の神‐宝船‐パレード」と「堂島・北新地えびす詣 招福パレード」
というふたつのパレードがおこなわれています。
「十日戎」に先駆けて、それぞれ別の日程でおこなわれることが多いようですが
今年は「宵戎」の9日に同時におこなわれ、掛け持ちもできそうでしたので覗いてみることにしました。

まず、「天神橋筋堀川戎会 福の神‐宝船‐パレード」からです。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2018-01-14 17:15 | ◆摂津の祭 | Trackback | Comments(0)

赤穂義士祭 4

c0196076_07413030.jpg


数百年の伝統を誇る祭りでさえ、近年では土日、祝祭日に変更されることが多いなか
小学生から社会人まで、多様な市民の参加を促すこの行事が、あくまでも討ち入りの日
12月14日という暦に拘って断行されることに、なみなみならぬ意気込みを感じないではいられません。

「金管バンドパレード」 「こども屋台」「協賛パレード」「甲冑隊パレード」
「元禄義士おどり」「赤穂おどり」「でえしょん」「南京玉すだれ」「大名行列」
「東映剣会」 「彦根鉄砲隊」「義士娘人力道中」「子ども大名行列」「子ども義士行列」
「義士伝行列」「忠臣蔵名場面の山車」「義士行列」・・・

着替えだけでも、いつ・どこで・どんな風におこなわれているのか、想像できないくらいです。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2017-12-16 20:55 | ◆播磨の祭 | Trackback | Comments(0)

赤穂義士祭 3

c0196076_08135999.jpg


藩主の刃傷事件を知らせるべく、江戸にいた早水藤左衛門と萱野三平が早駕籠で赤穂に到着した際
水を飲んで息を整えてから大石内蔵邸へ向かった、といわれるその井戸が「息継ぎ井戸」。
パレードの終着点はこの井戸のある広場で、ここでおこなわれた「討ち入り」のパフォーマンスです。
演じるのは「東映剣(つるぎ)会」という殺陣を専門とするアクション俳優さんたち。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2017-12-16 07:14 | ◆播磨の祭

赤穂義士祭 2

c0196076_00144656.jpg


赤穂義士祭は明治36年にはじまり、今年で114年目を迎えるという歴史も驚きですが
平日にも関わらず、小学生を含めてかくも多くの市民が参加していることに感動してしまいました。
しかも、この日1日だけではなく、1週間まえより
「忠臣蔵ウィーク」として市内各所で多彩なイベントがおこなわれているそうです。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2017-12-15 20:23 | ◆播磨の祭 | Trackback | Comments(2)

赤穂義士祭

c0196076_18451356.jpg


ひと頃のように12月14日にTVで時代劇スペシャルの「忠臣蔵」を見ることはなくなりましたが
いまだに、ゆかりの地で義士を称揚するイベントや法要などは数多くおこなわれ
地歌舞伎でも忠臣蔵を見ない年はないといっても過言ではないくらい、人気は衰えません。
なかでも老舗といえるのが播州赤穂の「赤穂義士祭」。今年で114回目を数えるそうです。

c0196076_18451427.jpg

風さそふ 花よりもなほ 我はまた 春の名残を いかにとやせん

c0196076_18451366.jpg

笑顔の赤穂城明け渡し(笑)の場

c0196076_18451357.jpg

神崎東下りの場

c0196076_18451322.jpg

祇園一力茶屋の場

c0196076_18451223.jpg

りくとの(笑顔の)別れの場

c0196076_18451269.jpg

笑顔の討ち入りの場

by dendoroubik | 2017-12-14 19:09 | ◆播磨の祭 | Trackback | Comments(6)

c0196076_08312940.jpg


明治時代に建てられた芝居小屋としては、現存する近畿最古のものといわれる「永楽館」
10回目の公演を翌日に控えた3日「出石お城まつり」で役者のお練りがおこなわれました(兵庫県豊岡市出石)


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2017-11-06 08:46 | ◆但馬の祭 | Trackback | Comments(0)

天神祭 陸渡御 後篇

c0196076_08584869.jpg

天神祭は大阪天満宮が鎮座した2年後の天暦5年(951年)より始まったとされますが
日本三大祭りに数えられるほど壮麗になるのは「講社」が形成されはじめた元禄時代。

その後、慶応元年の徳川家茂の大阪城入城(長州征伐)や維新の騒乱
明治天皇の崩御、第二次世界大戦などによる中断を経ながら現在に至っています。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2017-07-28 07:04 | ◆摂津の祭 | Trackback | Comments(0)

天神祭 陸渡御 前篇

c0196076_09124918.jpg

「日本三大祭り」の三番目に何を入れるかは異論のあるところでしょうけれど
京都の祇園祭と大阪の天神祭とを挙げるのは衆目の一致するところでしょう。

6月下旬から1ケ月に亘り諸行事がおこなわれますが
祭りのメインはなんどいっても25日の「陸渡御」と「船渡御」。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2017-07-27 22:10 | ◆摂津の祭 | Trackback | Comments(2)