人気ブログランキング |

<   2018年 11月 ( 25 )   > この月の画像一覧

温泉街の朝

c0196076_07273749.jpg

「バブルのツケ」という人もあり、おおむねそれはまちがってはいないかもしれませんが
それ以前からずっと、そんな風に日本はすすんできたんじゃないかとも思います。
北陸自動車道が開通した1980年・・・といいますから大阪万博の10年後
過去最高の151万人の温泉客が訪れたというこの地も、すっかり様変わりしています。

昇る太陽に変わりはないんでしょうけれど・・・

c0196076_07274882.jpg

「芸妓検番」というのは、芸妓さんたちの練習所、みたいなものでしょうか(大正9年竣工)
大阪万博の少しまえの最盛期には、30軒あまりあったという置屋から派遣された400人近い芸妓さんたちが
日々、ここで芸に磨きをかけていたのだといいます。 が、現在はこの町に芸妓さんはひとりもいません。
「湯快リゾート」や「大江戸温泉物語」の客はそんな遊びはしませんからね(笑)

子供たちが元気に登校してゆきました・・・

by dendoroubik | 2018-11-29 05:00 | 石川 | Trackback | Comments(0)

えちてつ物語

c0196076_19090575.jpg


23日に封切られた映画『えちてつ物語 〜わたし、故郷に帰ってきました。〜』
滋賀、京都では上映している映画館がなく、いちばん近くで大阪梅田、つぎに近いのが福井県敦賀市。
せっかくなら映画の舞台、福井県までと、片道1時間半かけて見に行ってきました(笑)


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2018-11-27 21:47 | ◇勝山左義長まつり | Trackback | Comments(5)

Wildlife ,whatever happened to

c0196076_06593769.jpg


この唄をご存知でしょうか?   

  〽ロバのおじさん チンカラリン チンカラリンロン やってくる    
   ジャムパン ロールパンできたて やきたて いかがです    
   チョコレートパンも アンパンもなんでもあります チンカラリン♪

パンの移動販売、通称「ロバのパン屋」のテーマソングです。
残念ながら、僕は自動車での販売しか記憶にありませんが
兄はロバが牽く馬車でパンを売りに来るのを見たことがあるといっていました。

先日、wikiを見てみると、たしかに京都市に本社をおくチェーンが
昭和30年代馬車でパンを販売していたとあります。
ただ、じっさいはロバではなくボニーだったそうです。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2018-11-24 05:00 | 大阪 | Trackback | Comments(2)

c0196076_07045231.jpg


いよいよ明日、2025年の万博開催地が決定します。 
大阪の夢ふたたび・・・となるでしょうか。

1970年の大阪万博を記念してインド政府から贈られたメスのインド象「ラニー博子」が
今年の1月24日、天王寺動物園で静かに息を引き取りました。 
推定48歳。 国内で4番目に高齢だったそうです。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2018-11-22 06:26 | 大阪 | Trackback | Comments(6)

すばらしい新世界

c0196076_07421455.jpg


「ジャンジャン横丁というのは大阪の「新世界」という場末の歓楽街にある狭い路地である。
 ちかくには美術館と動物園という、似たようなものが二つあるが、この豊穣ではじしらずな町には何の影響もない。
 新世界そのものは、美術館のある丘のしたにひろがった、むらむらとした湿疹部、
 または手のつけようもなくドタリとよこたわった胃袋とでもいえるようなところだから、
 ジャンジャン横丁はそれにつづく腸管みたいなものである。」 (開高健『日本三文オペラ』)


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2018-11-21 09:30 | 大阪 | Trackback | Comments(2)

c0196076_21355792.jpg


せんべぇさんこと、とくいさんの個展を見に行ってきました。
(大阪市阿倍野区旭町2丁目1−1 あべのマルシェ東館138
 あべのキューズモールのすぐ裏手、25日(日)まで)



つづきはこちらから
by dendoroubik | 2018-11-20 22:39 | 大阪 | Trackback | Comments(4)

散歩

c0196076_20252612.jpg


午後から用事があったので、朝はのんびりしようと思っていたのに、急に思い立って坂本を1時間ほど散歩。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2018-11-19 05:00 | 滋賀 大津 | Trackback | Comments(0)

常楽寺の塔

c0196076_06485304.jpg


国宝指定されている3棟(常楽寺三重塔、西明寺三重塔、石山寺多宝塔)をはじめ
滋賀県内には印象深い塔がいくつかありますが、いずれも深く山懐に抱かれて
奈良の興福寺や薬師寺、法隆寺のような里から遠望できる塔がないのがちょっと寂しい気がしないでもありません。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2018-11-18 05:00 | 滋賀 湖南 | Trackback | Comments(2)

金勝寺

c0196076_19315867.jpg


つい最近まで、てっきり「金勝(こんぜ)山」という山が滋賀県東市にあるものと思い込んでいたのですが
これは竜王山や冠山などの山系を指す名称で、そういう名の独立峰はないのだそうです。
東大寺を開山した初代別当、金粛菩薩こと良弁開基と伝えられえる金勝寺(こんしょうじ)は
信楽に境を接する竜王山の山中に位置する、というということになります。 山号は金勝山。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2018-11-17 05:00 | 滋賀 湖南 | Trackback | Comments(2)

c0196076_19190351.jpg

かつて湖南地方の信仰の中心地であった金勝(こんぜ)山は、いまからは想像もつかぬほどの往来があったといいます。
「昔は五十町の険しい坂道を登ったので、こんな所へは、二度と『コンゼ』と人はいったという」(白洲正子『かくれ里』)
なかでも、金勝寺近くのこのあたりは、通行人を泣かせるほどの難所であったため
ある僧が通行人の安全祈願のために刻んだのがこの「泣き地蔵」だと伝えられています。 

c0196076_19190383.jpg

阿弥陀如来の左側に「元治二乙丑」の銘が刻まれています。

1865年、江戸末期の作ということになり、このあたりに点在する摩崖仏としてはまったくの新参者。
それ故にか、藪に埋もれて忘れ去られていたところを、地元有志の方々が整備されたとのことです。

ゲイリー・ムーアの「泣きのギター」よろしく、お地蔵さんが泣いているのか思っていたらさにあらず
「地蔵」でさえなく(案内板には、お馴染みのお地蔵さんの絵が描かれていました)「阿弥陀三尊」(笑)
想像とはかけ離れていましたけれど、背景もすばらしく、ともて味わい深い仏さんでした。

by dendoroubik | 2018-11-16 05:00 | 滋賀 湖南 | Trackback | Comments(0)