西宮神社 おこしや祭り

c0196076_22200342.jpg


「えべっさん」の総本社、西宮神社で毎年6月14日におこなわれる「おこしや祭り」は
「関西でいちばん最初におこなわれる夏祭り」・・・といわれているそうです。

同じ日、大阪の住吉大社では「御田植神事」という大きな祭りがおこなわれますが
こちらは五穀豊穣を祈願する「御田植祭」ですので「春祭り」ということになります。
「春祭り」と「夏祭り」とのちがいは、時期よりも、その内容に係るものといわれます。
えべっさんが西宮神社へ鎮座されたありさまを再現するこの祭りは
疫病退散や台風除を祈願するといった夏祭りを特徴づける内容を備えているわけでもないのに
なぜ夏祭りとされるのかはわかりません。 ただ眺めてみての印象はやはり夏祭りです。

西宮には「この日から浴衣を着初める」という風習があるそうで
そういったことから「夏祭り」に分類されるのかもしれませんね。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2018-06-15 17:47 | ◆摂津の祭 | Trackback | Comments(2)

c0196076_22044612.jpg


曽我兄弟といえば千鳥(十郎)と蝶(五郎)の衣装。 本作のタイトルにも冠せられています。
二人が富士の裾野の巻狩に乗じて、父の敵工藤祐経を狙い陣屋へ討入った際に着ていた晴れ着。


つふきはこちらから
by dendoroubik | 2018-06-12 15:59 | ◇小松お旅まつり | Trackback | Comments(2)

c0196076_08544091.jpg


寺町『蝶千鳥曽我物語 中村閑居の場』の振付はご存知 市川団四郎氏。

「函館こども歌舞伎」を主宰され、長浜や米原でもお馴染みの団四郎氏ですが
氏にはじめて子供歌舞伎の振付のオファーをしたのは小松(京町)なのだそうです。
どういうご縁かは存じ上げませんが、大衆歌舞伎の劇団を主宰されていた氏に
はじめてオファーするなんて、さすが芝居好きの小松ならではの慧眼ですね。
寺町でも昭和61年から連続で振付指導され、今年で9回目になるとのこと。
過去の記録をみると、9回ともちがう芸題を取りあげられており
この芸題も、小松でははじめて上演されるものなのだそうです。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2018-06-11 18:16 | ◇小松お旅まつり | Trackback | Comments(2)

漏刻祭

c0196076_09240214.jpg


6月10日は「時の記念日」。1920年に東京天文台と生活改善同盟会によって制定され
2020年には制定100年を迎えます。 毎年この日におこなわれる近江神宮の「漏刻祭」へ。


つづきはこちらかまで
by dendoroubik | 2018-06-11 00:42 | ◆近江の祭 大津 | Trackback | Comments(2)

c0196076_23323671.jpg


どこの曳山歌舞伎も、地元の方々が熱心な「芝居好き」であることに変わりはなく
だからこそ困難を克服して現在まで伝承されているのでしょうけれど
その「芝居好き」の熱量は、やはり小松が一頭地を抜いていると感じます。
観光客やカメラマンにくらべ、芝居を楽しみに集まる地元ファンの比率が圧倒的に多い
というのがそう感じさせる理由のひとつで、さすが歌舞伎のまちを標榜するだけのことはあります。
そんな地元の熱心なファンに紛れて鑑賞できる、というのがなにより小松の魅力だと思います。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2018-06-08 09:10 | ◇小松お旅まつり | Trackback | Comments(2)

c0196076_23272517.jpg


いまから60年ほどまえに愛知県豊川市で結成された「市川少女歌舞伎」なる一座があったそうです。

さまざまな理由で10年ほどで撤退してしまったそうですが、一地方のしかも少女だけの歌舞伎が
三越劇場を皮切りに、東京の明治座、東横ホール、名古屋の御園座、京都の南座、大阪の中座といった
一流の大劇場に出演していたといいますから、その人気のほど、熱狂ぶりが伺えます。
数年まえ、マンガ家で映画研究者でもあるNさんから、月形龍之介がこの劇団のファンで
京都公演があるたびに少女たちに御馳走をしていた、というお話を伺ったことがあります。

女の子がメインの小松は、やはりほかの曳山子供歌舞伎とはちょっとちがった趣があります。
少女歌舞伎が人気だったのも、そんな小松の魅力と通底するものがあったのかもしれないですね。



つづきはこちらから
by dendoroubik | 2018-06-07 00:03 | ◇小松お旅まつり | Trackback | Comments(2)

c0196076_00003286.jpg


『尼崎の段』は、子供歌舞伎でもっとも上演回数の多い芸題のひとつだと思います。
この前月も富山県の「出町子供歌舞伎曳山祭り」で上演されていましたし
八日町の芸題はは前回も前々回も『太十』でした。(古い上演記録は知らないのですが
この町は『太十』を演るという伝統があるのでしょうか?)
これほど人気があるのは、やはり・・・

「幕開きの色模様」「光秀の大見得」「皐月の性根場」「操のサワリ」
「十次郎の戦物語」「光秀の大落とし」「光秀の六法」「幕切れの対面」

といった見どころが多いからなのでしょう。

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2018-06-06 09:37 | ◇小松お旅まつり | Trackback | Comments(6)

c0196076_07441059.jpg


5月の第二金曜日から3日間おこなわれる「小松お旅まつり」(石川県小松市)
今年は都合で金曜日1日だけしか見ることができませんでしたが、それでも十分に楽しませてもらいました。



つづきはこちらから
by dendoroubik | 2018-06-04 16:42 | ◇小松お旅まつり | Trackback | Comments(2)

椎村神社 王の舞

c0196076_11154800.jpg


神戸の「楠公武者行列」は主催者発表によると30万人もの見物客が訪れたそうです。
それでなくても人出の多い週末の元町やハーバーランドを練り歩くこの行事で
いったいどうやって見物客をカウントしたのかは不明ですが(笑)甲子園球場6杯分と考えると
なるほどそれくらいの人が「見物」していた、というのは見当として間違いではないようにも思えます。

一方、GWの若狭小浜でおこなわれたこの祭りの見物人はひとり・・・つまり僕だけでした(笑)
ただ、自分にとっては見物人の多寡はその祭りの価値とはいささかも関わりがなく
祭りをおこなうことの困難さを克服して実現されるそれぞれの美しさのみが唯一の基準です。

これも、とても「美しい」祭りでした。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2018-06-02 23:27 | ◇王の舞 | Trackback | Comments(0)