人気ブログランキング |

伊吹山

伊吹山_c0196076_20423788.jpg
「いぶきさん」でしょうか・・・「いぶきやま」と呼びますか?

標識や地図なんかの表記では「いぶきやま」の方が一般的とのことですが・・・「ふじさん」を「ふじやま」と呼ぶのが余所行きの言葉(「フジヤマ・ゲイシャ?」)であるのと同じように、「いぶきやま」というと、なにかしっくりこないのは僕だけでしょか・・・?

「富士山」ではなく「富士さん」・・・「伊吹山」でなく「伊吹さん」・・・つまり、単なる「山」の呼称でなく、親しみを込めた尊称の「さん」も含めた呼び方・・・が似つかわしいと思うのですが・・・いかがでしょうか・・・?

標高1,377メートル、滋賀でもっとも高い山(岐阜との間にまたがる)です。

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2010-01-31 21:20 | 滋賀 湖北 | Trackback | Comments(6)

草津 志那浜のコハクチョウ_c0196076_18285566.jpg

びわ湖のいちばん間隔の狭いところには
「琵琶湖大橋」が架かっていて、
その南側のびわ湖を「南湖」ということがあります。

南湖の東岸には湖岸道路が通っていて、
湖岸のところどころに自動車の駐車できる公園が整備されています。

大橋から、やや南へ下った草津市の志那浜の公園は、
ヴォランティアの方々が餌付けや湖岸の清掃などをされ、
コハクチョウが毎年、昼間に立ち寄るスポットになっています。

先週「ヨシ笛コンサート」の帰り、
午後4時すぎに立ち寄ったときには、
すでに帰巣したあとでした。
ふたたび3時半に行くと・・・あっ! いました!

コハクチョウとカメラマンの大群が!

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2010-01-30 19:24 | 滋賀 湖南 | Trackback | Comments(2)

琵琶湖とコハクチョウ

琵琶湖とコハクチョウ_c0196076_195221.jpg

湖北からびわ湖を眺めると・・・
たまに、大きさを実感できることがあります。

半島が突き出て、
びわ湖の全貌が露わになるわけでもありませんが、
遠くびわ湖越しに比叡山へ落ちていく夕陽や手前の竹生島、
右手に霞む比良山系なんかが雄大さを演出してくれます。

そんな湖北に、
冬、シベリアからコハクチョウが越冬してきます。

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2010-01-28 20:13 | 滋賀 湖北 | Trackback | Comments(8)

琵琶湖博物館2 とぼけたやつら_c0196076_0195599.jpg

人間は、自らとぼけたキャラを演出したりもしますが、
まさか魚類ではそんな高度な技を駆使する個体もいないでしょうから、
これはすべて受け取り手の勝手な妄想・・・

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2010-01-27 00:40 | 滋賀 湖南 | Trackback | Comments(4)

琵琶湖博物館1 琵琶湖の固有種_c0196076_22244767.jpg

琵琶湖に住む淡水魚は54種。

そのうち15種が固有種・・・
つまり、琵琶湖にしか住んでいない魚だそうです。

その代表選手のひとつが、この「ビワマス」です。

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2010-01-25 23:40 | 滋賀 湖南 | Trackback | Comments(4)

ヨシ笛

ヨシ笛_c0196076_19483914.jpg
草津市の琵琶湖博物館に「ヨシ笛コンサート」を聴きにいきます。

ヨシ笛とコカリナ・・・ギターの演奏で、夫婦で活動されているボランティアグループ「ほっとらいん」のお二人と「守山琵琶湖よし笛アンサンブル」の皆さんによる演奏会です。

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2010-01-24 20:20 | 滋賀 湖南 | Trackback | Comments(10)

黒部 北野の石がん

黒部 北野の石がん_c0196076_20502147.jpg
富山の黒部港には「旋回可動橋」と「生地の清水(いくじのしょうず)」というのがあって、単身赴任中、3度訪れました。
あまり観光客が訪れない場所ですが、どちらも見飽きない好きなスポットです。

北陸自動車道の黒部インターから港までの県道の傍らに「北野の石がん」というのがあります。
「石がん」というのは、仏像を安置するために造られた石の入れ物のことで、これは南北朝時代の建造物ということです。
地元では「北野のミョウドウ」とも呼ばれているそうです。

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2010-01-23 21:17 | 富山 呉東 | Trackback | Comments(2)

神戸 バグワン・マハビールスワミ・ジェイン寺院(舌を噛みそうです)と神戸ハリストス教会_c0196076_20571319.jpg

神戸・北野の異人館通りをぶらついていると、
それでなくても物珍しい建物群のなかに、
ひときわ目を惹く大理石で覆われた白亜の建物に遭遇します。

バグワン・マハビールスワミ・ジェイン寺院。

ジャイナ教の寺院です。

長い人生のなかでも・・・世界史の教科書か、
埴谷雄高の小説でしか遭遇しないであろう宗教
・・・の寺院に、歩いてたら、実際に遭遇してしまうもんなんですね(苦笑)

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2010-01-22 21:33 | 兵庫 | Trackback | Comments(2)

東京 本郷中央教会

東京 本郷中央教会_c0196076_21473364.jpg

本郷中央教会・・・で思い出すのは夏目漱石の『三四郎』ですね。
田舎もんの三四郎と東京のコケテッシュなお嬢さん・美禰子の別れのシーンに登場します。

「ヘリオトロープ」と女は静かに言った。
三四郎は思わず顔をあとへ引いた。ヘリオトロープのびん。
四丁目の夕暮れ。迷羊(ストレイシープ)。迷羊(ストレイシープ)。
空には高い日が明らかになる。
「結婚なさるそうですね」
美禰子は白いハンケチを袂へ落とした。
「御存知なの」・・・


岩波文庫版でいうと282ページ。
有名なシーンですが、よく読むと気恥ずかしい文章ですね(笑)

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2010-01-21 22:08 | 東京 | Trackback | Comments(0)

東京 安藤記念教会

東京 安藤記念教会_c0196076_219542.jpg
たぶん、去年の今頃、撮った写真です。
西町インターナショナルスクールを見たあと、駅まで歩いているときに出会った建物だと思います。
創立者は榎本武揚に従軍した安藤太郎 氏。
函館戦争後、なぜか明治政府の大蔵省、外務省に登用され、初代ハワイ総領事に就任。
ハワイで洗礼を受け、日本人初の教会を設立。
帰国後、私財を投げ打ってこの教会を設立したといいます。

都内でも珍しい石造りの教会の建物で、「東京都選定歴史的建造物」に指定されています。

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2010-01-19 21:26 | 東京 | Trackback | Comments(2)