カテゴリ:◆近江の祭 大津( 43 )

漏刻祭

c0196076_09240214.jpg


6月10日は「時の記念日」。1920年に東京天文台と生活改善同盟会によって制定され
2020年には制定100年を迎えます。 毎年この日におこなわれる近江神宮の「漏刻祭」へ。


つづきはこちらかまで
by dendoroubik | 2018-06-11 00:42 | ◆近江の祭 大津 | Trackback | Comments(2)

c0196076_03594831.jpg


千団子祭と同時に境内で開催されていた「関西大道芸フェスティバル」から
「関西京都今村組」の「草津今村組」メンバーのパフォーマンスです。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2018-05-22 23:34 | ◆近江の祭 大津 | Trackback | Comments(0)

c0196076_02300562.jpg


大津の5月の風物詩「千団子祭り」 午前中だけでしたけれど、久しぶりに訪ねてみました。

「千団子祭り」は三井寺、護法善神堂に祀られる本尊・護法善神(鬼子母善神)のお祭りです。

この日、本尊が開扉され、法要のあと、堂前の放生池で亀の放生会がおこなわれます。
祭事としておこなわれるのはそれだけですが、子供の健やかな成長を希うこの祭りに因んで
境内に「植木」「苗木」の露店が並ぶのが特徴的です。 ただ、その数はかつてほどではなく
食べ物やゲームなどの屋台の数の方が多くなっているように見受けられます。

また、数年まえから、東北や熊本の復興支援のための
「関西大道芸フェスティバル」というイベントも、境内と駐車場で開催されています。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2018-05-22 03:58 | ◆近江の祭 大津 | Trackback | Comments(0)

ちはやふる

c0196076_1246556.jpg

本日、近江神宮でおこなわれた「第62期名人位・第60期クイーン位 決定戦」

駐車場に「福井新聞」の社用車をはじめ、福井ナンバーの車を何台か見かけました。
福井県は競技かるたが盛んなことが知られていますが、名人位の挑戦者、川崎8段も南越前市の方。
初防衛を果たした坪田クィーンのご主人も、福井県のご出身で、そのお姉さまはなんと、
人気コミック「ちはやふる」の担当編集者・・・なのだそうです!

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2016-01-09 17:42 | ◆近江の祭 大津 | Trackback | Comments(6)

c0196076_22317.jpg

ちょっと時間が経ってしまいましたが・・・大津祭の翌週、大津ジャズフェスティバルへ。

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2015-10-28 23:00 | ◆近江の祭 大津 | Trackback | Comments(3)

比良八講

c0196076_181575.jpg

3月26日、大津市で比良八講の法会が営まれました。

午前9時まえ、長等の本福寺で法要のあと、
浜大津へ向けて一行が出発。市中を練ります。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2015-03-27 09:09 | ◆近江の祭 大津 | Trackback | Comments(6)

c0196076_18111094.jpg


比叡山延暦寺の門前町、大津市坂本。

紅葉が見頃を迎えた11月の3連休、
「ときめく比叡山坂本」という観光イベントがあり、初日に少し覗いてみました・・・。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2014-12-08 16:36 | ◆近江の祭 大津 | Trackback | Comments(0)

唐崎神社 みたらし祭り

c0196076_06235361.jpg

7月27、28日は地元大津市、唐崎神社のみたらし祭りです。

平安時代、びわ湖から淀川に至る七ヶ所が祓えの場所に定められ、その第一処がこの唐崎神社。
奈良時代に創建されたというこの神社で、いつからこの祭りがおこなわれるようになったか
詳らかにしませんが、おそらく、その祓祭の名残りから、
夏越の祓がおこなわれるようになった、・・・のではないか、と思います。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2014-07-30 17:33 | ◆近江の祭 大津 | Trackback | Comments(0)

c0196076_1340100.jpg


大津宿から東海道と分かれ、びわ湖の西側を通り
北陸へ至る西近江路。(北国海道)

現在は国道161号線となって、大津市と福井県敦賀市を繫いでいますが
湖西には、国道のルートから外れ
旧街道の面影を残す古い町並みが、いくつか残されています。

大津宿から琵琶湖疏水に架かる北国橋を渡り、北へつづく街道筋にある尾花川も
そんな風情をいくぶんとどめています。

1月14日の夜、尾花川でおこなわれる
蛇(じゃ)の顔見世(かおみせ)という行事を覗いてみました。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2014-01-16 23:06 | ◆近江の祭 大津 | Trackback | Comments(4)