人気ブログランキング |

カテゴリ:富山 呉西( 56 )

c0196076_22491144.jpg


出町子供歌舞伎曳山まつりのお昼休憩が2時間ほどありましたので
同行の「祭りバカ」さんと「となみチューリップフェア」を覗いてみました。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2019-05-04 05:00 | 富山 呉西 | Trackback | Comments(6)

五箇山 民謡の里

c0196076_05531319.jpg


五箇山の小原(おはら)地区は、上梨地区と世界遺産の菅沼集落の間に位置しています。
たいていの観光客は素通りしてしまうようなところで
僕も五箇山には何度か訪れていますが素通りでした。 で今回、立ち寄ってみました。

五箇山民謡の発祥地とされる場所で、なぜそういわれるのか詳しい事情はわかりませんが
『お小夜節』という曲に唄われる「お小夜」という輪島出身の遊女が流刑となったところ。
彼女が金沢で習い覚えた三味線や、故郷の民謡を伝えたとされることによるものだろうと思います。
五箇山民謡の代表曲『麥屋節』は、輪島民謡『まだら』が原曲であることはよく知られています。

(写真は3年まえに菅沼集落でおこなわれた「五箇山民謡祭」での南砺平高校郷土芸能部の生徒さん)


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2018-12-01 23:59 | 富山 呉西 | Trackback | Comments(4)

冬至

c0196076_21273713.jpg

1年でいちばん日の短いこの日、富山湾に浮かぶ男岩・女岩の向こう、立山から昇る朝日を眺め・・・

c0196076_21273714.jpg

びわ湖に浮かぶ竹生島の向こう、比良へ落ちてゆく夕日を眺めるという荒業を敢行(笑)


by dendoroubik | 2017-12-22 21:38 | 富山 呉西 | Trackback | Comments(8)

越中の小京都の鍾馗さん

c0196076_21350462.jpg

とうとう富山県で「鍾馗(しょうき)さん」を発見しました。

鍾馗というのは中国の道教の神様ですが
ここでいう「鍾馗さん」というのは京都発祥といわれる瓦製の魔除けのことで
町家の小屋根のうえにちょこんと鎮座しているのを各地で見ることができます。

北陸の古い町並みを歩くとき、どれだけ小屋根のうえに視線を向けたことでしょう。
ところがこの「鍾馗さん」北陸ではまず見ることがありません。

見つけたのは「越中の小京都」城端の町家の小屋根のうえ・・・


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2017-09-29 06:27 | 富山 呉西 | Trackback | Comments(2)

アルミニウム

c0196076_20542881.jpg

富山新港の片口地区の「新湊弁財天」。
全長15m、像高9.2メートル。高純度アルミでできています。

このあたりはもともと「放生津潟」と呼ばれる干潟で
昭和42年、富山新港の完成とともに
干潟の中心部の人工島に祀られていた築海竜大明神を現在地に遷座。
1986年、さらにここへ建立されたのが「新湊弁財天」です。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2016-12-24 23:35 | 富山 呉西 | Trackback | Comments(0)

新湊 内川

c0196076_06213495.jpg

雨晴海岸で日の出を拝んだあと
次の予定まで時間がありましたので、早朝の新湊内川を散策してみました。

富山新港の放生津側を西に2キロほど流れて
ふたたび富山湾へ流れ込むこの運河の両岸には漁船が係留され
「日本のベニス」を謳う風情ある港町の風景がひろがっています。
今年の1月に公開された映画『人生の約束』の舞台にもなっていました。



つづきはこちらから
by dendoroubik | 2016-12-24 07:42 | 富山 呉西 | Trackback | Comments(0)

c0196076_23060498.jpg

冬至のこの日の日の出時刻は午前7時。

氷見漁港のセリ見学を30分ほどで切り上げて松田江浜へ行ったものの
雲がかかって立山連峰の輪郭がよく見えません。
雨晴海岸からだと、方角的にギリギリ見えるかと慌てて移動。

c0196076_08383331.jpg

冬至とも思えない高温と雲でスッキリとは拝めませんでしたが
曙光に浮かびあがる剱のシルエットは、やはり感動的でした。

by dendoroubik | 2016-12-23 07:00 | 富山 呉西 | Trackback | Comments(4)