人気ブログランキング |

京都ゑびす神社

京都ゑびす神社_c0196076_23090248.jpg


今宮戎神社、大阪天満宮、堀川戎神社、大阪の3つのえべっさんを見たあと、最後は京都のゑびす神社に参拝。

梅田から阪急に乗って小一時間、終点の河原町駅におりて高島屋から地上に出ると
「商売繁盛で笹もって来い?」と、スピーカーからえべっさんのテーマソングが流れています。
が、大阪との温度差は歴然。 道行く人々はえべっさんにまったく無関心であるような印象を受けました。
ほかのBGMが流れていたとしても、街の気配に何ら変化はなかったでしょう。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2020-01-15 05:00 | ◇福娘 | Trackback | Comments(2)

大阪天満宮 天満天神えびす祭_c0196076_08365464.jpg


ミナミの今宮戎神社で福むすめさんからたくさんの福を授かったあと向かったのはキタの大阪天満宮。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2020-01-14 05:00 | ◇福娘 | Trackback | Comments(2)

今宮戎神社 えびす娘

今宮戎神社 えびす娘_c0196076_23330210.jpg


今宮戎神社の十日戎で福笹を授与されるのは福むすめさんたちだけでなく
「いまみや福娘会」(福むすめOG)さんたちや「えびす娘」さんたちなどもご奉仕されています。
「えびす娘」というのは、その年の「福むすめ」の最終選考に残った方々のことらしいです。

「福むすめ」さんたちは、選ばれたのも納得の美しさではありますが
「えびす娘」さんたちを見ていると、なぜこの人が選ばれなかったのか、その基準がたんに
「選者の嗜好に左右されるに過ぎないもの」なのではないか、と思ってしまうこともしばしばです。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2020-01-13 11:41 | ◇福娘 | Trackback | Comments(6)

天神橋筋堀川戎会 福の神‐宝船‐パレード_c0196076_10515909.jpg


関西で盛んな「十日戎」の風習でとくに名高く、この時期のニュースになるのは
西宮神社(兵庫県)の「開門神事」=福男選びと、今宮戎神社(大阪府)の福むすめの話題。
えべっさん・・・といえば、このふたつの神社がすぐさま思い浮かびますが
大阪は商都として江戸時代からえびす信仰が盛んで、いまでも十日戎は各地でおこなわれています。
なかでも、ミナミの「今宮戎」に対して、キタで崇敬篤い代表格といえるのは「堀川戎」です。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2020-01-12 19:00 | ◇福娘 | Trackback | Comments(2)

今宮戎神社 福むすめ 2020_c0196076_07065587.jpg


2637人の応募者から選ばれた40名の日本人、10名の外国人の今宮戎神社の福むすめさん。

僕が行ったときには外国人の方はいらっしゃいませんでしたが
ここにあげる福むすめさんでも、日本人枠の半分にも満たないわけです。 驚くべし。
福むすめさんたちが登場する午前9時から、境内が混雑し出す10時まえまで撮影させていただいたもので
写真だけ見るとヒマそうに思われるかもしれませんが、この時間帯でも授与所には列ができるほどの繁忙。

そんな中でこの笑顔、ということが真に驚くべきことですね。 「福むすめ」の名に偽りなし、です。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2020-01-11 08:29 | ◇福娘 | Trackback | Comments(8)

献鯛行列

献鯛行列_c0196076_11045975.jpg


宵戎の9日、今宮戎神社に1時間ほど参拝(?)し、そのあと民営市場「大阪木津卸売市場」の「献式」へ。

大阪に市場が開場した江戸時代から続く伝統行事で、宵戎に雑喉場(ざこば)魚市場が雌雄一対のタイを奉献し
大漁と商売繁盛を祈願したのが始まり・・・とされています。  雑喉場魚市場は昭和のはじめになくなり
この行事も途絶えてしまいますが、昭和58年、木津市場が引き継ぎ今日に至るというものです。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2020-01-10 05:00 | ◇福娘 | Trackback | Comments(2)

日本経済の隆盛を希って

日本経済の隆盛を希って_c0196076_19194406.jpg


邪なる個人の欲望を一切捨象し、ただただこの国の景気の向上せんことを希求し
4つのえべっさんにひたぶるに願を掛けてまいりました。 正直、辛かった。

まず今宮戎神社(大阪市浪速区)


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2020-01-09 21:00 | ◇福娘 | Trackback | Comments(6)

キタのえべっさん 2

キタのえべっさん 2_c0196076_08373967.jpg


同じ商店街筋で、十日戎の神賑わいを見せるのが大阪天満宮です。
こちらも江戸時代に境内北西の蛭児遷殿で十日戎がおこなわれていましたが
長らく途絶えており、近年復活したものだということです。

キタ新地から天神さんまで行列し、夕刻、ふたたびキタまで折り返す
「堂島・北新地えびす詣 招福パレード」というイベントもあります。



つづきはこちらから
by dendoroubik | 2019-01-14 05:00 | ◇福娘 | Trackback | Comments(2)

キタのえべっさん

キタのえべっさん_c0196076_22315802.jpg


兵庫の「西宮神社」大阪の「今宮戎神社」
そして京都の「京都ゑびす神社」を「日本三大えびす神社」と呼ぶそうな・・・

大阪の人々にしてみれば3つ目のチョイスには大いに異論のあるところでしょう。
全国のえびす神社の総本社、西宮神社はさて措くとして
ミナミの「今宮戎」を挙げながら、キタのえべっさん「堀川戎」を等閑にする
というのは、いかにも公正さに欠けるのではないか、と反駁されそうです。

江戸時代の中頃、今宮戎と同時期に十日戎の行事が盛りあがりを見せ
今でも3日間で数十万人が参拝するという地元の崇敬篤いえべっさんです。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2019-01-13 05:00 | ◇福娘 | Trackback | Comments(10)

献鯛行列

献鯛行列_c0196076_11422473.jpg


「宵戎」の9日、民営市場「大阪木津卸売市場」で
今宮戎神社にタイを奉納する「献鯛式」なるものがおこなわれます。
「献鯛式」は市場が開場した江戸時代から続く伝統行事で
宵戎に「雑喉場(ざこば)魚市場」が雌雄一対のタイを奉献し大漁と商売繁盛を祈願したのが始まり
・・・とされています。 いったん途絶したものを木津市場が引き継ぎ今日に至ります。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2019-01-12 05:00 | ◇福娘 | Trackback | Comments(6)