人気ブログランキング |

国津神社 王の舞

c0196076_22363046.jpg


福井県若狭町向笠「国津神社」の王の舞。 3年ぶりの再訪です。

 鳥居下で「老司」が持ちあげる神饌の下を「御供舁き」の女の子がくぐるシーンの愛らしさ。
 折敷を振り上げて天満神社の屋根の上に後ろむきに盃を放り投げる所作の神秘めいたところ。
 王の舞の行列を議員が土下座で迎えるシーンの森厳さ。
 王の舞がおわると同時に全員が駆け出すクライマックスのカタストロフィ・・・

昔はあったらしい流鏑馬なども廃絶し、規模はどんどん縮小しているようですけれど
見どころが多く、中世の遺制をよく残す祭礼です。
ただ、前回見たときよりもさらにいくつかのものが省略されているようにも感じられました。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2019-04-13 05:00 | ◇王の舞 | Trackback | Comments(2)

椎村神社 王の舞

c0196076_11154800.jpg


神戸の「楠公武者行列」は主催者発表によると30万人もの見物客が訪れたそうです。
それでなくても人出の多い週末の元町やハーバーランドを練り歩くこの行事で
いったいどうやって見物客をカウントしたのかは不明ですが(笑)甲子園球場6杯分と考えると
なるほどそれくらいの人が「見物」していた、というのは見当として間違いではないようにも思えます。

一方、GWの若狭小浜でおこなわれたこの祭りの見物人はひとり・・・つまり僕だけでした(笑)
ただ、自分にとっては見物人の多寡はその祭りの価値とはいささかも関わりがなく
祭りをおこなうことの困難さを克服して実現されるそれぞれの美しさのみが唯一の基準です。

これも、とても「美しい」祭りでした。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2018-06-02 23:27 | ◇王の舞 | Trackback | Comments(0)

子供の日

c0196076_20371918.jpg

こどもの日に、若狭の祭りをふたつハシゴしてきました。

c0196076_20534755.jpg

若狭の祭りを見ていて、とても充実した気持ちになるのは、能登の祭りと同じく「人」が良いから
・・・という結論で、たまたまお会いしたフォトグラファーの方と完全に意見が一致しました。
その方は越前の方で「越前はアカン」みたいなことをおっしゃってましたが、そこは僕と意見が分かれます(笑)


by dendoroubik | 2018-05-05 21:04 | ◇王の舞 | Trackback | Comments(4)

c0196076_08381836.jpg


「多由比神社」(福井県若狭町)の例祭神事を見せていただきました。

田園をわたる古雅な行列。 お旅所での神秘的で濃密な奉納芸能。
たった3時間ほどでおこなわれたとは思えない、豊穣な祭りでした。

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2018-04-30 12:56 | ◇王の舞 | Trackback | Comments(0)

c0196076_22542367.jpg

5月はじめのうららかな1日。

人によっては「かったるい」と思われかねない
悠長な時間をかけておこなわれた大御幣をめぐる攻防は
「大御幣納め」というドラマチックな結末を迎えました。

ここで終わってもじゅうぶんなカタルシスを得られるような展開に
畳みかけるように美しい瞬間の連続が訪れます・・・王の舞の登場です。

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2017-05-10 21:55 | ◇王の舞 | Trackback | Comments(0)

彌美神社の王の舞 前篇

c0196076_07263362.jpg

若狭に伝わる「王の舞」・・・とひと口にいっても一様ではありません。
地域によって踊りや装束もちがえば、長時間にわたって舞うものや
一連の神事のなかでごく短く舞われるだけのものもありさまざまです。
昨年、見せていただいた「国津神社」の祭りは多彩な行事が輻輳し
とてつもなく美しく楽しいものでしたが「王の舞」自体はあっという間に終わってしまうというものでした。
彌美(みみ)神社の「王の舞」は若狭の「王の舞」のなかでも舞う時間も長時間にわたり
とりわけ優美なものといわれます。いや、想像以上に美しくお祭り自体もとても楽しいものでした・・・


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2017-05-06 18:37 | ◇王の舞 | Trackback | Comments(4)

天満社 王の舞 後篇

c0196076_20191043.jpg

「王の舞」は当屋、本殿まえ、御旅所の3ケ所で舞われます。

苔むして古色蒼然としたたたずまいの境内での「王の舞」は
とても美しく神々しくさえあり、この祭りの白眉といえるかもしれません・・・


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2017-04-07 14:34 | ◇王の舞 | Trackback | Comments(4)

天満社 王の舞 前篇

c0196076_15230499.jpg

山陰と北陸を繋ぐ丹後街道(国道27号線)を走り若狭町に入ると
まもなく相田地区の「天神社」が山側(東)に見えてきます。
1キロも走らないうちに、これは国道からは見ることはできませんが
隣接する藤井地区の「天満社」がやはり山側に鎮座しています。

2年まえに相田の「天神社大祭」今回は藤井地区の王の舞を見せていただきました。

菅原道真を祀る両社の祭りはかつては同日におこなわれていたようですが
現在は相田は4月2日、藤井は4月の第一日曜におこなわれています。
隣接した地区だけあって、似たところも多いように思えました・・・


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2017-04-06 23:35 | ◇王の舞 | Trackback | Comments(0)

石桉神社 王の舞

c0196076_02325599.jpg


この日、2番目に見せていただいたのは
若狭町小原(おはら)の石桉(いわくら)神社の「王の舞」です。


氏子集落の南が「王の舞」北が「獅子舞」をつとめられているそうですが
両方とも一風かわったもので、これもたいへん興味深く見ごたえがありました。



つづきはこちらから
by dendoroubik | 2017-04-04 23:42 | ◇王の舞 | Trackback | Comments(0)