人気ブログランキング |

カテゴリ:◇山王祭( 25 )

山王祭 花渡式

c0196076_09432828.jpg


荒々しい儀式や森厳とした神事の多い山王祭のなかで
13日の午後におこなわれる「花渡式」は異質に思えるような華やかで愛らしい儀式です。
5歳前後の男の子が、烏帽子に甲冑の凛々しい姿で、神様にお供えする「花」を引き
桜舞い散る日吉馬場をお練りしながらすすんでゆきます・・・


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2019-05-02 05:00 | ◇山王祭 | Trackback | Comments(2)

山王祭 献茶式

c0196076_08553220.jpg


日吉大社の「山王祭」をひと言でいい表すとしたら「御輿が山、里、湖を駆け巡る祭り」ということになるでしょうか。
七社の御輿があり、前日の朝に東本宮に奉安された「東本宮」「樹下宮」の神輿と、昨晩山上から遷された(午の神事)
「牛尾宮」「三ノ宮」の神輿、4社の御輿が大政所に遷され、こちらに茶を献ずるのがこの神事です。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2019-04-15 05:00 | ◇山王祭 | Trackback | Comments(2)

日吉山王祭 禊

c0196076_08360896.jpg


4月12日から14日まで、いよいよクライマックスを迎える日吉大社の山王祭。

その夜おこなわれる中心神事のひとつ「午の神事」をまえに
12日の朝、駕輿丁たちが大宮川で禊神事をおこないました。 


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2018-04-13 06:19 | ◇山王祭 | Trackback | Comments(4)

花渡り

c0196076_20202901.jpg

3月の初めから始まった山王祭。 

そのピークを控えた比叡山の門前町坂本を今朝、散歩してきました。
日吉馬場の桜は咲き始め、太閤桜は、あと2,3日で満開になりそうです。

勇壮さをもって知られるこの祭りのなかで「花渡式」という愛らしい神事があります。
その夜「出産」を控えた神に、稚児が花を捧げる、というものです。
びわ湖をバックに、桜満開の日吉馬場を稚児たちが歩む姿はとてつもなく美しい・・・

今年は桜が早そうなので、その頃には桜は散っているかもしれませんね。

c0196076_21051202.jpg

「婚姻」を控えた二柱の神はまだ牛尾山のうえに御座し、その時を待ちます。

by dendoroubik | 2018-03-27 20:50 | ◇山王祭 | Trackback | Comments(0)

山王祭 真榊神事

c0196076_001190.jpg

3月27日の朝、苗鹿の「榊山」より直され、
那波加荒魂神社に奉安された大榊は、
その夜、坂本の広芝まで渡御します。

「真榊神事」を拝見させていただきました。

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2014-03-29 10:10 | ◇山王祭 | Trackback | Comments(0)

山王祭 直木神事

c0196076_1731319.jpg

4月12日から15日にかけてがメインの山王祭ですが、
3月のはじめの神輿上げから、1ケ月半にわたり、
様々な神事がおこなわれています。

 「いったいどんな祭りなのか?」

・・・とうてい一言では言い表せません。

まるで小さなエピソードが輻輳し、
やがて4月半ばにクライマックスを迎える、
壮大な叙事詩のようにも思えます。

3月27日は、「神輿」とともに、もうひとつの主役である
「大榊」が登場する重要な日です。

朝、「直木神事」を拝見させていただきました。

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2014-03-28 11:57 | ◇山王祭 | Trackback | Comments(0)

c0196076_23183255.jpg

4月13日、華やかな午後の「花渡り式」も終わり、
陽が比叡山へ落ちて暮れなずむ頃・・・。

その夜の「宵宮(よみや)落とし」の4基の神輿を担ぐ
駕輿丁(かよちょう)たちが、大松明を従えて町を練りはじめます。

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2013-04-18 12:00 | ◇山王祭 | Trackback | Comments(2)

c0196076_23365983.jpg


4月13日「花渡り式」の終わった午後3時。
大政所、そのあと西本宮で「未の御供献納式」がおこなわれます。
桜舞い散る日吉馬場の賑わいをよそに、ほとんど見物人もいないなかで粛々と執り行われます。

おそらく・・・ですが・・・山王祭の神事のなかで
女性(小学生の女の子)が、直接、ご奉仕するのはこの神事だけではないでしょうか。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2013-04-17 04:00 | ◇山王祭 | Trackback | Comments(2)

c0196076_2213465.jpg

4月13日の夜に行われる「宵宮落とし」(よみやおとし)は、
前夜におこなわれる「牛の神事」とともに、山王祭を代表する神事。

「牛の神事」では、3月のはじめに、
牛尾山(八王子山)に担ぎあげられた二基の神輿
「牛尾宮」「三宮」を麓の東本宮まで担ぎ下ろされます。

大山咋神と鴨玉依姫神、
二柱の神の結婚をあらわすといわれます。

翌朝、東本宮拝殿から、
この二基と、東本宮、樹下宮の神輿が
宵宮場(大政所)へ担ぎ出されます。

その夜、四基の神輿は、
前後に激しく揺すぶられたあと、宵宮場から落とされ、
(これが「宵宮落とし」の名の由来)
東本宮拝殿まで、担ぎこまれます。
大山咋神、鴨玉依姫神による出産、
御子神誕生の儀式といわれます。

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2013-04-17 02:00 | ◇山王祭 | Trackback | Comments(2)

c0196076_235554.jpg

1ケ月半にわたっておこなわれる
山王祭の神事、行事のなかで、
地味ながらとても不思議な儀式がこの献茶式。

文字通り、茶を献じる神事ですが、
茶をお供えするのは、奉安された四基の神輿・・・。

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2013-04-17 01:00 | ◇山王祭 | Trackback | Comments(2)