人気ブログランキング |

カテゴリ:◇おわら風の盆( 120 )

c0196076_09424867.jpg


天満町の舞台のつづきです。 「ヒュ~」「フゥ~」の連続でした(笑)

いつもは天満宮まえで見せていただく演舞を八幡社の鳥居まえに置き換えると
またちがった趣きがあり、この支部の踊りのすばらしさが際立つようにも感じられました。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2018-09-11 05:17 | ◇おわら風の盆 | Trackback | Comments(4)

c0196076_09213189.jpg


二番目に登場したのは天満町。 

独自の唱法と、唄の名手を数多く輩出していることで知られるこの町は 
天満宮まえでいつも見せてくれる隊形をはじめ、踊りも洗練され魅了されます。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2018-09-10 05:43 | ◇おわら風の盆 | Trackback | Comments(0)

c0196076_05390333.jpg


最初に登場したのは上新町の踊子。

地方はすべて下新町の方々で、はじまるまえに「春夏、男、秋冬、絡み、でお願いします」
・・・みたいな打ち合わせがあるだけ。 即興のジャズセッションみたいでカッコイイ!


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2018-09-09 22:00 | ◇おわら風の盆 | Trackback | Comments(8)

一服しょまいかね

c0196076_23025053.jpg


毎日更新しょうと睡眠時間を削って奮闘していましたが限界です(苦笑) 
ごいっしょさせていただいた toraさん せんべぇさん 祭りバカさん 
・・・のブログもスタートしだしたので、ちょっと休みます。

by dendoroubik | 2018-09-07 23:23 | ◇おわら風の盆 | Trackback | Comments(10)

c0196076_21460712.jpg


1日目の零時すぎ、下新町を歩いていると、これから何かが始まる気配。
八幡社の境内のライトが点けられ、ほどなくして輪踊りがはじまりました。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2018-09-07 07:00 | ◇おわら風の盆 | Trackback | Comments(4)

c0196076_12074005.jpg


おわらがはじまると西町の人びとは公民館のまえでひと踊りし
玉垣で築きあげられた城塞のような坂をくだって、井田川に架かる禅寺橋へ向かいます。
そして、ここで必ず輪踊りを踊ります。
詳しい事情は知りませんが、自分たちのまちを正面に見あげるこの場所は
きっと西町の人びとには特別な場所・・・なんだろうと思います。

何年かまえ、橋の上での輪踊りのあと、地方さんと4人の男女の踊子だけが残り
坂へ向かって花踊りを踊っていたのを見たことがあります。
それはしみじみと美しい光景でしたが、今から思うと正面に花を打つお宅はなく
あれは自分たちの町へ向けて踊っていたのかもしれません・・・


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2018-09-06 19:56 | ◇おわら風の盆 | Trackback | Comments(4)

c0196076_01585974.jpg

9月1日の昼過ぎから3日の明け方にかけて、越中八尾「おわら風の盆」へ行ってきました。

富山で「旅と祭りのフォトログ」のtoraさんとも落ち合い、八尾へ向かいました。
現地では金沢のノチさんyukaさんコンビにも久しぶりのお会いできました。
今年はじめてお会いできた「一歩々々」rinkatuさんには、1日の払暁、重い脚を引きずりながら坂を下り
遠い帰路に辟易しているとき、なんとご自身のお車で駐車場から旧町まで取って返し
われわれを拾って駐車場まで送っていただきました。 地獄に仏とは、まさにこのことです。

rinkatuさん、ホントにありがとうございました!

c0196076_01595962.jpg

週間天気予報によると、われわれが滞在する1~2日の天候は絶望的でした。
当日、ようやく1日の天気はなんとかもちそうな予報に変わりはしましたが
富山県内へ入ると、それまで晴れていた空から突然、激しい雨が落ちはじめました。

c0196076_01595933.jpg

2日は、行事のある時間帯に限って雨の予報で
場合によっては何も観られないのではないか、と腹を括ったりもしました。
その場合は、町の雰囲気だけを味わいながら、一晩中、酒でも飲んでいようか・・・と。

c0196076_02000070.jpg

幸いなことに滞在中の2日間は一滴も雨は降らず、翌最終日も好天に恵まれたようです。
嬉しくて、けっきょくいっぱい酒を呑んでしまいました(笑)

c0196076_02000059.jpg

1日は、まず昨年同様、丘陵のいちばん上、東新町へ向かうつもりでした。
十三石橋は架け替え工事中で、その奥の禅寺橋を渡ると禅寺坂の長い階段を登らねばならず
手前の十三石橋を渡り天満町を通って八尾旧町を登っていくことにしました。

c0196076_02005910.jpg

天満宮まえまで来ると、まだ公式行事には時間はありますが、何やらはじまる気配。
聞くと、これから少し町流しをやるとのこと。 予定を変更してこれを観ることに。

c0196076_02005984.jpg

本番まえの、ウォーミングアップみたいなものなのだそうです。

c0196076_02005930.jpg

公式行事まえで、この日、高山本線は雨の影響で15時まで運休ということもあってか
まだ観光客がまばらななか、天満宮まえの坂を登っていく様子はとても美しかったです。
渡る橋がちがっていたり、予定通りに行動していれば観られなかった光景ですが
おわら巡りは、こういった偶然に身をまかせるに如くはありません。 幸先のいいスタートです。

by dendoroubik | 2018-09-04 02:55 | ◇おわら風の盆 | Trackback | Comments(12)

おわら風の盆へ・・・

c0196076_08125260.jpg


今週末は越中八尾の おわら風の盆へ。

はじめて見たのが、富山県に単身赴任していた2006年ですから今年で13年目。
ウォーミングアップに、昨年ブログに載せきれなかったものをいくつか・・・


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2018-08-27 09:27 | ◇おわら風の盆 | Trackback | Comments(11)

c0196076_02023323.jpg

とうとう最後の夜明けまえです。

ひと晩だけしか見られなくても、今回のように3連投しても
このときを迎えるモノ哀しさと充実がない交ぜになった気分は同じように思えます。

おたや階段に座ってしばらく待つと鏡町が夜流しから帰ってきました。
「浮いたか瓢箪」の合唱が終わると同時に、東の空が青みを帯びてきます・・・


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2017-09-21 21:31 | ◇おわら風の盆 | Trackback | Comments(10)