人気ブログランキング |

カテゴリ:◇おわら風の盆( 120 )

c0196076_23561484.jpg


深く腰を落とした姿勢から、大きなストライドで伸びあがる西新町のダイナミックな案山子踊り。
「新屋敷踊り」とも呼ばれるこの踊りから、つづく優美で可憐な女性の「八尾四季」と男女混成のラストまで
この花踊りだけで「いいものを見せてもらった!」という充実感にいつも満たされます。


つづきはこちらかまで
by dendoroubik | 2019-09-08 05:00 | ◇おわら風の盆 | Trackback | Comments(0)

c0196076_19262826.jpg


1日の午後、自町から流してきた諏訪町が輪踊りをはじめた傍らで
5人の男女が、花を打たれたお宅のまえで踊りを披露するところを見せていただきました。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2019-09-07 05:00 | ◇おわら風の盆 | Trackback | Comments(7)

c0196076_05250771.jpg


おわらをおこなう十一のまちは、それぞれ自町で踊ることに深い意義があるのでしょうけれど
なかでも「とりわけ大切な場所」というものがあるのではないか、と思うときがあります。
たとえば、西町の人々が、自町を見あげる禅寺橋のうえで踊る姿を見ていると、そんな感慨が浮かんできます。
坂のまちのいちばん高台にある東新町の人々にとって、町内の若宮八幡社の奉納輪踊りも
同じように特別な意味があるように感じられます。 感じるだけ、で何の根拠もありませんが(笑)


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2019-09-05 09:55 | ◇おわら風の盆 | Trackback | Comments(4)

c0196076_09462352.jpg


c0196076_09461999.jpg


月が変わると、越中八尾のおわら風の盆がはじまります。

今年は1日の昼から2日の夕方までしか居ることができませんけれど天気予報は雨がち。
居られるときばかりでなく、3日間、無事におこなわれることを願うばかりです。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2019-08-29 20:00 | ◇おわら風の盆 | Trackback | Comments(14)

真夏のおわら

c0196076_09222698.jpg


風の盆まであと1ケ月。 富山市街城址大通りで「越中おわら保存会」の方々によるおわらが披露されました。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2019-08-04 21:59 | ◇おわら風の盆 | Trackback | Comments(4)

c0196076_04340094.jpg


東新町が花を打つお宅のまえで踊るのに3度出会えました。 3度も出会えたのに・・・


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2018-09-24 05:00 | ◇おわら風の盆 | Trackback | Comments(4)

c0196076_18501103.jpg


井田川右岸の段丘に築かれた八尾の町の坂の途中
ここだけ川側へ一段降りたところに拓かれた鏡町はかつて花街だったといいます。
暗がり坂を下って金沢の旦那衆が主計町の茶屋街へ通ったように
八尾の旦那衆が下っていったおたや階段は、いわば此岸と彼岸とのあわい。

その登り口の石畳は、この世ならざる幻想性を帯びた「おわら風の盆」の最高の舞台です。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2018-09-23 05:00 | ◇おわら風の盆 | Trackback | Comments(6)