人気ブログランキング |

カテゴリ:◆大和の祭( 42 )

薬師寺 花会式 鬼追い式_c0196076_14584620.jpg


東大寺の修二会「お水取り」は「春を呼ぶ行事」として知られていますが
これに対して、同じ奈良の大寺でおこなわれる修二会のなかで
「春の訪れを告げる行事」といわれるのが薬師寺の「花会式(はなえしき)」です。
堀河天皇が皇后の病気平癒を薬師如来に祈願したところ翌年、霊験を得て快癒。
天皇が采女に命じて十種類の造花を作らせ、修二会で薬師三尊に捧げて荘厳して以来
花が供えられるようになり、いつしかこの愛らしい名で呼ばれるようになったそうです。

七日間にわたり厳修される悔過法が満行を迎えた夜、金堂まえで「鬼追い式」がおこなわれます。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2020-04-02 08:00 | ◆大和の祭 | Trackback | Comments(2)

大和神社 御田植祭

大和神社 御田植祭_c0196076_07503144.jpg


大和(おおやまと)神社の御田植祭(おんだ祭)は正月の神事だったそうですが
新暦に改まってからは毎年2月10日におこなわれています。(奈良県天理市)
実際の田植えに先立ち、斎庭で鍬入れから稲苗植えまでの稲作を擬似的に行う予祝の儀式で
これらを地元の小学生たちが演じるのが、ほのぼのとしてとても好かったです。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2020-02-15 05:00 | ◆大和の祭 | Trackback | Comments(0)

大立山まつり 「大和よさこい『華鹿』」_c0196076_08024661.jpg


「バサラ祭り」や「香芝よさこい祭り」が代表的な奈良県内のよさこい大会になるかと思いますが
いずれも見たことがありませんので、ここで見るのがはじめてのチームばかりです。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2020-02-01 21:00 | ◆大和の祭 | Trackback | Comments(0)

大立山まつり 「高円寺阿波踊り」_c0196076_08551036.jpg


「大立山まつり」を見るのはこれが3回目ですが、県外の団体の参加ははじめてです。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2020-01-31 19:21 | ◆大和の祭 | Trackback | Comments(8)

大立山まつり 大和郡山市ブース_c0196076_09130607.jpg


朱雀門広場には奈良県内の各市町村の特産品やグルメの屋台
観光案内なんかのテントが並んでいます。 こちらは大和郡山市の観光ブースです。

大和郡山といえば、国内有数の金魚の産地として知られ
地元商店街が街角に設置していた「金魚電話ボックス」が
ヴィジュアルのインパクトでTVやSNSで話題になっていましたね。

こちらは「金魚ランドセル」。 小学生の女の子が背負って登校してたらシュールです(笑)


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2020-01-31 05:00 | ◆大和の祭 | Trackback | Comments(0)

大立山まつり 「大垣内の立山祭」_c0196076_23194678.jpg


富山県を東限として、中部、近畿、中国地方から
九州各地にかけて「つくりもの」と呼ばれる伝統行事があります。

昔話や芝居、時事風俗などをにわか仕立てに造形して楽しむというもので
近世後期、祭礼の奉納物として大坂、名古屋といった都市で流行したのち地方へ伝播したものだそうです。 
奈良県北城郡広陵町の「大垣内(おおがいと)立山祭り」もそのひとつです。 
ただ、300年つづくといわれるこの祭りでは「つくりもの」のことを「立山」と呼んでいます。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2020-01-30 05:00 | ◆大和の祭 | Trackback | Comments(0)

大立山まつり 「白拍子の舞」_c0196076_08063795.jpg


源義経の愛妾、静御前は歌舞伎なんかで人気のキャラクターですが
そういえばいったい彼女はどこから現れて、どこで最期を遂げたのでしょう・・・? 


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2020-01-29 18:00 | ◆大和の祭 | Trackback | Comments(2)

大立山まつり 「紅しで踊り」_c0196076_06561225.jpg


奈良県天理市の「紅しで踊り」は、大和神社の秋の大祭に奉納されているそうです。
古来、雨乞いの返礼として捧げられていた踊りだったようですが近代に途絶え、昭和30年代に女性だけで踊りが復活。
白い幣(しで)は女性ということで紅色に代えられ、これが「紅しで踊り」の名の由来になっています。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2020-01-29 05:00 | ◆大和の祭 | Trackback | Comments(0)