カテゴリ:◇大津祭( 34 )

大津祭 2018 続

c0196076_08321597.jpg


軒先に御幣を掲げたお宅のまえでからくり披露「所望」がおこなわれ
祗園祭では危険を理由にずいぶん前に禁止されたちまき撒きがおこなわれます。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2018-10-13 05:00 | ◇大津祭 | Trackback | Comments(2)

大津祭 2018

c0196076_08313479.jpg


久々の大津祭です。 どれくらいご無沙汰かとブログを繰ってみると
3年ぶりでしたがこれは宵宮の話で、本祭に出かけたのは7年ぶりのことでした。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2018-10-12 05:00 | ◇大津祭 | Trackback | Comments(2)

大津祭 2015 宵宮

c0196076_715237.jpg

ふだんは午後7時すぎともなると、駅前ですら人影が疎らになり
いったいここはホントに県庁所在地なのかと訝しく思えるほど閑散とした大津市街。

でも、この日だけは・・・

  ピーヒャラ ピーヒャラ

心浮き立つお囃子と、紅い大吊(提灯)、絢爛豪華な曳山と、その装飾品
そしてなによりも町衆の心意気が

  「大津百町」

・・・と呼ばれた往時の姿を甦らせるかのような美しくも幻想的な情景を描き出してゆきます。

大津祭の宵宮です・・・

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2015-10-15 23:22 | ◇大津祭 | Trackback | Comments(2)

c0196076_639354.jpg

大津祭は天孫神社の祭礼。

曳山祭礼は、江戸時代初頭にはじまりますが、
当時は「曳山」と「練り物」(つくりものによる仮装行列)
が参加して巡行がおこなわれていたようです。

「練り物」の方は明治初頭になくなり、曳山13基が現存。
新町の布袋は現存する唯一の「練り物」ですが、
宵宮と本祭の2日間飾られ、巡行はしません。

つづきはこちちらから
by dendoroubik | 2013-10-18 07:26 | ◇大津祭 | Trackback | Comments(2)

c0196076_7115213.jpg

大津祭の宵宮。

13ケ所ある会所から、ピーヒャラ、ピヒャラ

・・・心浮き立つお囃子が聞こえてきます・・・。

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2013-10-16 00:54 | ◇大津祭 | Trackback | Comments(4)

大津祭 宵宮2012 その3

c0196076_1714589.jpg

祇園祭の「くじとらず」といえば長刀鉾。

大津祭の不動のトップバッターはこの西行桜狸山。

巡行の日、この曳山の屋根のうえにのっているのは、
疫病を退散させるという雲突くばかりの長刀ではなく
なんともノーテンキなタヌキ・・・。

その由来をたずねれば・・・

江戸時代のはじめ、
天孫神社の祭礼の日に、鍛冶屋町の塩売治兵衛なる者が、
狸の面をかぶって踊ったことから話がはじまります。

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2012-10-18 18:00 | ◇大津祭 | Trackback | Comments(4)

大津祭 宵宮2012 その2

c0196076_10485070.jpg



大津祭の曳山は13基。

とりわけ、宵宮はその風情のちがいがよく出て楽しい。
中堀町の孔明祈水山のお囃子は、まるでジャズセッションのよう・・・


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2012-10-13 07:00 | ◇大津祭 | Trackback | Comments(2)

c0196076_233769.jpg

今年はあんまりいい話題のない大津でした。

でも、大津祭だけは、ピーヒャラピヒャラ♪
by dendoroubik | 2012-10-06 23:00 | ◇大津祭 | Trackback | Comments(6)

大津祭 2011 その5

c0196076_11152781.jpg

孔明祈水山の会所まえで、
カメラを構えて曳山がくるのを待っていたら、
そこの女性の方に 2階へあがってもいいよといわれて
お言葉に甘えさせていただきました。 (ありがとうございます^-^)  

うえから眺める曳山も、迫力満点でした。

c0196076_11123974.jpg

竹竿に紅白の御幣が掲げられているところが 
「所望」と呼ばれるからくりが演じられる場所の目印。

真上から見物できましたが、
手でからくりを動かすところなんかが見えて、おもしろい! 

しかし、やはり からくりは下から見物するのが常道ですね。
見えすぎるのも、いささか情趣に欠けます(笑)

なにかと祇園祭とくらべられて、
規模の小ささばかりが際立ってしまう大津祭・・・
そのことに、とても理不尽な思いを
抱かなかったわけでもないのですが・・・
あえて比較していわせていただければ・・・
観客とのこの近さが、大津祭の魅力ですね!
by dendoroubik | 2011-10-20 18:00 | ◇大津祭 | Trackback | Comments(0)

大津祭 2011 その4

c0196076_231958100.jpg

囃し方は 午前中の黒紋付から一変、
午後の巡行は宵宮のときも着ていた
ぞろりとしたカラフルな衣装に着替えて巡行へ。

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2011-10-15 06:00 | ◇大津祭 | Trackback | Comments(2)