人気ブログランキング |

カテゴリ:◆美濃の祭( 23 )

c0196076_17595482.jpg


岐阜県揖斐郡揖斐川町谷汲の「谷汲踊り」(岐阜県重要無形民俗文化財第1号)。

言い伝えによると、源氏が平家を滅ぼした戦勝を祝して踊った武者踊で
当時は「鎌倉踊」と呼ばれ、武士たちが祭礼などに踊ったものともいわれます。
幕末文久年間の大旱魃のとき千束薪木を積み重ねて焼き、氏神に祈願して踊ったところ
たちまち慈雨に恵まれ、以来「雨乞踊」「豊年踊」と呼ばれるようになったとされます。
明治から大正の初めまでは氏神の例祭などで盛大に踊られていたそうですがその後中断。
昭和27年に有志により保存会が結成され「谷汲踊り」と改称。 
現在は2月18日の「華厳寺豊年祈願祭」春の「桜まつり」秋の「紅葉まつり」などで披露されています。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2019-02-22 05:00 | ◆美濃の祭 | Trackback | Comments(4)

太十

c0196076_22052919.jpg

~村国座~

「絵本太功記十段目『尼ケ崎の段』」通称「太十」は、地芝居でもっとも人気の高い演目で
昨年の村国座でも上演されていたようですし、今年、僕が見ただけでも

c0196076_14195386.jpg

~出町子供歌舞伎曳山まつり~

なぜこれほどまでに人気が高いのかということについて「出町子供歌舞伎曳山まつり」に
ゲスト解説としてお見えになっていた古典芸能解説者の葛西聖司氏がこんな風に説明されていました。

c0196076_14195361.jpg

~小松お旅まつり~

登場人物が三世代に渡り衣装が煌びやかで豪華なこと。
役者それぞれに見せ場があること。
有名な芝居で名セリフが多く、観客受けがよいこと。
夕顔棚の段、操の口説き、光秀の大落しなどの見どころが多いこと。
そして、道徳教育としても重宝されていることなどが
いまでもたびたび上演される理由だということでした。 なるほど、ですね。

by dendoroubik | 2018-10-26 05:00 | ◆美濃の祭 | Trackback | Comments(2)

c0196076_07594143.jpg


八幡神社でいったん「嘉喜踊」の奉納がおわり、休憩中になにがおこなわれているのか覗いてみると
顔に墨で落書きしたり、マスクを被って変装したり、といった趣向が凝らされているのでした(笑)


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2018-10-22 05:00 | ◆美濃の祭 | Trackback | Comments(0)

c0196076_22513786.jpg


白山神社と同じように「大神楽」と入れ替わりに「嘉喜踊」の演者たちが練り込んできます。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2018-10-21 05:00 | ◆美濃の祭 | Trackback | Comments(0)

c0196076_08573501.jpg


最後は八幡神社での「大神楽」「嘉嘉踊」の奉納となります。
鉄パイプで観客席が組まれ、さすがにここでは見物人が先にくらべ格段に多いです。
張り渡されたワイヤーに吊るされた御花が風になびく会場からしてドラマチックです。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2018-10-20 07:00 | ◆美濃の祭 | Trackback | Comments(2)

c0196076_21314727.jpg


小説や音楽、映画など何によらず「ジャンル」に拘泥しすぎるのは視野を狭くするだけ
とは思いながら、馴染みのないものに対する戸惑いは年齢を重ねるごとにつよくなっていきます。
その美しさに魅了されながらも、あまり馴染みのない地方のこのお祭りに
どうやって入っていけばいいのかという戸惑いは、見ている間もきっとどこかにありました。
「その1」を綴っているときも、的外れなことを書いている心持ちしかしませんでした。
しかし、考えてみれば的外れなことを書いているのはいつものことですので
気にせずにこの祭りのどこに魅了されたかを中心に、というかそれだけを書いていこうと思います。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2018-10-18 05:00 | ◆美濃の祭 | Trackback | Comments(0)

c0196076_07270445.jpg


岐阜県郡上市白鳥中津屋の白山神社、八幡神社の秋祭で、7年ぶりに「大神楽」「嘉喜踊」が奉納されました。
前回は2011年、8年ぶりの奉納という不定期なもので、なるほどそれも頷ける大がかりなお祭りでした。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2018-10-17 05:00 | ◆美濃の祭 | Trackback | Comments(4)

御所の前 送り神 後編

c0196076_09553808.jpg


午後1時、一行は阿弥陀堂を出発。
男女一対の藁人形を取りつけた竹を持ったふたりの少年を先頭に

   おくり おくり おくり神おくって  
   念仏申さん子供は 八まん地獄で ごおそごそ

とみんなで唱和しながら路地を隈なく練ってゆきます。
家のまえまで来ると、家人は子供たちにバケツでホースで水をぶっかけます。
子供たちへだけでなく、大人同士のかけ合いもあったりします(笑)


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2018-07-04 06:13 | ◆美濃の祭 | Trackback | Comments(0)

c0196076_07474539.jpg


岐阜県恵那市御所の前地区に300年以上も伝承されるという民俗行事「送り神」を見てきました。
1時間ほどの行事で往復5時間と遠方ゆえ、二の足を踏まないでもありませんでしたが
機会があればまた行きたいと思える楽しい祭りでした。 (市指定無形民俗文化財)


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2018-07-03 07:49 | ◆美濃の祭 | Trackback | Comments(0)