人気ブログランキング |

カテゴリ:◆加賀の祭( 28 )

鶴来 ほうらい祭 後篇

c0196076_06252076.jpg


神輿は1日目の渡御を終えると鶴来本町2丁目のお旅所で一夜を過ごし、翌日、ふたたび町内を渡御し
夜になると金劔宮まえ 日詰町南参道前で祭りのクライマックスとなる「送り獅子」が行われます。
今年は1日目の夕刻までしか見ることができませんでしたが、次回はこの「送り獅子」を見たいと思います。
観光客にこれを見届けてもらうために北陸鉄道は石川線鶴来発野町行きで臨時の最終便を運行したほどで
それまでの騒然とした祭りの様相が一変する、神秘的な行事なのだそうです。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2019-10-10 05:00 | ◆加賀の祭 | Trackback | Comments(10)

鶴来 ほうらい祭 前篇

c0196076_10134343.jpg


石川県白山市鶴来地区で毎年10月初旬に開催される「ほうらい祭り」(金剱宮秋季例大祭および神輿御渡)。

2日間にわたって神輿が町内を渡御しますが、これに随行するのがふたつの獅子方と
曳山やキリコ・・・ではなく、5メートルほどもある巨大な「つくりもの」です。
お題は毎年かわり、今年はゲームのキャラクターの「マリオ」 西遊記に登場する「牛魔王」
戦国武将「直江兼続」時代劇の「座頭市」「棒振り太刀」(獅子舞)
「衣装怪物小町」(たぶん、きゃりーぱみゅぱみゅの「ファッションモンスター」)の6基が登場。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2019-10-07 09:08 | ◆加賀の祭 | Trackback | Comments(18)

竹割り祭り

c0196076_09292502.jpg

白山がいちばん美しくに見える町・・・と深田久弥がいう石川県加賀市大聖寺。

その深田久弥の生家、中町から南西へ北国街道をすすむと
敷地天神山の麓に菅生石部(すごういそべ)神社が見えてきます。

この神社で毎年2月10日に行われる「御願(ごんがん)神事」
通称「竹割り祭り」・・・という奇祭です。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2017-02-15 08:00 | ◆加賀の祭 | Trackback | Comments(2)

加賀獅子

c0196076_23570017.jpg

先日『廓のおんな 金沢名妓一代記』(井上雪)という本を読んでいると
獅子舞の話が出てきて「なるほど~」と納得させられたことがあります。

  金沢の獅子舞は、藩政のころから盛んで、棒振りが獅子を退治するさまがめざましい。
  木彫の獅子頭に、七メートルにもおよぶ麻布をつけ、これに牡丹や桜の花、獣毛模様が染められている。 
  カヤと呼ばれる麻布の内側に、曲げた割竹を数本入れて張り、空洞をつくる。
  そのなかに数人の芸者がはいって、笛、太鼓、三味線などでにぎやかにはやしたてながら大通りから小路へとねり歩く。

どうして、金沢の獅子舞には、お馴染みの笛太鼓以外に他では見慣れない三味線がお囃子についているのか疑問で
たぶんそうだろうと思ってはいたのですが、やはりむかしは芸者さんがカヤのなかに入って演奏してたんですね。

c0196076_00154929.jpg

こんな描写もあって、ドキリとさせられます・・・

  カヤのなかに入る芸者は、唇を真っ赤に塗って、こってりと白粉を首筋まで塗り
  しどけなく乱れた着物の裾から白い脛をのぞかせて三味線を弾いていた。

ちょっと覗いてみたい気がします(笑)

「百万石まつり」の前身「市祭」の夜、主人公がこのカヤに隠れて駆け落ちするシーンも印象的です。


外様ゆえに幕府の目を盗んで剣術の鍛錬をするために、加賀藩が獅子舞を奨励した、という話は有名ですね・・・

by dendoroubik | 2016-11-16 08:01 | ◆加賀の祭 | Trackback | Comments(4)

c0196076_21542477.jpg


石川県からは「山代大田楽」 山代わざおぎの皆さん。

こちらは伝統芸能というよりも、故・野村万之丞氏(五世)が創作した「楽劇」
「田楽」をアレンジして、現代音楽や中国曲技団の曲芸などを取り入れたものなので
「伝統芸能」という頭で見られた方は、「あれっ?」と思われるかもしれませんが
どこか懐かしさを覚える、楽しいステージでした。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2016-05-29 07:44 | ◆加賀の祭 | Trackback | Comments(2)

深瀬でくまわし

c0196076_11485941.jpg


石川県白山市の深瀬と東二口というふたつの地域で
「でくまわし」という、芸能が伝承されています。
(ともに国指定重要無形民俗文化財)

深瀬の「でくまわし」は、いまから300年以上まえ
冬の地方巡業にきていた大坂の人形遣いの一座が
豪雪で立ち往生していたところをこの村の人々に助けられ
そのお礼として「木偶(でく)」とその「まわし技法」を伝授したものといわれ
一方、東二口では、商売で大坂を訪れた村人が
人形浄瑠璃に感激して、持ち帰り広めたもの、・・・という口承があるそうです。

「でくまわし保存会館」でおこなわれた深瀬でくまわしです。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2016-02-23 22:57 | ◆加賀の祭 | Trackback | Comments(6)

おかえり祭り

c0196076_175825.jpg

石川県白山市美川の藤冢(ふじつか)神社の春祭りは、
「おかえり祭り」という、一風変わった名で呼ばれています。

4年まえにいちど見て以来、
また行きたいと思っていたのですが、
ようやく今年、再訪が叶いました・・・

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2015-05-30 20:43 | ◆加賀の祭 | Trackback | Comments(8)

金沢 百万石行列 2013

c0196076_12552540.jpg

もう1ケ月経ってしまいましたが、
「金沢百万石まつり」のメイン・イベント
『百万石行列』の模様です。

(・・・といっても、この日、午前中に富山で
獅子舞を見た後だったためか、集中力が散漫なうえに、
たまたま空いていた場所から覗いただけなので、
加賀鳶の妙技など、見どころは全てスルーです^‐^;)

先導隊につづいて、これは音楽パレードの一部です。

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2013-07-02 18:50 | ◆加賀の祭 | Trackback | Comments(0)

金沢 加賀友禅灯籠流し

c0196076_23343354.jpg


  
此の川の水は柔かうて、蒼い瀬も、柳の葉の流れるやうだで、女川・・・


泉鏡花が「女川」と表した、ゆるやかな流れの浅野川。
主計茶屋街の紅灯を映すその水面を、灯篭がゆっくりと横切ってゆきます。

ひとつ、またひとつ・・・

それはやがて蛍の大群のように、女川を妖しく、埋め尽くしてゆきました・・・


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2013-06-05 20:00 | ◆加賀の祭 | Trackback | Comments(6)