人気ブログランキング |

カテゴリ:◆京の祭( 58 )

c0196076_06533869.jpg


6月6日は「梅の日」

といっても、虫歯予防デーのような語呂合わせではなく(笑)故事にちなむもので
和歌山県田辺市の「紀州梅の会」が日本記念日協会に申請、2006年に登録された そうです。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2019-06-07 09:00 | ◆京の祭 | Trackback | Comments(4)

c0196076_09223313.jpg


百万遍知恩寺(京都市左京区)では毎年4月23~25日
宗祖法然の遺徳をしのぶ「御忌大会」(ぎょきだいえ)の法要が営まれ
3年に一度、法然生誕の地・岡山県久米南町の誕生寺の練り供養出開帳として
最終日(25日)に「二十五菩薩お練り供養」がおこなわれています。 
菩薩の面をつけた人々がお練りをすることによって
阿弥陀如来が臨終に際し二十五菩薩を従えて来迎する場面を再現する行事です。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2019-05-02 05:02 | ◆京の祭 | Trackback | Comments(0)

年賀状発売PRイベント

c0196076_22262294.jpg


少しまえになりますが、11月1日、京都中央郵便局の年賀状発売イベントを覗いてきました。

そういえば去年も来たな・・・と思っていたら、それは年賀状受付け開始のイベントで
このふたつと「かもめーる」の発売日、年3回、同様のPRイベントがあるのだそうです。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2018-11-12 05:00 | ◆京の祭 | Trackback | Comments(2)

護王神社 亥子祭 後篇

c0196076_09060950.jpg


その夜さり、 亥の子餅参らせたり。
かかる御思ひのほどなれば、 ことことしきさまにはあらで
こなたばかりにをかしげなる桧破籠などばかりを色々にて参れるを見たまひて
君、南のかたに出でたまひて、惟光を召して
この餅、かう数々に所狭きさまにはあらで、 明日の暮れに参らせよ・・・
「源氏物語 第九帖『葵』」


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2018-11-07 05:00 | ◆京の祭 | Trackback | Comments(2)

護王神社 亥子祭 前篇

c0196076_09040972.jpg


亥の月(旧暦の10月)、亥の日、亥の刻に天皇自らが餅をつき(この神事では毎年11月1日)
臣下とともに食することで無病息災を祈願した平安時代の宮中の年中行事『玄猪の式』
これを再現する神事『亥子祭』が、昭和35年から護王神社でおこなわれています。

宮中行事を「再現」する祭りはたくさんありますが、護王神社は京都御苑、蛤御門のすぐ西にあり
最後の『禁裏御玄猪調貢ノ儀』では、朝貢列を組んだ一行が夜の御苑を行くシーンがあったり
リアリティというか緊迫感のようなものが同種にものとは格段にちがうように思えます。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2018-11-06 05:00 | ◆京の祭 | Trackback | Comments(0)

年賀状 発売される

c0196076_09173059.jpg


昨日は各地の中央郵便局ではこの日発売の年賀状のPRイベントが開催されていました。
京都では舞妓さん、大阪では劇団四季「リトル・マーメイド」の出演者、神戸ではタカラジェンヌがPRに登場。
地元滋賀県の大津中央郵便局はというと「うぉーたん」と」「キャッフィ」という、ご当地ゆるキャラ(^-^;

あまりといえばあまりの格差です。 PRっていったって、ゆるキャラは喋れませんしね(笑)

by dendoroubik | 2018-11-03 09:00 | ◆京の祭 | Trackback | Comments(0)

やすらい花 その3

c0196076_22174472.jpg


桜の散る頃、花の精に煽られるように飛散しては、人々を害する疫神。

風流を凝らした「練り衆」は、氏子域をくまなく練り歩き
囃子や舞によってこれを追い立てて、花に見立てた風流傘に吸い寄せるのだといいます。
疫神を憑りつかせた花傘が持ち込まれ、浄化される疫社(えみしゃ)があるのが今宮神社。
というか、平安遷都以前からあった疫社に神殿を造ったのが今宮神社の起源とされています。

「今宮」と「川上」のふたつの保存団体が午後3時頃より「やすらい花」を奉納します。



つづきはこちらから
by dendoroubik | 2018-04-12 09:35 | ◆京の祭 | Trackback | Comments(0)

やすらい花 その2

c0196076_10181764.jpg


同じ「やすらい花」でも「玄武やすらい」と「今宮やすらい」とでは印象がかなりちがいます。
おこなうことは同じですが「練り衆」の行列の装いや、お囃子の文句
なによりも大鬼が飛び跳ねたりする踊りの激しさが際立って異なっているようでした。
そして見物人やカメラマンの数は、圧倒的に多く、この日はNHKの撮影クルーも行列に張りついていました・・・


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2018-04-11 17:02 | ◆京の祭 | Trackback | Comments(0)

やすらい花 その1

c0196076_10121169.jpg


洛北の「やすらい祭」(国指定重要無形文化財)は、春に4つの神社で執りおこなわれています。

葵祭と同日の5月15日におこなわれる上賀茂神社の「やすらい」以外は
4月の第二日曜(かつては陰暦3月10日)にありますので
限られた範囲内でのことと、今回「玄武やすらい」と「上野やすらい」を掛け持ちし
今宮神社に奉納される「川上やすらい」も少し見せていただきました。

しかし「練り衆」を追いかけているうちに、思いのほか歩行距離が長くなり
歩き疲れて帰宅し犬の散歩をしたあと、夕食も摂らずに朝まで爆睡でした(笑)


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2018-04-10 09:49 | ◆京の祭 | Trackback | Comments(4)

c0196076_07135453.jpg

連休がとれたので、年賀状をつくりに単身赴任先から家に帰りました。
1日目は、妻といっしょに山科へ子ども歌舞伎を見にゆき、年賀状はつくれず。
2日目、取り掛かろうとpcのスウィッチを入れ
「京おでかけ」を何気なく眺めていたら、この日京都中央郵便局で
年賀状受付イベントがあることを知り、行こうかどうか5秒ほど悩んだ挙句
午前中には帰宅して年賀状をつくれるスケジュールだったので、思い付きでGO!


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2016-12-17 23:05 | ◆京の祭 | Trackback | Comments(0)