人気ブログランキング |

馬杉の祇園祭 後篇

c0196076_05400576.jpg


このお祭りは「馬杉の祇園祭」ではなく「馬杉の花バイ」という名で知られているのかもしれません。
(大塚虹水氏『続・滋賀の百祭』にも「馬杉のハナバイ」として紹介されています)
「花奪い」だけがおこなわれる祭りは、そう称しても差し支えないかもしれませんけれど
これより先に見た「大原祗園祭」と同じように太鼓踊もあり、むしろそちらの方が印象的で
総代さんの「これで今年の祇園祭は終了です」という最後の挨拶に倣い「馬杉の祇園祭」としました。
(目につく限りでは「馬杉の祇園祭」と表記しているのは橋本猛氏の『ハレの日のこどもたち』だけでした)


つふきはこちらから
by dendoroubik | 2018-08-02 08:54 | ◆近江の祭 甲賀 | Trackback | Comments(2)

馬杉の祇園祭  前篇

c0196076_05371052.jpg


九郷が合同でおこなう盛大な「大原祗園祭」にくらべると
同じ日に上馬杉、下馬杉ふたつの集落が執り行う奥山神社の祇園祭はごくささやかなものです。
でも、郷土色豊かで、何度も訪れたくなるような魅力に溢れたお祭りでした。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2018-08-01 08:24 | ◆近江の祭 甲賀 | Trackback | Comments(4)

大原祗園祭

c0196076_03290329.jpg


連日の猛暑で、各地の夏まつりやイベントが中止になるなか
7月24日、滋賀県甲賀市甲南町馬杉の祇園祭も午後1時過ぎからの行事が中止となり
午後4時に神社でスタートということを現地でお聞きしました。
2時間以上、空き時間ができてしまいましたので、JR草津線を挟んで5キロほど離れた
大鳥神社(同甲賀町鳥居野)の「大原祗園まつり」を少し覗いてみることにしました。
こちらは午後3時から5時くらいがメインの行事がおこなわれます。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2018-07-30 05:22 | ◆近江の祭 甲賀 | Trackback | Comments(0)

祇園祭

c0196076_19211786.jpg

「祗園祭」「祗園さん」といえば、京都の祇園祭を指すことは滋賀県でも同じですが
こと甲賀地方に限っていえば、ちょっと事情がちがうのかもしれません。

伊賀地方北部から甲賀地方にかけて「花奪い(はなばい)」という行事が多くおこなわれ
(ハナトリ、ウチワトリなどとも)これを「祗園祭」と称するところが少なくありません。
京都の「祗園祭」と同じく御霊信仰にもとづく疫神を鎮送する祭りでありながら
その様相は、多くはあの優雅な曳山行事とは似ても似つかない破壊的なものです。

c0196076_19221176.jpg

京都の祇園祭の後祭のおこなわれた24日、甲賀市の祇園祭をふたつハシゴしました。
いや、ハシゴするつもりはなく、未見の「馬杉の祇園祭」を見に行ったのですが
あまりの酷暑で午後1時過ぎからの村立ちが中止になり、4時からの神社での祭典のみおこなわれる
ということを現地でお聞きし、時間が余ったので6キロほど離れた「大原祇園祭」を30分ほど見た
というだけの話です。 こちらは、数年まえにいちど拝見したことがあります。
それにしても、どちらの祇園祭も、花笠を被った子供たち、超絶かわいかったです。
京都の花笠巡行は、同じく酷暑のために中止となってしまいましたけれど。(上:大原 下:馬杉)

by dendoroubik | 2018-07-24 19:39 | ◆近江の祭 甲賀 | Trackback | Comments(4)

矢川神社 七夕まつり

c0196076_0502445.jpg


7月7日は朝から雨。予定していた祭り見物をあきらめて、家で本を読んで過ごしていましたが
夕方に雨があがりそうだったので、甲賀市甲南町の矢川神社の七夕まつりへ。
手筒花火の奉納は、今年で20年目。
梅雨時におこなわれるというのに、なんと一度も雨で中止になったことがないのだそうです。

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2015-07-08 02:30 | ◆近江の祭 甲賀 | Trackback | Comments(11)

黒川太鼓躍り

c0196076_14412157.jpg

滋賀県甲賀市土山町黒川、大宮神社の「黒川太鼓踊り」。

「帯掛ケンケトまつり」は4月23日に近い日曜日、
「黒川太鼓踊り」は4月の第三日曜日におこなわれ、
昨年は同日だったので、午前は太鼓踊り、
午後からケンケトまつりとハシゴができました。
4月20日でしたので、水口まつりもあり、
祭り好きにはなかなかに悩ましい1日でした(笑)

棒振りの奇抜な装束と踊りも目を惹きますが、
上組と下組(集落の区分)が、道中で演じる
「出会い」の儀式が感動的でした。

両者が徐々に近づき、触れるほどまでになるや、
棒が折れるほど激しく打ち合い・・・
しかし、すぐに抱き合って和睦するのです。

ただ、この祭りも、この1枚しか残っていません・・・。
by dendoroubik | 2015-01-14 18:05 | ◆近江の祭 甲賀 | Trackback | Comments(2)

ござれGO-SHU 2014

c0196076_9354726.jpg

疲労が蓄積して、今日こそは家でおとなしく休養しようと決めた休日、
目覚めると、めったにないような完璧な快晴で、
こんな日に家にいるのがもったいないような気がし、
思い直してござれGO-SHUへ出かけました。

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2014-10-14 20:07 | ◆近江の祭 甲賀 | Trackback | Comments(0)

あいの土山斎王群行

c0196076_6455525.jpg

滋賀県甲賀市土山。

今年で17回目を迎える、「あいの土山斎王群行」がおこなわれました。

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2014-03-26 12:08 | ◆近江の祭 甲賀 | Trackback | Comments(2)

天満神社の御弓の神事

c0196076_23252541.jpg

水口の市街地から、東海道を土山へ抜ける途中、
野洲川左岸にひろがる田園地帯、和野。

和野の集落のひとつに、氏子の数、
わずか十戸ほどの天満神社という小さな神社があります。
祭神はもちろん菅原道真。
この神社で毎年1月25日・・・初天神の日・・・
「>御弓の神事」がおこなわれています。

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2013-01-26 13:00 | ◆近江の祭 甲賀 | Trackback | Comments(8)

甲賀 大原祇園祭

c0196076_12292768.jpg


ルールを知らない人がラグビーの試合を観戦しても
円陣を組むことによってどんな進展があるのか・・・訝しく思うことでしょう。
そもそも、このゲームの選手たちは何を躍起になって奇妙なかたちをしたボールを奪い合っているのか?
同じように、この祭りの「花ばい(奪い)」行事や 
「インヨーソーライ」のかけ声で太鼓の胴をいっせいにぶつけ合う少年たちの姿を目の当たりにした人は
彼らが何をそんなに盛りあがっているのか面喰ってしまうにちがいありません。
現代人にとって、祭りの「ゲームの規則」はあらかじめ失われたものではありますが
ラグビーのルールを知らなくても攻撃と防御が一瞬に入れ替わり
動と静、離合と集散がめまぐるしく反復されるゲームを見てやはり美しいと感じてしまうように
祭りはワケがわからなくてもやはり美しい・・・と思います。

大原川流域の九つもの集落(神・いち野・大原上田・大久保・大原中・鳥居野・
相模・大原市場・高野)の人々が結集しておこなわれる壮大な祭りです。

つづきはこちらから
by dendoroubik | 2012-09-03 18:00 | ◆近江の祭 甲賀 | Trackback | Comments(0)