人気ブログランキング |

c0196076_23510100.jpg


ふだんはあまり感じないのですが、同じステージで見較べると、京都と大阪の学生チームはやはり色合いが違うように感じました。
どうちがうかを説明するのはむずかしいですが、京都と大阪の街や人についての一般的なイメージみたいなもんです。
大阪の学生チームが「月の法善寺横丁」を彷彿とさせる(そう感じたのは僕だけかもしれませんが ^-^;)板前の衣装を着たり
えべっさんが登場したり、京都の学生チームが「祗園小唄」や「京ことば」をフィーチャーしたりといった意図的なものだけでなく
ハジケ方そのものに、それぞれの街の匂いが染みついているように感じたのです。 でも、たんなる僕の色眼鏡かもしれません。



つづきはこちらから
# by dendoroubik | 2019-11-18 05:00 | ◆京の祭 | Trackback | Comments(0)

c0196076_09555173.jpg


その興り故にか、どこかしらに郷土色を織り込むことの多いよさこいですが・・・

福井大学チームは踊りや衣装、楽曲よりも最初の挨拶の越前訛りにいちばん郷土色を感じました(^-^
チーム名を紹介されなくても、福井のチームだとわかるくらいで、とても可愛かったです。


つづきはこちらから
# by dendoroubik | 2019-11-17 05:00 | ◆京の祭 | Trackback | Comments(2)

c0196076_23302013.jpg


「よさこい」系とか「YOSAKOIソーラン」系などいわれますが、ちがいがよくわかりません。

ネットで調べてみても、けっきょく「よさこい節」か「ソーラン節」のフレーズを取り入れる
という以外の違いは書かれていません。 なのに「京都の学生はソーラン系が多い」という記事もあり謎です。
このふたつだけでなく、地方のチームはそれぞれ地元の民謡などが楽曲に使われていておもしろいですね。
また、地方の大会では、その土地の民謡のフレーズを入れることが参加条件になっているところもあり
ムリやりネジこんでいるチームがあったりして可笑しいです(^-^

   窓のサンサもデデレコデン ハレのサンサもよいやさのさ!

今年見た富山のよさこい大会で、あるチームの演舞曲にそんなフレーズがあり、笑いました。

京阪神以外のチームを2回にわけて。




つづきはこちらから
# by dendoroubik | 2019-11-16 05:00 | ◆京の祭 | Trackback | Comments(0)

c0196076_09243409.jpg


到着したときにはもうすでに、この会場の正面の席は埋まっていましたので終始、斜めからの観覧でした。
正面から見られたらもっといい写真が撮れたのか、といわれれば決してそんなこともないんですけれど
正面から見ることを前提に構成された踊りを、ずっと斜めから見るというのはけっこうストレスです。
思うように撮れず仕方なしに(?)いつも以上にべっぴんさんを撮ることだけに専心した次第です(笑)



つづきはこちらから
# by dendoroubik | 2019-11-15 05:00 | ◆京の祭 | Trackback | Comments(2)