人気ブログランキング |

2019年 05月 21日 ( 1 )

小松お旅まつり その4

c0196076_05002555.jpg


「小松お旅まつり」は、ほかの曳山子ども歌舞伎にくらべ飛び抜けてイベント性が高く
そのことに少し不満を持つ気持ちもありましたが、最近はちょっと考えが変わりました。
豪華な曳揃えよりも、自町でおこなわれる狂言執行の情緒に魅力を感じていたことが
イベント性が高いことに対する不満の主因でしたけれど、そういった情緒もちゃんと残され
獅子舞が花を打つ風情や、神輿や御神楽の神事色も廃れているわけではありません。
イベントの華やかさに隠れて着目していなかっただけ、といえるかもしれません。

写真を撮るときは、観客が少ない方が都合がいいですが
でも、やっぱりお祭りは大勢のなかで見たい。 ガラガラだとちょっと寂しい。
できれば、その祭りを愛する熱心な観客に紛れて眺めていたいと思います。
小松の観客は、どこよりも芝居熱が高く(と僕は感じます)その嗜好は
イベント性が高くなっても薄れることがない、と気づいたことが考えの変わった理由です。


つづきはこちらから
by dendoroubik | 2019-05-21 05:00 | ◇小松お旅まつり | Trackback | Comments(0)