人気ブログランキング |

湧出宮 女座の祭り

湧出宮 女座の祭り_c0196076_19011231.jpg


近畿地方とくに滋賀、京都、奈良には「宮座」(神職の関係しない村人だけの祭祀集団)
と呼ばれる伝統的な氏子組織に支えられた祭祀行事が、現在もよく伝えられています。

涌出宮の宮座行事は「氏神祭祀の古風な儀礼をよく伝承している典型的な例」
として、国の重要無形民俗文化財に指定されています。(京都府木津川市山城町)
年間におこなわれる祭祀行事は4つあります。

2月 奇祭として知られる「居籠祭り」
9月「あえの相撲」と呼ばれる子供相撲の奉納。
10月「百味の御食」という秋の収穫物を湧出宮に奉納する行事。

3月(春分の日、以前は3月21日)におこなわれるのが
珍しい女性中心の豊穣祈願「神楽座」 通称「女座(おなござ)の祭り」です。




湧出宮 女座の祭り_c0196076_20053282.jpg

JR奈良線、棚倉駅をおりると、道をはさんですぐ東が湧出宮です。

大神をこの地に勧請したところ、一夜にして森が湧きだし四町八反余りが神域となった
というのが「湧出宮」と呼ばれる謂われなのだそうですが
たしかに一晩で湧き出たというような、いかにも唐突な杜という印象を受けました。

湧出宮 女座の祭り_c0196076_20060172.jpg

社頭にも「湧出宮」とありますがこれは通称で、正しくは「和伎座天乃夫岐賣神社 (わきにますあめのふきめ)」
『延喜式神名帳』の「和伎坐天乃夫支賣神社」(山城國相樂郡六座の一)に比定されます。
創建は称徳天皇天平神護二(766)年、伊勢国五十鈴川畔より、天乃夫岐賣命(あめのふきめのみこと)を勧請。
天乃夫岐賣命とは聞きなれない神で、他に例がなく、神社では天照大神の御魂であるとされています。

湧出宮 女座の祭り_c0196076_20062421.jpg

後に宗像三女神(田凝姫命、市杵嶋姫命、湍津姫命)を伊勢より勧請、併祀。
四柱の女神が祀られていることになり、豊穣をもたらす山城国祈雨十一社のひとつとされるのも納得ですね。

湧出宮 女座の祭り_c0196076_20064773.jpg

絵馬に描かれているのは、居籠り祭りのひとコマです。

湧出宮 女座の祭り_c0196076_20070638.jpg

宮司さんに、30年ほどまえに刊行された『季刊民俗学』という雑誌を見せていただきます。

湧出宮 女座の祭り_c0196076_20063743.jpg

「神楽座」(女(おなご)の座)」行事は、湧出宮の8つの座のうち
中村座と岡之座と女性によっておこなわれていましたが現在、岡之座のみに引き継がれています。 
年々、参加者も減り、今年は5名のみの参列ということでした。

湧出宮 女座の祭り_c0196076_20073253.jpg

午前10時頃、岡之座の当家(その年の行事を取り仕切る家)の女性が、神饌、粕酒、なぞらえ物を持ち込みます。

湧出宮 女座の祭り_c0196076_20075376.jpg

なぞらえ物というのは、大根を男根のかたちに切り
先に朱(唐辛子)を入れた供え物。 当家の当主が、その朝、包丁を使って作ります。

湧出宮 女座の祭り_c0196076_20074019.jpg

神饌が末社に供えられます。 本殿にはこの他、米一升と粕酒も供えられます。

湧出宮 女座の祭り_c0196076_20074511.jpg

かつては、当日の朝から当家で男性が女性たちを酒食でもてなし、午後3時頃から神事がはじまったそうですが
住宅事情の変化から料理屋などで饗応となり、やがてそれもなくなって、午前中の神事のみとなったとのことです。

湧出宮 女座の祭り_c0196076_20080571.jpg

午前10時半より祭典。 なぞらえ物が奉納されます。
女神に男のなぞらえ物を供えてその年の豊穣を祈願する、ということでしょうか。

湧出宮 女座の祭り_c0196076_20081478.jpg

修祓。

湧出宮 女座の祭り_c0196076_20082316.jpg


湧出宮 女座の祭り_c0196076_20083012.jpg

祝詞奏上。

湧出宮 女座の祭り_c0196076_20182938.jpg

御神楽の奉納。

湧出宮 女座の祭り_c0196076_20101871.jpg

舞うのは「そのいち」さん。

湧出宮 女座の祭り_c0196076_20085909.jpg

見せていただいた『民族学』誌によると「そのいち」というのは
湧出宮の神事に携わる「与力座」のメンバーの家の娘さんがつとめる巫女のこと、とあります。

湧出宮 女座の祭り_c0196076_20185852.jpg

同じく京都の笠井流の神楽、とありました。

湧出宮 女座の祭り_c0196076_20110919.jpg

鈴祓い。

湧出宮 女座の祭り_c0196076_20112476.jpg

玉串奉奠。

湧出宮 女座の祭り_c0196076_20165180.jpg


湧出宮 女座の祭り_c0196076_20170464.jpg

御供下。

湧出宮 女座の祭り_c0196076_20180046.jpg

酒盃。ひとりずつ前にでて、三枚重ねの盃を手にし
巫女は酒器をもって振り上げるように3度の所作の後、参列者がもつ朱塗りの椀に酒を注ぎます。

湧出宮 女座の祭り_c0196076_20181179.jpg

お神酒を飲み干すと、宮司から御供を受け取って下がります。

湧出宮 女座の祭り_c0196076_20181509.jpg

本殿に一礼して終了です。

湧出宮 女座の祭り_c0196076_20183382.jpg


湧出宮 女座の祭り_c0196076_20183789.jpg

神事のあと、撤饌されます。

湧出宮 女座の祭り_c0196076_20185095.jpg

粕酒をいただきます。

湧出宮 女座の祭り_c0196076_20185558.jpg

かつては、祭典がおわっても、なぞらえ物は本殿に供えたままにされ、子宝を授かりたい女性が持ち帰ったそうです。

トラックバックURL : https://gejideji.exblog.jp/tb/30877952
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by maturi-baka at 2020-03-22 08:59 x
dendoroubikさん
 25日は実家の片づけがあり残念ですが・・
今日の北國新聞に小松お旅は今の所予定通り
らしいです。
 集合練習の模様が載ってましたよ。十二分
に気を付けて練習していらっしゃる様です。
Commented by dendoroubik at 2020-03-22 11:47
☆maturi‐bakaさん

「練習再開」と「予定通り」の新聞の文字がうれしいですね!
振付は4年まえと同じ加能歌舞伎塾の会長さん
踊子は全員 女の子なんですね~~
それにしても 北國新聞と北日本新聞(福井新聞も?)に
毎朝 目を通すとはさすが!
そんな人 他にいませんよ(笑)
Commented by maturi-baka at 2020-03-22 15:09 x
dendoroubikさん
 一年中北陸界隈は気になるもので・・
つい毎朝見てしまいます(笑)
もうかれこれ20年位朝のルーティーンで(笑)
Commented by dendoroubik at 2020-03-22 18:27
☆maturi‐bakaさん

それなのに びわ湖放送とか見ないんでしょう(笑)?
僕も見ませんけど
Commented by u-Brigand at 2020-03-25 06:38
おはようございます。
こうやって神事の写真を見ていると全く知らない
事ばかりだと思います。

ご存知だと思いますが、今週で私のブログは閉じる
こととしました。
日記として活用しているのでまた何らかの形で始め
ますが今のところ何も考えていません。

長らくありがとうございました。益々のご活躍を。
Commented by dendoroubik at 2020-03-25 07:21
☆いちやどさん

おはようございます

毎朝 新聞のお気に入りの欄を読むように
貴ブログを楽しみに拝見しておりましたので
記事を拝見したときは そんな連載が終わってしまうような気持ちでした
また 何らかのかたちで始められる際には
ぜひともお知らせいただければありがたいです

とりあえずは いままでありがとうございました!
Commented by u-Brigand at 2020-03-25 11:21
こんにちは!
以前は多くの方とコメントをしていましたが、今は5名の方のみと
しておりました。
その方々へのお知らせでした。
何度も言っていますように「日記代わり」に使って来たので今後も
続けるつもりです。日記は40年以上も続けているのです。
再開しても今までと何ら変わらないと思います、名前が変わるだけ
です(^^ )
準備が出来ましたらお邪魔します。
Commented by dendoroubik at 2020-03-25 14:14
☆いちやどさん

ちょっと安心しました(´▽`)

日記 というのはわかる気がします
自分もこのブログを 日記というか 備忘録として綴っています
5W1Hではなく イメージの備忘録というか・・・
最初は説明的な文章を省いていたのですが
読み返すと 何を考えてたのかさっぱりわからなくて
こういうくどい 啓蒙的な書き方になってしまいました
でも あくまで自分用で 他人様に何か伝えようという気持ちは希薄です
by dendoroubik | 2020-03-21 09:30 | ◆山城の祭 | Trackback | Comments(8)