人気ブログランキング |

少彦名神社 献湯神楽

少彦名神社 献湯神楽_c0196076_07015221.jpg


先日の夕方、TVで関西ローカルのニュースを見ていると
「新型コロナウィルス拡大の影響で、思いもかけず注目されているもの」
として少彦名神社(大阪市中央区道修町)のことが取りあげられていました。 
こちらの御守が、いまとてもが人気なのだそうです。 

なんとなれば・・・




少彦名神社 献湯神楽_c0196076_06040320.jpg

安政5年(1822年)大坂でコレラが流行した際、道修町の薬種仲間が
疫病除薬として「虎頭殺鬼雄黄圓」(ことうさっきうおうえん)という丸薬を調合。
少彦名神社の神前で祈祷し「張子の虎」とともに罹患者らに配布したところ効験あらたか。

以来、この神社の御守はよく知られるようになったということです。

少彦名神社 献湯神楽_c0196076_06013123.jpg

大阪の難読地名のひとつ「道修町」・・・「どしょう町」と読みます。

少彦名神社 献湯神楽_c0196076_06010790.jpg

道修町は「くすりの町」です。

少彦名神社 献湯神楽_c0196076_06012237.jpg

道修町には江戸時代から薬種商が軒を連ね、18世紀のはじめには「和薬種改会所」設立。

少彦名神社 献湯神楽_c0196076_06012625.jpg

日本で商われる薬種原料は、いったんここに集まり、品質と目方を保証されて全国に流通する
という、名実ともに日本の薬種業の中心地となります。 当時のシェアはなんと90%!

少彦名神社 献湯神楽_c0196076_06014054.jpg

北浜のビジネス街にあって、とくに目を惹くのは
「ダケダ」「シオノギ」「タナベ」といった大手製薬メーカーがその本社を置いていること。
ユニークな商品のネーミングでお馴染みの「小林製薬」も、それまでの雑貨や化粧品に加え
薬品部門を設立する際、名古屋から道修町に進出し、現在もここに本社を置いています。

少彦名神社 献湯神楽_c0196076_06035447.jpg

谷崎潤一郎の名作『春琴抄』のヒロイン、鵙屋琴(春琴)も、道修町の薬種商の娘(次女)という設定です。

少彦名神社 献湯神楽_c0196076_06034498.jpg

「神農」というのは中国の古伝説上の帝王。 
百草をなめて薬草を見分け、医薬の道を開いたされることから、薬種商の守神として信仰されてきました。

少彦名神社 献湯神楽_c0196076_07062554.jpg

道修町の薬種中買仲間の会所にも「神農」が祀られていましたが
安永9年(1780年)京都の五條天神社より医薬神「少彦名命」の分霊を勧請して合祀。
和薬の取り扱いが多くなってきたからでしょうか。

少彦名神社 献湯神楽_c0196076_06053888.jpg

天保8年、大塩平八郎の乱で仲間会所が焼失したり・・・

少彦名神社 献湯神楽_c0196076_06052406.jpg

明治39年には、大阪府より近隣の神社に祭神を合祀するか
独立した神社として継続させるか判断を求める訓令を受けたり・・・(独立した神社として祭神を護持)

少彦名神社 献湯神楽_c0196076_06053325.jpg

昭和20年の大阪大空襲の被害はからくも免れる、といった変遷を経て、現在も医薬業者を中心に崇敬篤い神社です。

少彦名神社 献湯神楽_c0196076_06054452.jpg

午後12時半、浪速神楽の式目の内「湯立」神楽が奉奏されます。
「献湯簿」には大正6年から献湯神楽が執り行われていたという記録が残っているそうです。

少彦名神社 献湯神楽_c0196076_06054883.jpg

熱湯の入った湯釜を御幣で祓って鈴と御幣を持って舞い、塩で祓い、湯釜にお米とお酒を注ぎます。

少彦名神社 献湯神楽_c0196076_06070496.jpg


少彦名神社 献湯神楽_c0196076_06072136.jpg

湯櫃に汲み神職に取り次いで神前にお供え。

少彦名神社 献湯神楽_c0196076_07011719.jpg


少彦名神社 献湯神楽_c0196076_07012185.jpg

神職が本殿で「献湯奉加帳」により各社の社名、氏名を読みながら祝詞を奏上。
巫女は舞衣を脱いで、襷掛けの白衣白袴姿で五葉笹の束を両手で持ち太鼓の音に合わせながら湯立てします。

少彦名神社 献湯神楽_c0196076_07013004.jpg


少彦名神社 献湯神楽_c0196076_07032796.jpg


少彦名神社 献湯神楽_c0196076_07033578.jpg


少彦名神社 献湯神楽_c0196076_07062197.jpg

残ったお湯(湯花)は持ち帰れるそうですが、新型コロナウィルス感染防止のため、今回はNG。
ペットボトル持参のおばちゃんたちも、名残惜しそうに湯釜の残り湯を覗き込んでいました。

少彦名神社 献湯神楽_c0196076_07033902.jpg

つづいて本殿で式神楽が奉奏されます。

少彦名神社 献湯神楽_c0196076_07035522.jpg


少彦名神社 献湯神楽_c0196076_07045329.jpg


少彦名神社 献湯神楽_c0196076_07035156.jpg


少彦名神社 献湯神楽_c0196076_07051769.jpg

最後に参拝者を鈴祓。

少彦名神社 献湯神楽_c0196076_06041270.jpg

新型コロナに効く薬、道修町でつくってくれないかなあ・・・

トラックバックURL : https://gejideji.exblog.jp/tb/30822390
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ruolin0401 at 2020-03-24 10:56
お世話様です
当方ブログにコメントありがとうございます
本日の記事、写真は初めて知る内容でした。
大阪に5年住んでいて少しは知っているつもりでしたが薬にまつわる由来については勉強になりました。
それにしても詳しくご存知で流石だと思います。
Commented by dendoroubik at 2020-03-24 12:46
☆素浪人さん

北浜に三越があったときは 館内の映画館によく通いましたが
その後 まったく縁がなく40年ぶりくらいの訪問でした(笑)
谷崎ファンですので 道修町という名には馴染みがあっても
詳しい歴史は「知っていた」のではなく 今回ネットで調べただけです(^▽^;

それにしても 製薬会社のビルを眺めていると
お馴染みの社名に別な名前がくっついて 合併の嵐ですね~~
Commented by mami-2013 at 2020-03-24 19:33
こんにちは。
昔、JRのウォーキングマップをたよりにこの界隈を歩いたことがあります。
大都会のど真ん中に歴史を感じる建物が点在し
面白かったのですが、こんな情報を知って歩くと尚楽しめますね。
Commented by dendoroubik at 2020-03-25 06:25
☆mamiさん

町あるき 楽しいですよね~~
とくに大阪は お馴染みの企業が多いですから
この記事にも写真をUPしている重要文化財の大店が
あの木工用ボンドの会社だと知って驚く 
みたいなこともよくありますね
 
貴ブログで この界隈を歩かれたときの記事を探してみたのですが
見つけられませんでした(´・ω・`)
Commented by mami-2013 at 2020-03-25 09:43
探していただいてすいません。💦
この時の写真はwordでブログのように整理しただけで
アップはしていないんです。
機会があればアップしますね。
Commented by dendoroubik at 2020-03-25 14:03
☆mamiさん

いえ いろいろ散策できて楽しかったです
また ボチボチ拝見させていただきます(^▽^
北浜(?)版も ぜひぜひUPお願いします\(^o^)/
by dendoroubik | 2020-03-24 10:00 | ◆摂津の祭 | Trackback | Comments(6)