人気ブログランキング |

今年見た祭り 2019 第3四半期

c0196076_19035978.jpg


ひとくちに「まつり」と云っても、勇壮な神輿まつりやだんじり、典雅な曳山まつりや
奇想に満ちた、いわゆる「奇祭」と呼ばれるもの、人知れずおこなわれる民俗行事などさまざまです。

「どんな祭りが好きですが?」と問われて、いくつか例を挙げていくと
「舞踊系がお好きなのですね」と云われることがよくあり、面食らってしまうことがあります。
さまざまな祭りの、いろいろな側面に恋着を感じていて、とくにそれが踊りというジャンルに括られる
という意識が本人にないからですが、例に挙げるものには、踊りの要素が濃いのかもしれません。

第3四半期に見た祭りを改めて振り返ってみると
たしかに「こいつは踊りが好きなのだな」と思われるようなラインナップになっています。
ブログをご覧いただいている方は「踊りというより、べっぴんさんが好きなだけではないのか?」
と思われるかもしれませんが、それは「祭りが好き」ということとは別の次元に属する嗜好の問題です(笑)




【7月】


【みやび会お千度(京都市東山区)】

c0196076_18242444.jpg

舞妓さんの登場するイベントは、どうも現場の雰囲気に馴染めず、もう行くのはやめようと思い
その朝まで行くつもりもなかったのですが、天気予報が好転して気が変わり出かけてしまいました(笑)
前回 行ったときも、そんな風だったような気もします。




【祇園祭(京都市中京区・東山区)】

c0196076_18261182.jpg

山鉾巡行にも行かないくせに「お迎え提灯」を見るなんて
やはり「踊り好き」と思われても仕方ないですね(笑) いや、思われても差し支えないんですけれど。



【関宿祗園夏まつり(三重県亀山市)】

c0196076_18333809.jpg

街並み保存度でいえば、おそらく日本でも屈指の関宿は、観光化されているようでいて日常の匂いがつよく
その普段着な雰囲気が、かえって白川郷や五箇山みたいに観光化されている場所より非日常を感じさせてくれます。
そこでおこなわれる夏まつりも観光的な俗臭とは無縁で、これぞ正しい日本の夏祭り!と思わずにいられません。



【国府夏まつり(愛知県豊川市)】

c0196076_18354422.jpg

昨年の同時期に、これとよく似た「宮道天神社の雨乞いまつり」を見ておもしろかったので訪ねてみました。
どちらも、歌舞伎の装束で練るだけでなく、むかしは芝居もあったみたいです。 再開してもらえないかなあ。





【8月】


【富山まつり(富山市)】

c0196076_18385890.jpg

8月の最初の週末におこなわれる市民イベント『富山まつり』
メインの行事はよさこいですが、土曜の夕刻には城址大通りで恒例の「おわら流し」もあり
今回、越中おわら保存会によるデモンストレーションがありました。


c0196076_18403674.jpg


c0196076_18432431.jpg


c0196076_18432757.jpg



【びわこ大花火大会(滋賀県大津市)】

c0196076_18440320.jpg

滋賀県に移住してから、ほぼ欠かさず、しかも同じ場所から眺めている恒例行事です。



【平野神社 七夕蹴鞠奉納(滋賀県大津市)】

c0196076_18581704.jpg

熱中症の危険を避けるため、不要不急の外出は控えましょう、と云われるなかでこの装束で日中に蹴鞠(^-^;



【福井県立美術館『スーパークローン文化財展』(福井市)】

c0196076_18582045.jpg

失われたり、見ることができなかったり、身近に触れる事のできない文化財を最新技術と手仕事の融合で蘇らせる試み。
「贋作」のレベルを越えて「芸術のDNAまで再現」した、その名もスーパークローン。 迫力ありました。

c0196076_18582457.jpg

この2ケ月後、ふたたび鶴来へ、今度はホンモノの獅子舞を見にゆきました。





【9月】

【おわら風の盆(富山市)】

c0196076_18582619.jpg

今年は9月1日のお昼から2日の明け方まで1日だけの風の盆でした。 で、前夜祭にも一度(笑)

c0196076_18583043.jpg


c0196076_18583375.jpg
c0196076_18583926.jpg

c0196076_04481348.jpg

c0196076_18584562.jpg



【乃伎神社 モロコ祭(滋賀県長浜市)】

c0196076_18584758.jpg

「モロコ祭」を象徴する画像といえば、巫女さんがモロコの入った鉢を手渡すこのシーンになると思います。
ただ、撤饌の際のひとコマにすぎず、祭りのメインは彼女らが舞う「浦安の舞」ということになるでしょう。
集落の人々がそれを楽し気に眺める情景が、ほのぼのとして、印象に残っています。


【城端むぎや祭(富山県南砺市)】

c0196076_18585155.jpg

滞在時間は風の盆よりも短かったのですが、こちらはスケジュールが正確に決められていて
ちょっとした土地鑑さえあれば会場間の移動も計算に入れて見物の計画が立てられますので
歩留まりは良いです。 ただ、あまりタイトなスケジュールを立てると食事もとれません(笑)
それでも、1日だけではすべての町を見ることができませんでした。


c0196076_18585560.jpg
c0196076_18585867.jpg
c0196076_18590046.jpg
c0196076_18590381.jpg
c0196076_18590509.jpg


c0196076_18590604.jpg
c0196076_18591012.jpg


c0196076_18591262.jpg


【安井金毘羅宮 櫛まつり(京都市東山区)】

c0196076_18591659.jpg

拝殿のまわりで、いい場所から見るためにずいぶんと待ちました。
待ちくたびれて、このあとの祇園のまちの練り歩きはパスしてしまいました(^-^;
次回、もし行くとしたらお練りだけを見ようと思います。

トラックバックURL : https://gejideji.exblog.jp/tb/30475275
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hitatinotono at 2019-10-12 05:50
やっぱ~おわらが最高!!
Commented by dendoroubik at 2019-10-12 05:55
☆hitatinotonoさん

おわらもいいけどカレーもね(by ハウスククレカレー)
Commented by ruolin0401 at 2019-10-12 23:26
凄いの一言。
良いですね。
Commented by dendoroubik at 2019-10-13 08:05
☆素浪人さん

おはようございます!
そちらは 台風の影響いかがでしたか?

「凄い」の一語は「バカ」に置き換えても大差ないかもしれませんね(^-^;
ありがとうございます!
by dendoroubik | 2019-10-12 05:00 | ◆今年見た祭 | Trackback | Comments(4)