人気ブログランキング |

鶴来 ほうらい祭 前篇

c0196076_10134343.jpg


石川県白山市鶴来地区で毎年10月初旬に開催される「ほうらい祭り」(金剱宮秋季例大祭および神輿御渡)。

2日間にわたって神輿が町内を渡御しますが、これに随行するのがふたつの獅子方と
曳山やキリコ・・・ではなく、5メートルほどもある巨大な「つくりもの」です。
お題は毎年かわり、今年はゲームのキャラクターの「マリオ」 西遊記に登場する「牛魔王」
戦国武将「直江兼続」時代劇の「座頭市」「棒振り太刀」(獅子舞)
「衣装怪物小町」(たぶん、きゃりーぱみゅぱみゅの「ファッションモンスター」)の6基が登場。




c0196076_08304767.jpg

午前中より本殿で祭典がおこなわれるなか、11時頃に獅子、袴役、囃子方、獏面
「アカバ衆」と呼ばれる小中学生 「つくりもの」をご奉仕する祭員などが神社のある高台へのぼってきます。

c0196076_08294187.jpg

前田氏が金沢に入るまで、鶴来は加賀国の中心として栄えていたといいます。
およそ800年ほどまえに遡るといわれるこの祭りの興りは
あるいは、そのことを念頭に措かないとイメージが湧きにくいかもしれません。


c0196076_08312957.jpg

なぜ、いまきゃりーぱみゅぱみゅ?(笑)

c0196076_09141477.jpg

「つくりもの」には、唐辛子やシシトウなんかが貼り付けられています。
想像するに、むかしは農作物で「つくりもの」を製作し、神に五穀豊穣の感謝を捧げた、その名残りでしょうか。

c0196076_21580055.jpg

神輿の出御まで昼食をとったり休憩になります。

c0196076_09281245.jpg

「獏面(ばくめん)」と呼ばれる異形の露払い。
幼児は彼らを見て例外なくナマハゲを見るが如くマジ泣きですが、小学生には人気者(笑)

c0196076_08310972.jpg

子供を追いかけまわしたり、獅子舞の棒振りに道化のように参加したりもします。
ペシャンコにされた一灯缶を腰から縄に繋げ、けたたましい音を立てながら引き摺って歩きます。
猿田彦の名残り・・・と、観光案内に書かれてますが、ホントかなあ(笑)

c0196076_08345594.jpg

神輿は正午に出御。 露払いの獅子方から順に神輿に随行し、神社と同じ高台にある朝日町を練り歩きます。
しんがりの獅子舞は出発まえに神社まえでひと舞いしていました。

c0196076_10383846.jpg

加賀獅子の多くは、お囃子に笛太鼓だけでなく三味線が加わるのがおもしろいですね。

『廓のおんな 金沢名妓一代記』(井上雪)というノンフィクションによると
曲げた割竹を数本入れて張り、空洞をつくった「カヤ」と呼ばれる麻布の内側に芸者が入って
笛、太鼓、三味線などでにぎやかに囃したてながら大通りから小路へと練り歩いていた、とあります。

三味線はその名残りかもしれませんね。

c0196076_06122608.jpg

鶴来では地方衆はカヤのなかではなく外で囃していましたが
夕方、数分間小雨が降り、そのあいだ三味線の女の子がカヤのなかへ入って演奏していました。
これもまたいい雰囲気でした。

c0196076_09270372.jpg

先の本のなかで「市祭」(「百万石まつり」の前身)の夜
主人公がこのカヤに隠れて駆け落ちするシーンが印象的に描かれていました。

c0196076_10181425.jpg

午後1時すぎ、高台の町の巡行を終えた神輿は「男段(おとこだん)」と呼ばれる
表参道の急勾配の石段を下りてゆきます。 祭りのハイライトのひとつです。

c0196076_08374104.jpg

現在、どこまでその通りになされているかはわかりませんが
神輿を担ぐ白丁衆は一日目は前厄、二日目は後厄の人々でを担うことになっているそうです。 
還御の際は「女段」と呼ばれる石段を上ります。

c0196076_08380789.jpg

神輿を担ぎ白丁衆、つくりもんを担ぐ若衆のかけ声は「ヨーホーライ」 これが「ほうらい祭」の名の由来とのこと。

c0196076_09134039.jpg

夕刻まで、町内の各御祓所で神事をおこなってゆきます。

c0196076_10463094.jpg

9世紀、越前、加賀、美濃の三方からの白山への登拝道は、信仰の拠点としての「馬場」が成立し
加賀馬場の白山本宮は、四十五の神殿仏閣、七社、五院、三箇寺、中宮八院を率いる一大勢力となります。
12世紀には、美濃の長滝寺白山中宮、越前の平泉寺白山中宮とともに比叡山延暦寺の末寺となり
天台宗信仰が広まるにつれ、各地に勧請されていくようになります。

そんななかでおこったのが「白山事件」(1177年)です。

c0196076_09434583.jpg

当時、目代と寺社との寺領荘園を巡る紛争は各地で頻発していたそうですが
国司と目代が西光の子(師高、師経)であること、白山が比叡山の末寺であったことから
後白河院と山門の全面衝突に発展した事件です。
師経が白山の末寺を焼き打ちするという暴挙に激怒した白山の僧侶が山門に訴え
山門は神輿を持ち出して内裏へ強訴。 詳しい事情は省きますが
けっきょく、後白河院は山門側の要求を全面的に受け入れることとなります。

c0196076_22504527.jpg

この事件の「神輿振り」に白山の神輿も加わっており、唯一、凱旋した一基をもってこの祭りがはじめられたということです。

c0196076_10504831.jpg

神輿につづいて、露払いの獅子方が脇のスロープから下りてきて、鳥居まえで獅子舞が演じられます。

c0196076_09142222.jpg


c0196076_10461887.jpg

つづいて、つくりもんが順に下りてきて、やはり鳥居まえで気焔を吐きます。

c0196076_10460388.jpg

しんがりはもうひとつの獅子舞です。

c0196076_09434023.jpg

神輿、獅子方、つくりもんが半日かけてゆっくりと町を練ってゆきます。

c0196076_10135796.jpg

ご祝儀の出た家では門付(?)がおこなわれます。

c0196076_09133418.jpg

〽肩入れて 腰入れて チ●ポ入れて(笑)

c0196076_08294650.jpg

〽ハーアアーアめでためでたのヨーホーライ  
 ソラヨイトコセー ヨーイヤナー   
 めでためでたの 若松様よ 枝も栄えて 葉も繁る   
 ヨイホイトーコセーホイトコセー 
 ヨッサ ヨッサ 

 こんの舘はめでたい舘 鶴が御紋に巣を架ける

c0196076_23034565.jpg

・・・と、これは、つくりものを担ぐときやご祝儀をもらったときに唄われる正調の「ほうらい祭り唄」ですが
ちょっと卑猥な替え唄もあり、むしろ、そちらの方をよく耳にしたような気がしないでもありません(笑)

c0196076_08325853.jpg

〽チ●ポの輪切りをサシミにして・・・みたいな歌詞です(笑)

c0196076_09135772.jpg

加賀藩は外様ゆえに、剣術の稽古を密かにおこなうために獅子舞を奨励した
と、数年まえに『世界ふしぎ発見』というTV番組で紹介されていました(笑)

c0196076_09271640.jpg

ホントかどうかは知りませんが、同じ「獅子殺し」を主題にしていても
お隣の富山県西部の獅子舞にくらべて、演劇的要素というか物語性に乏しく
代わりに剣戟やアクションの息もつかせぬ連続で魅せる加賀獅子を見ていると
そういうこともあったのかもしれないな、と妙に納得させられてしまいます。

c0196076_10134700.jpg


トラックバックURL : https://gejideji.exblog.jp/tb/30474486
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by minoru2703 at 2019-10-07 10:12
こんにちは
金沢に住んでいて昨日も鶴来町は通ったけどこの祭りは見に行ったことありません
地元の人でも知らない人が多いのに良くご存知ですねえ
あなたの写真見て見に行けばよかったと思っってます
来年は是非行きたいです
Commented by dendoroubik at 2019-10-07 10:49
☆minoruさん

コメントいただきましてありがとうございます!

先日 貴ブログを拝見していて
小松の基地のことを書かれているのを目にし
どのあたりにお住まいなのかと思っておりました(^-^
8月にも白山の神社や獅子ワールド館を訪れ 今年2回目でした(笑)

この祭は はじめてでしたが 小松のお旅まつりで毎年お会いする方など
おふたりの方とお会いしましたが 毎年 通われているとのことでした
とくに祭がはじめるまえ 午前中 神社あたりの雰囲気が愉しく
お近くですので 来年はぜひご覧になってください
Commented by cfc999 at 2019-10-07 10:55
dendoroubikさん、おはようございます。
  今度は鶴来までお出ででお疲れ様です。

  昔から新聞等で作り物の写真を見ても
  小さな町のお祭りなので別に気にもかけず
  これまで祭りは見た事も無くバイパスが出来てからは
  街中を通らず単に通過するだけでした。

  来年祭りに行こうかな?です。^^;
  
  いつもイイネをありがとうございます。^^
Commented by dendoroubik at 2019-10-07 11:14
☆cfc999さん

おはようございます

盛大な祭りですよ(笑)
1日じゅう(2日間)楽しめる祭りでしたし 加賀獅子もすばらしかったです
あの「つくりもん」が ちょっと現代的すぎて興を削がれる人がいるかもしれませんが
これを担ぎ出して大騒ぎする風情は
きっと 昔も変わらなかったんじゃないかと思います

でも たしかに見物客は少なかったです
あんまり多すぎるのも困るのですが もう少し多い方が盛りあがるのですが・・・

来年はぜひ参加して盛りあげましょう\(^o^)/
Commented by ei5184 at 2019-10-07 17:37
マタマタ面白いお祭りを有難うございました。
願わくば 18禁 の中も観たかった(笑)

週末からの台風接近が気がかりですね!
Commented by dendoroubik at 2019-10-07 18:09
☆eiさん

なかなかの奇祭で楽しかったです(^-^
18禁のなかは 北斎の「蛸と海女」でした
のれんを捲るとき まわりの目がちょっと気になりました(笑)

村国座は屋内ですけど 交通に支障が出るようだと困りますね
月曜日は朝から晩まで米原で子供歌舞伎を見るつもりです
このときには台風一過となってるでしょうか

あっ そうそう!
米原の「曽我物語」は団四郎師匠振付となっていますが
フェイスブックの写真を見てると岩井小紫師匠が稽古をつけてるんですよ
ピンチヒッター? 何かあったのでしょうか・・・
Commented by renchiyan4 at 2019-10-08 05:20
おはようございます
ほうらい祭り行かれたんですか 私地元にいながら久しく行っ
ていません 獅子舞見応え有りますね
Commented by dendoroubik at 2019-10-08 08:08
☆renchiyanさん

おはようございます

8月につづいて二度目のお邪魔をさせていただきました(^-^
つくりもんや神輿が主役の祭りで それぞれ良かったですが
やはり 獅子舞がお気に入りです
獅子を囃す女の子たちが 時折 唄う唄の澄んだ響きも忘れられません
Commented by yuki0901671 at 2019-10-08 08:50
こんにちは。
こりゃまた色っぽい人形ですね。わが家にも欲しいくらいです。(かみさんにたたき出されるかも)www
Commented by maturi-baka at 2019-10-08 09:22 x
dendoroubik さん
 ほうらい行かれましたか。
替え歌と申しましょうか色っぽいもの多く
ニタニタしますね。
 初めて見たとき妻と一緒でニタニタしてました。
先日の若狭の子宝祈願の祭りも・・・
 本当に日本は昔はおおらかないい所で(笑)

Commented by dendoroubik at 2019-10-08 11:15
☆Niku0901さん

どうして今この人がお題になったのか
いくら考えてもわかりませんでしたが
たしかに モデルになった歌手よりも色っぽい(^-^
全長5メートルといいますから わが家にはムリです(笑)
Commented by dendoroubik at 2019-10-08 11:19
☆maturi-bakaさん

おそらく・・・とは思ってましたが
やはり 行ってはりましたか(^-^
替え歌もよかったですが 先導する自動車に
「べべ すき~」(笑)とか 春画とかが描かれていて
これも自分の好みにピッタリでしたw
おわらでもそうですが 祭りからはだんだん
猥褻なものを排除されていってますね
Commented by ruolin0401 at 2019-10-08 18:33
お世話様です
前回は富山も祭礼模様でしたが、
今回は石川ですね。
行動力に感心しています。
当方も富士山という一つのテーマにこだわって撮りブログを展開していますので、
貴殿の日本文化の祭礼行事等への思い入れに敬意を表します。
Commented by dendoroubik at 2019-10-08 19:35
素浪人さんこそ ひとつのテーマに果敢に挑戦され
四季折々 さまざまな富士の姿を描き出され
その情熱と伎倆に畏敬の念を抱いております
当方はただ好きなものを好きなように見ているだけで
何の使命感もない たんなる道楽です(^-^;
ただ 自分自身も知らない日本と日本人の奥深さに
触れてみたい・・・という欲望はあります
Commented by 清水 at 2019-10-08 22:20 x
この時期の北陸は天気の悪い日が多いので心配でしたが
天気予報がだんだん良くなりカメラをぬらさずに済みました

御神輿が男段を下りるころ
私は朝日町でカレーライスを食べていました
毎年恒例なので男段で御神輿を見た事が有りません(^-^;

今年はうれしかったことが一つ
小学生の頃から写真を写させていただいている男の子が
去年お会い出来なかったので
今年、自宅にお伺いしたら
なんと!パパになっておられました
まだ生後一か月でしたが早速抱かせていただきました
自分の孫が一人増えたようでうれしかったです
Commented by iwamoto at 2019-10-09 07:19 x
初めまして。
renchiyan4さん経由です。
市民ケーンのスチルのことを書いてらしたようです。
その写真自身のことですか。
それとも、それを盗むシーンのことですか。
どちらがご自分の写真に影響したのでしょうか、と興味が湧きました。
Commented by dendoroubik at 2019-10-09 08:11
☆清水さん

先日はおつかれさまでした

小学生の頃から知ってる子がパパになってたなんて感動モノですね
長くつながってないと ありえないことだと思います

当初は雨予報で 今年はダメかと諦めかけていましたが
晴れ間も見えるくらいの好天でよかったですね いいお祭りでした
次回は最終日の「見送り獅子」をぜひとも見たいものです
まか 帰るのが遅くなりそうです(^-^;
Commented by dendoroubik at 2019-10-09 08:27
☆iwamotoさん

はじめまして 
コメントいただきまして ありがとうございます!

トリュフォーと書いただけなのに『アメリカの夜』で
『市民ケーン』のスチールを盗むシーンがわかるなんて かなりの映画通とお見受けしました!
『大人は判ってくれない』でもベルイマンのスチールが登場してましたね
写真そのものというよりも 映画への偏愛が
盗むという行為に至る心理に共感するのです
写真をベタベタ貼り付けるブログをやっていながら
いまだに写真そのものにはあまり興味がありません
ただ 祭への偏愛が そんなことをさせている というところが
その共感と同じだ という意味です
写真を褒められるより その祭に興味を持ってもらう方が嬉しいです(笑)
by dendoroubik | 2019-10-07 09:08 | ◆加賀の祭 | Trackback | Comments(18)