人気ブログランキング |

小松お旅まつり 2019 その3 お練り ~京町~

c0196076_10471800.jpg


当番のふたつの町のお練りは同時刻に出発しますので、両方を見ることはできません。
大文字町が本折日吉神社へ向かうまえに菟橋神社へ向かうと
到着してほどなくして自町のお練りを終えた京町の一行がバスでやってきました。




c0196076_05511331.jpg

『曳山八基祝い唄』に「一番山の京町は」と謡われるのはこのようないわれがあるそうです。

現在のような輪番ではなく、十基あった曳山のすべてで狂言が執行されていたとき
もっとも人気が高かった上演場所がお城の正面広場の大手前。 京町はそのすぐ隣に位置し
まずここで上演することが慣いになっていたということです。
京町がここを移動しない限りつぎの曳山が通ることができないことから自ずと順番が決まり
それゆえに「一番山」と呼び慣わされるようになった、ということです。

c0196076_10523390.jpg

京町の芸題は『恋飛脚大和往来 封印切の場』 昨年の垂井で見たばかりの演目で
ちなみに大文字町の『碁太平記白石噺 新吉原揚屋の場』は今年の長浜で1ケ月まえに見たばかり。

c0196076_10430893.jpg

どちらもすばらしい出来でしたので、どんな感じだろうとくらべてしまいたくもなります。

とくに垂井の忠兵衛と八右衛門は、いままで見た子ども歌舞伎のなかで
いちばん演技が巧かったんじゃないかと思うほど達者な子どもたちでした。

c0196076_10432759.jpg

しかし、実際に観た感想を先に言うと、小松の2本もとてもすばらしかったです。

男の子が演じるのと女の子が演じるのとでは自ずから趣きも異なり
そのなかでどちらも最高のものを見せていただいたという充実感があり
そもそもくらべるなんていうのが野暮なことだと、改めて思い直した次第です。

c0196076_10435075.jpg

禿 たより(小学校3年)

c0196076_10440615.jpg

仲居 お咲(小学校4年)

c0196076_10442094.jpg

槌屋 治右衛門(小学校3年)
井筒屋 おえん(小学校4年)

c0196076_10443220.jpg

丹波屋 八右衛門(中学校2年)さんの怪演には助演男優賞を贈りたい! いや女優賞? (笑)

c0196076_10450472.jpg

遊女 梅川(小学校5年)と・・・

c0196076_10452405.jpg

亀屋忠兵衛(中学校二年)のキレイなコンビにはつづけて『新口村』も演ってほしい!(笑)

c0196076_10460671.jpg

本殿へ参拝。

c0196076_10463981.jpg

踊り子(子ども役者)を中心に三役、若連中の記念撮影。
振付の市川団四郎師匠と太夫の竹本越孝さん(右端)のコンビが見られるのも小松のお楽しみですね。

c0196076_10473609.jpg


c0196076_10480790.jpg


c0196076_10481776.jpg


c0196076_10483891.jpg

このあと市役所へ市長を表敬訪問、午後から初めての曳山上での公演と大忙しですが、ともかく暑かった。

c0196076_10424969.jpg


トラックバックURL : https://gejideji.exblog.jp/tb/30277148
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by cfc999 at 2019-05-18 12:02
dendoroubikさん、おはようございます。
 今年もまた dendoroubikさんの記事を見ながら
 行ったつもりになって楽しめました。^^;

 だって詳しく丁寧な解説付きですもの・・・
 ぼっんと行っても何も分からないと思いますから・・・ね、(^_-)
 
 いつもイイネもありがとうございます。^^
 
 
Commented by dendoroubik at 2019-05-18 17:41
☆cfc999さん

行ったつもりになるより 車で40分ほど走って
ぜひ 小松へ行ってくださいよ~~(^0^
地元の百万石まつり・・・も行かれないんでしょうね(^-^;
cfc999さんの祭り 見てみたいなあ・・・

自分の楽しみのためだけにやってるブログですけれど
楽しんでいただけたとしたら望外のよろこびです
by dendoroubik | 2019-05-18 05:00 | ◇小松お旅まつり | Trackback | Comments(2)