人気ブログランキング |

垂井曳山まつり 2019 その2 中町『碁盤太平記 山科閑居 大石妻子別れ』前篇

c0196076_16545562.jpg


今年の中町の芸題『碁盤太平記 山科閑居の場 大石妻子別れ』

子ども歌舞伎でもその上演回数の多さが、おそらく五指に入る人気の演目です。
さらに東町の芸題が、これは三指に入る人気の『仮名手本忠臣蔵七段目 祗園一力茶屋の場』
『仮名手本忠臣蔵』は近松門左衛門の『碁盤太平記』をいわば換骨奪胎した作品で
しかも、同じように京都時代の内蔵助が討ち入りを決意する場面を描いていますので
見比べる楽しさがありました。 でも、これは意図的なのでしょうか、それとも偶然?




c0196076_16362398.jpg

一番軕、中町・紫雲閣では三番叟。

c0196076_16363305.jpg

どこかで見覚えのある顔。 そう、昨年の『封印切』で憎々し気な八右衛門を見事に演じた少年です。
今年の狂言では萱野三平との二役を演じていました。 芸達者な男の子ですね。

c0196076_16373272.jpg

主君が無念の切腹を遂げたあと、城を明け渡した大石内蔵之助。
山科の閑居で、仇敵どころか周囲も呆れるくらいの遊興三昧の日々を送っています。

「祇園町からの誘いかと思えば江戸表の朋輩からの書状。 かようなものは見るには及ばず」

主税から手渡された書状も中味も読まずに握りつぶしてしまう有様。

c0196076_16463521.jpg

但馬から、主君の仇を討つことを督促するために山科閑居を訪ねてきた妻、りく。 

c0196076_16462787.jpg

主君の仇敵もえい討たず その日を優美に暮らす卑怯者、臆病者。

c0196076_16380983.jpg

夫に意見することもできず、主税に言い含めるりく。 遠まわしに罵られ顔を隠す内蔵助・・・

c0196076_16382349.jpg

仕損じれば世間の笑いもの。 見事仕遂げても畢竟切腹。 なにもしないが上策というもの。

c0196076_16383804.jpg

夫には言いにくかろうと、りくといっしょに京へ上ってきた母、千寿は
不甲斐ない息子を亡父の位牌で打ち据え、碁石を投げつけて折檻します。

c0196076_16385756.jpg

見下げ果てたる犬畜生。

c0196076_16391367.jpg

なおも言い募るりくに・・・

c0196076_16465879.jpg

賢女かな、賢女かな。

c0196076_16470244.jpg

内蔵助は離縁を言い渡します。

c0196076_16464549.jpg

とっとと出てゆけ、出てゆきゃれ。

c0196076_16464944.jpg

最前よりのお言葉 あまりにもおいたわしい・・・

c0196076_16394894.jpg

愛想もこそも尽き果てた。
かような場所に一刻でも居るは身の穢れと、千寿とりくは席を立ちます。

c0196076_16513199.jpg

ふたりの後ろ姿を、悲しげに見送る下男、良助。

c0196076_16515988.jpg

その夜・・・

c0196076_16511682.jpg

灯籠のわずかな灯りで、なにやら書状を読む良助。

c0196076_16524788.jpg

良助。 そちゃ字が読めるか。

c0196076_16530743.jpg

字が読めないはずの良助が隠れて書状を読んでいたことを怪しんだ主税は
「吉良の間者であろうがな」と斬りつけます。

c0196076_16542349.jpg


c0196076_16534648.jpg

良助を斬り下げ、とどめを刺そうとしたそのとき・・・

トラックバックURL : https://gejideji.exblog.jp/tb/30276015
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tora003 at 2019-05-19 21:07 x
待ってました!
いよいよ本編の始まりですね。
「山科の別れ」は数年前の記事に登場する長浜と米原の演技を見比べるのも面白い。
今回は大石内蔵助、萱野三平役の千両役者とともに大石主税の美少年振りが印象に残っております。
偶然なのか示し合わせたのか分かりませんが忠臣蔵のファンにとってはたまりません。

Commented by dendoroubik at 2019-05-19 22:27
☆toraさん

3つの町が 毎年歌舞伎を演ってくれる垂井は さながら
松竹映画に原節子や笠智衆 東映時代劇に千恵蔵や錦之助
日活に裕次郎がいつも登場するように お馴染みの子が出てきて楽しいですね!

忠兵衛=内蔵助 八右衛門=三平コンビは いままで見たなかで最高!
しかし一力茶屋の由良助おかる平右衛門トリオも
勝るとも劣らないバツグンのたたずまいでシビレましたね!
by dendoroubik | 2019-05-19 05:00 | ◇垂井曳山祭 | Trackback | Comments(2)