人気ブログランキング |

百万遍知恩寺 二十五菩薩お練り供養

c0196076_09223313.jpg


百万遍知恩寺(京都市左京区)では毎年4月23~25日
宗祖法然の遺徳をしのぶ「御忌大会」(ぎょきだいえ)の法要が営まれ
3年に一度、法然生誕の地・岡山県久米南町の誕生寺の練り供養出開帳として
最終日(25日)に「二十五菩薩お練り供養」がおこなわれています。 
菩薩の面をつけた人々がお練りをすることによって
阿弥陀如来が臨終に際し二十五菩薩を従えて来迎する場面を再現する行事です。




c0196076_09182721.jpg

10時過ぎ、僧侶さんらが阿弥陀堂御堂へ。 法要がおこなわれます。

c0196076_09231234.jpg

10時半、梵鐘が搗かれお練りがはじまります。 この鐘は供養のあいだ鳴らされつづけます。

c0196076_09185567.jpg

雅楽の先導で二十五菩薩が阿弥陀堂から
あの世とこの世とのあわいといわれる御影堂へとつづく参道をすすんでゆきます。

c0196076_09191511.jpg

菩薩面には穴がなく前が見えませんので、右側に介添えの方がついています。

c0196076_09200013.jpg

だから、写真を撮るなら左側に陣取らなきゃいけませんね。 ボケてました(笑)

c0196076_09193167.jpg

二十五菩薩がズラリと並ぶ写真は撮れませんでしたけれど、たしかに迫力があります。

c0196076_09213299.jpg

御影堂に上がり・・・

c0196076_09223830.jpg

時計まわりに周回。

c0196076_09220834.jpg


c0196076_09225051.jpg

菩薩の後には僧侶がつづき「南無阿弥陀仏」と書かれた蓮の花弁形の五色の紙を散華。

c0196076_09230775.jpg

堂内で御忌の法要。 その後、「南無阿弥陀仏・南無阿弥陀仏」と、唱えながら大念珠の数珠繰りがあります。

トラックバックURL : https://gejideji.exblog.jp/tb/30246762
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by dendoroubik | 2019-05-02 05:02 | ◆京の祭 | Trackback | Comments(0)