生國魂神社 鞴祭・刀剣鍛錬神事

c0196076_16094205.jpg


旧暦の11月8日は、各地で「鞴(ふいご)祭り」をおこなう風習があるのだそうです。

鍛冶屋、鋳物師など鞴をいる人びとがこの日ばかりは仕事を休んで鞴を清め
注連縄を張ってお神酒や餅、みかんなど供物を供える、というものです。
火の安全と仕事の繁栄を祈願する、という意味合いがあるのだと思います。

なぜ、みかんを供えるのかについては諸説あって
曰く、11月8日の卯の刻に鞴が天から降ってきてみかんの木に引っかかっていたという伝承に由来する
あるいは鍛冶屋は庭にみかんの木を植えることがなく、これを供えるのは殊更に休日を意味するとか
はたまた、精錬される玉鋼がみかんに似ているから、などさまざまです。
京からはじまったこの民俗行事は、とくに江戸で盛んだったらしく
この日、往来にみかんを撒いて子供たちに拾わせる、というような風習が定着していたようです。
若き日の紀伊国屋文左衛門が、その年大豊作だったにもかかわらず嵐で航路が閉ざされ
価格が大暴落していたみかんを大量に買い付け、オンボロ船を仕立てて江戸へ運び
莫大な財を成した話は有名ですが、これも「鞴祭り」の風習があってのことだったんですね。




c0196076_18155278.jpg

でも、それだけ盛んだったという「鞴祭り」のことって、あまり聞かないですね。

おそらく、名曲『村の鍛冶屋』が「鍛冶屋が槌音を立てて働く光景が、児童には想像が難しくなった」
という理由で文部省の小学校学習指導要領の共通教材から削除された(昭和52年)のと同じ理由なのでしょう。
鍛冶屋さん、ってものがなくなってしまった。 いや、僕だって見たことありませんよ(笑)
鉄工所なんかで、ボイラーにお札を貼ったりするという風習はあると仄聞しますけれど
日本から消えてしまった風習のひとつといえるかもしれません。
ただ、稲荷神が鍛冶の守護神といわれたことから、お稲荷さんとこの行事が結びついて
「お火焚祭」として伝承されているところは多く、こちらはこの時期、いまでも盛んにおこなわれています。
つとに有名なのは11月8日におこなわれる伏見稲荷大社の祭りですね。

一方、生國魂神社(大阪市天王寺区)の8つの境内摂社のうち、日本で唯一そのものズバリ
「鞴神社」という名を持つ神社では、この日に「鞴祭り」がおこなわれています。
大坂天満は鞴生産の一大産地であり、その職人たちにより建立された神社ともいわれます。
天満と生玉さんとは4キロほど離れていますが、地下鉄谷町線に乗ればすぐですからね(笑)

c0196076_18155240.jpg

ちょっと話は逸れますが、鞴神社の北には「浄瑠璃神社」という、これも珍しい神社が鎮座します。
近松門左衛門をはじめ文楽関係の諸霊をお祀りする神社です。

c0196076_18155328.jpg

「曽根崎心中」の生玉の段は生國魂神社が舞台。

c0196076_18155289.jpg

境内には地元の文士、織田作之助や・・・

c0196076_18155321.jpg

井原西鶴の像があります。

c0196076_18165579.jpg

午前11時より、鞴神社例祭がおこなわれます。

c0196076_18165637.jpg

30分ほど祭典があり、その後 火入れの儀。 

c0196076_18165676.jpg

鞴神社から智火を頂き、松の炭、鞴で火おこしします。

c0196076_18165687.jpg

鋼(はがね)、授与の儀。

c0196076_18165707.jpg

刀剣鍛錬神事が始められます。 

c0196076_18165692.jpg

実演をされるのは、刀匠会近畿支部の方がた。

c0196076_18175005.jpg

製錬した鋼を2人が交互に叩きます。 トンカントンカンと、ここが最大に魅せ場です。

c0196076_18175002.jpg

少し叩いては鋼を火の中に、これを幾度も繰り返します。

c0196076_18175095.jpg

しばしも止まずに槌打つ響 飛び散る火の花 はしる湯玉
ふゐごの風さへ息をもつがず 仕事に精出す村の鍛冶屋

c0196076_18183974.jpg

刀鍛冶と村の鍛冶屋をいっしょにしちゃいけませんね(笑)

c0196076_18183919.jpg

でもこのリズム感と緊迫感は、この歌そのもの。

c0196076_18183968.jpg

鋼が平らになってくると仕上げです。

c0196076_18184065.jpg

最後は刀匠がひとりで叩き、水のなかに何度が入れてかたちを整えて終了です。

c0196076_08042379.jpg


c0196076_18184024.jpg

仕上がった鋼が祭壇に奉納されます。

c0196076_18184093.jpg


民俗行事としての「鞴祭り」は、鍛冶屋、鋳物師の衰退とともに廃れてしまった感がありますが
北播磨の三木市や、鋳物師の町として現在も命脈を保つ、越中高岡の金屋町などでも
毎年、祭りがおこなわれているようです。 いつかまた訪ねてみたいと思います。

トラックバックURL : https://gejideji.exblog.jp/tb/29837288
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by dendoroubik | 2018-11-09 22:47 | ◆摂津の祭 | Trackback | Comments(0)