人気ブログランキング |

護王神社 亥子祭 前篇

c0196076_09040972.jpg


亥の月(旧暦の10月)、亥の日、亥の刻に天皇自らが餅をつき(この神事では毎年11月1日)
臣下とともに食することで無病息災を祈願した平安時代の宮中の年中行事『玄猪の式』
これを再現する神事『亥子祭』が、昭和35年から護王神社でおこなわれています。

宮中行事を「再現」する祭りはたくさんありますが、護王神社は京都御苑、蛤御門のすぐ西にあり
最後の『禁裏御玄猪調貢ノ儀』では、朝貢列を組んだ一行が夜の御苑を行くシーンがあったり
リアリティというか緊迫感のようなものが同種にものとは格段にちがうように思えます。




c0196076_09024634.jpg


c0196076_09034011.jpg

17時から護王神社の本殿にて『本殿ノ儀』 17時半より『御舂ノ儀』がおこなわれます。
神事のまえに、五人の「奉仕女房」の記念撮影などがおこなわれていました。

c0196076_09024786.jpg

『本殿ノ儀』と呼ばれる祭典は本殿のなかでおこなわれるため、見物客には見えません。
ただ、客席のテントの内側にライブ映像が映し出されていて様子を伺うことができます。

c0196076_09034193.jpg

神事に先立ち、五人の奉仕女房がしずしずと舞殿に現れ、ひとりひとりのプロフィールが紹介されます。

c0196076_09040900.jpg

「趣味はウィンド・ショッピング」みたいな紹介をされますので
典雅な雰囲気とのギャップからか、見物客から和やかな笑いが漏れます(笑)

c0196076_09041055.jpg

五人の奉仕女房が着座し『御舂ノ儀』がはじまります。

c0196076_09041051.jpg

天皇役をつとめる宮司さんが登壇。

c0196076_09043993.jpg

つづいて殿上人(神職さんたち)が奉仕女房のまえに着座します。

c0196076_09043935.jpg


c0196076_22392255.jpg

一ノ女房が臼、二ノ女房が杵、道具が運び込まれます。

c0196076_09044075.jpg

三ノ女房が粉餅・・・

c0196076_09044058.jpg

四、五ノ女房が捧げ持つのは水筒です。

c0196076_09050956.jpg

これは餅を搗く際に臼に注ぐ実用的なものですが・・・

c0196076_09050906.jpg


c0196076_09050987.jpg

つづいて運び込まれる白菊、双葉紅葉、鴨脚、忍草などは実用に供されない、おそらく儀礼的なものだと思います。

c0196076_09051082.jpg


c0196076_09051039.jpg

最後に軒忍が飾られ準備が整います。


トラックバックURL : https://gejideji.exblog.jp/tb/29824020
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by dendoroubik | 2018-11-06 05:00 | ◆京の祭 | Trackback | Comments(0)