人気ブログランキング |

おわら風の盆 2018 お天道様の下で 前篇

おわら風の盆 2018 お天道様の下で 前篇_c0196076_10135216.jpg


1日と2日は、おおむね午後3時頃から6時くらいまで輪踊りやまち流しがおこなわれます。
そのなかで見たものをいくつか・・・




おわら風の盆 2018 お天道様の下で 前篇_c0196076_10135214.jpg

青年女子の衣装で、おわら節の歌詞が書かれていないのは鏡町とこの東町だけ。
それだけでなく、このふたつの町の衣装は異彩を放つ両雄といえるかもしれません。

おわら風の盆 2018 お天道様の下で 前篇_c0196076_10135275.jpg

もともと花街だったという鏡町の衣装が、その遺風を継ぐかのようにちょっと婀娜っぽいのに対して
旦那町と呼ばれるほど大店の連なっていたという東町の衣装は同じ意図からか、どこかお嬢様風。

おわら風の盆 2018 お天道様の下で 前篇_c0196076_10135359.jpg

色合いも他の支部と見紛いようがありませんが、黒帯ではないのも東町だけ。 黒に金銀の市松模様です。

おわら風の盆 2018 お天道様の下で 前篇_c0196076_10201153.jpg

他よりも袖が長いのが、お嬢様風の印象をつよくしているのかもしれません。

おわら風の盆 2018 お天道様の下で 前篇_c0196076_10201179.jpg


おわら風の盆 2018 お天道様の下で 前篇_c0196076_10201293.jpg


おわら風の盆 2018 お天道様の下で 前篇_c0196076_07415510.jpg

toraさんのブログによると、今町と諏訪町の青年女子の衣装を見分けられたら通なんだとか。

おわら風の盆 2018 お天道様の下で 前篇_c0196076_06273030.jpg

肩口の模様がちがうのと、帯締、帯あげが黄色が諏訪町で赤色が今町というのが見分け方。
諏訪町と保存会の青年女子の衣装の方がよく似ていて、帯締も同じ赤色ですが帯あげが黄緑色。 
風の盆には登場しませんので、見間違えようもありませんけれど(笑)

おわら風の盆 2018 お天道様の下で 前篇_c0196076_07415574.jpg

では、赤い帯締に黄色の帯あげ、この衣装はどこの支部でしょう?

おわら風の盆 2018 お天道様の下で 前篇_c0196076_06273129.jpg

正解は八尾高校の郷土芸能部の皆さんでした(笑) 
数年まえから、風の盆本番にも登場。 いまや有料演舞場にも登場するほどの実力です。


トラックバックURL : https://gejideji.exblog.jp/tb/29726729
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by dendoroubik | 2018-09-18 05:00 | ◇おわら風の盆 | Trackback | Comments(0)