出町子供歌舞伎曳山祭 その5 「釣女」

c0196076_07181782.jpg


日中『太十』を上下のべ4回上演し
夜には同じ役者による『釣女』が2回上演されるという豪華2本立てです。
向かって左から「醜女」は「武智光秀」 「太郎冠者」は光秀の母「皐月」
「大名」は光秀の妻「操」 「上臈」は十次郎の許婚「初菊」役の子供たちが演じています。

つまり光秀は母と、光秀の妻は息子の許婚と結ばれることになります(笑)




c0196076_06562740.jpg

さる地方の大名(豪族)が、この年になってもまだ定まった妻がないゆえ
縁結びで名高い西宮神社のえびす様に願かけに行くことを思い立ちます。

c0196076_06562737.jpg

お供の太郎冠者にも妻がいないので「わたしもきびす様に願掛けをしましょう」
「えびす様はおわしても、きびす様などおりはせぬ」と大名。
「絵に描いた折は『えびす様』木で造った折は『きびす様』と申します」
「なーるほど、お前はモノ知りじゃな。道案内いたせ」
そんなバカバカしいことを言いながら西宮戎までの珍道中です。

c0196076_06571719.jpg

おもしろおかしい道中の末、ともかく西宮神社に着きます。
神社の中で「通夜」をすることになり、ここでも頓珍漢なやり取りがあって
大名は夢のなかで「神社の西の門の階段に妻がいる」というお告げを受けます。
よろこんで門に向かうと、えびす様の思し召しか、釣竿が落ちています。

c0196076_06571755.jpg

これで妻を釣れ、ということかと釣り糸を垂れると・・・

c0196076_06571782.jpg

見事に身分の高そうな女性を釣り上がります。

c0196076_06571738.jpg

被衣を取ると・・・

c0196076_06571889.jpg

小野小町か楊貴妃か、と見紛う絶世の美女。

c0196076_06575924.jpg

「申し我が夫 必ず見捨てて下さるな」
「何の見捨てて可いものか」

c0196076_06580058.jpg

ふたりは三々九度の盃を交わします。

c0196076_06590121.jpg

われもと太郎冠者が大名から釣り竿を借り、釣り糸を垂れると・・・

c0196076_06590285.jpg

こちらも見事に被衣をまとった女を釣り上げます。
嬉しや嬉しや、と太郎冠者はさっそく女と三々九度の盃を交わします。

「心変わりなどしてくれるなよ」
「変わろうはずもございません」
「まず 何はともあれ 御面相を・・・」

c0196076_07000133.jpg

と被衣を取れば・・・こはいかに 河豚に等しき醜女

c0196076_07005907.jpg

盃を交わして将来を誓い合ったのに・・・

c0196076_06590315.jpg

往生際悪く、逃げ惑う太郎冠者。

c0196076_07000303.jpg

いや~~ ムリムリ!

c0196076_07000290.jpg

それにしても、武智光秀と同一人物と思えないご面相(笑)

c0196076_07005941.jpg

「神様の思し召しだから、否も応もないぞ」と無責任なことをいう大名(笑)

c0196076_07005983.jpg

高砂や~~と祝言となります。

c0196076_07015604.jpg


c0196076_07015847.jpg


c0196076_07015836.jpg


c0196076_07025553.jpg

それでも、まだあきらめきれない太郎冠者(笑)

c0196076_07025612.jpg


c0196076_07035291.jpg

とうとう醜女に釣り上げられてしまいます(笑)

c0196076_07035370.jpg

ひとつの外題を演じるだけでもなまなかのことではないのに
ふたつの、まったく色合いのちがう演目を同時にこなす子供役者に感嘆。
しかも、どちらも見事に演じ切っていました。

夜になり、地元の方々だけで楽しむ風情も最高でした!

トラックバックURL : https://gejideji.exblog.jp/tb/29481768
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by rinkatuu at 2018-05-12 17:11
情緒あって 夜いいっすね(^-^ゞ
Commented by ei5184 at 2018-05-12 17:59
ハハハ・・・こちらの醜女は気の毒なほど
化粧されてしまいましたね(笑)
Commented by dendoroubik at 2018-05-12 18:22
☆rinkatuさん

観光客が少なくなり地元の方々が愉しむ夜が
どんな祭りに限らず雰囲気がいいですね
・・・って自分も観光客ですけれど(笑)
隣の席のご婦人と話していたら
光秀(醜女)の曾祖母ちゃんでした
Commented by dendoroubik at 2018-05-12 18:26
☆eiさん

パンフレットを見ると 素顔は目元の涼しいハンサムな男の子でしたが
光秀よりも醜女の方がノリノリで演じているように見えました(笑)
昨年の村国座でUPされてましたね~~
by dendoroubik | 2018-05-12 13:51 | ◆越中の祭 呉西 | Trackback | Comments(4)