長浜曳山まつり 2018 高砂山「義士外伝 土屋主税」後篇

c0196076_11381809.jpg


この外題は、長浜でも何度か取りあげられているそうですが
昨年の石川県「小松お旅まつり」の子ども歌舞伎で
同じ市川団四郎氏の振付で上演されていたのが記憶に新しい。
長浜で上演されていたものが、その後、小松で上演されたり
今回のようにその逆だったりすることもしばしばあります。
町の方々のリクエストによることが多いそうで
そういえば今年の長浜にも、お旅まつりの法被を着た方を見かけました。

昨年と今年の狂言の内容のいちばんのちがいは「お花ちゃん」のギャグが
ピコ太郎からカーリング女子に変更されていたことでしょうか(笑)




c0196076_11353681.jpg

場面は変わって、松坂町にある旗本・土屋主税邸。 吉良邸の隣です。
雪見の句会に招いた其角と落合重蔵の到着が遅いのをお園が心配しています。
お園は大高源吾の妹で、其角の紹介で土屋邸に腰元として仕えています。

c0196076_12465158.jpg

「今日ほど腹の立つ日はございません」と、ようやく到着した其角は不機嫌で
まず一献とすすめられても、源吾の妹からは酌を受けられぬと断ります。
源吾が西国大名に仕官するという話を聞いても信じない土屋主税に其角は
証人がございます、とお園を下がらせるよう頼んだうえで落合を呼び寄せます。

c0196076_11361712.jpg

土屋主税は、同席するのも汚らわしいと落合がいうお園を奥の間に下がらせて
源吾が西国の大名に仕官するといった経緯に耳を傾けます。

c0196076_11353500.jpg

明日待たるるその宝船

源吾が去り際に詠んだという附句を聞いて、土屋はハッと気づきます。
しかし、それを明かすわけにはいかず、酔って眠ったふりをします。

c0196076_11361833.jpg

奥の間で一部始終を聞いていたお園。

c0196076_11361800.jpg

兄の不甲斐なさに自害を図ろうとします。

c0196076_11361893.jpg

土屋はそれを押しとどめ、お園に兄の本心を語って聞かせます。
すでに決まった仕官なら「明日待たるる」とは詠まないであろう。
明日まで待つ必要があるということは、明日、討ち入るということだ!

c0196076_11365523.jpg

おりしも聞こえる山鹿流陣太鼓。  
土屋はその当代名手の名を指折り挙げていきます。 
一に何某、二に何某、そして三人目に・・・

おお! 大石内蔵助!

c0196076_11365653.jpg

やはり討ち入りじゃ!

塀の合間から隣家の様子を伺う土屋主税が叫びます。

c0196076_11365675.jpg

その声に驚いてまろび出た其角。
「そなたは大高が討ち入りせぬに賭けたな」と問う土屋主税に答えます。
「いかにも。しかし其角、この賭けに負けとうござる」

c0196076_11365654.jpg

そのなかに大高殿はおいでなさるか! 
其角が詫びているとお伝えくだされ!

c0196076_11373609.jpg

座してじっと陣太鼓の数を数えていた土屋主税は、いましも仇討ちが果たされたと確信します。
果たせるかな、隣家を騒がしたお詫びにと、大高源吾が参上します。

c0196076_11373674.jpg

「兄は討ち入りに加わっておりました!」と喜ぶお園はしかし
これより主君の墓前に御首を捧げ、切腹いたしますという兄の言葉に泣き崩れます。
「武士はこうありたいもの」と感嘆する土屋主税も扇で涙を隠します。

c0196076_11361824.jpg

「大高氏、かかる御心とはつゆ知らず足蹴にいたせし拙者の愚かさ、許されよ」

c0196076_11373718.jpg

土屋は源吾に、落合を相手に討ち入りの様子を語らせます。

c0196076_11381858.jpg


c0196076_11373795.jpg


c0196076_11381954.jpg


c0196076_11381833.jpg


c0196076_11385668.jpg


c0196076_11381986.jpg

土屋主税は、お園を妻に娶り、家の宝として大切にするぞと約束します。

c0196076_11385688.jpg

ご恩はあの世でも忘れませぬ。 はや、おさらば。

c0196076_11385659.jpg


浅野殿は良いご家来を持たれたなあ!

c0196076_11381810.jpg

めでたかりける別れなりけり

c0196076_11385681.jpg


トラックバックURL : https://gejideji.exblog.jp/tb/29447079
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by otti468 at 2018-04-25 20:00
さすが、よくわかりました!
カメラを構えていますと~
ストーリーはどこかに飛んでいます(ーー;)
私が16日に撮ったのはまさに”これ”でした(^0^;)
ありがとうございました(^^ゞ
Commented by dendoroubik at 2018-04-26 09:35
☆ottiさん

良い外題をご覧になられましたね~!
息もつかせぬストーリー展開
子ども役者たちの熱演も光っていました
時間があれば 他の外題もご覧になれたのですが・・・
今年も ぜんぶすばらしかったですよ!!!
by dendoroubik | 2018-04-23 14:48 | ◇長浜曳山まつり | Trackback | Comments(2)