長浜曳山まつり 2018 鳳凰山「恋飛脚大和往来」後編

c0196076_13340050.jpg


鳳凰山(祝町組)の外題は、御存じ『恋飛脚大和往来 梅川 忠兵衛 新口村の場』




c0196076_13302678.jpg

入れ替わるように現れたのは、忠兵衛の父、孫右衛門。

c0196076_13302697.jpg

氷に足を滑らして転んでしまいます。

c0196076_13302641.jpg

思わず飛び出そうとする忠兵衛を制して、梅川は孫右衛門を介抱してやります。
鼻緒の切れた草鞋を、自分の懐紙をすげて直してくれる梅川に孫右衛門は
このへんでは見かけない顔。 どうしてそんなに親切にしてくれるのかと尋ねます。

c0196076_13302618.jpg

連れ合いの親爺様に面差しが似ているものですから・・・

c0196076_13302777.jpg

形見にしたいから、孫右衛門の懐紙と交換して欲しいと梅川が言い出すのを聞いて・・・

c0196076_13323093.jpg


c0196076_13323059.jpg

孫右衛門は女が梅川だと気づきます。

c0196076_13373593.jpg

忠兵衛も近くにいると勘づいて、わざと聞こえるようにこんな話をはじめます。

c0196076_13323051.jpg

大坂へ養子に出したせがれが出世して、あのような子と縁を切るなんて
孫右衛門はたわけ者、あほう者と笑われても、こんな嬉しいことはなかった。

c0196076_13373503.jpg

せがれがおたずね者になったとき、縁を切っておいて
孫右衛門は出かした仕合せじゃと誉められても、こんな悲しいことはない。

c0196076_13323124.jpg

養子にいって縁が切れているといっても実の親子なのだから、金が要ると言ってくれれば
田畑を売っても都合してやったものを。 そう思うと悔しくてならない・・・

c0196076_13323102.jpg

義理のある養い親の妙見さまが捕らえられているからには
もし目の前に現れたら自分で縄を掛けて渡さなくてはならない。
だから来てくれるなと願っているが、それでもやっぱり子供はかわいい。

c0196076_13323136.jpg

かわゆうござる かわゆうござる・・・

c0196076_13323129.jpg

自分の目の届かないところでお縄にかかってくれと、路銀を手渡します。

c0196076_13331315.jpg


c0196076_13331427.jpg

さかさまながら・・・と金を受け取った梅川は・・・

c0196076_13331445.jpg

孫右衛門に、ひと目 忠兵衛に会ってやってくれと頼みますが・・・

c0196076_13331497.jpg

「やくたいもない」

c0196076_13331589.jpg

それなら、目隠しをして言葉も交わさずに、と・・・

c0196076_13335937.jpg


c0196076_13335930.jpg


c0196076_13335975.jpg


c0196076_13335946.jpg

そのとき、追っ手の太鼓の音。

c0196076_13344479.jpg


c0196076_13344454.jpg


c0196076_13344597.jpg


c0196076_13344501.jpg

南無阿弥陀仏

c0196076_13353681.jpg

南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏・・・


トラックバックURL : https://gejideji.exblog.jp/tb/29446304
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by dendoroubik | 2018-04-21 21:25 | ◇長浜曳山まつり | Trackback | Comments(0)