勝山左義長まつり 2018 わかれのつらさ 涙かつゆか

c0196076_11463680.jpg


祭りの翌日は、雨の初日と取り換えて欲しかったような快晴。
町を華やかに彩っていた短冊や絵行燈は早々に取り外され、櫓も前日か早朝に格納されてもうありません。
子どもたちは学校へ(あるいは臨時休校で自宅で休養)。日常が戻ってきました。




c0196076_11373578.jpg

なかなか日常に回帰できない(笑)せんべぇさんと僕は、例年のように上郡へ。
こちらの櫓は、そのまま格納するのではなく、分解して会館に納める「櫓こわち」をおこなっています。

c0196076_11373580.jpg

年配の方が多いのですが、これがけっこうな重労働です。
手伝わせてもらっているうちに、なんとなく現実回帰できてちょうどいいリハビリです(笑)

c0196076_11463667.jpg

終了後「八助」さんで打ち上げ(ごちそうさまでした!)
勝山に到着してすぐにも、開店直後にお邪魔しましたので
「八助」さんではじまり「八助」さんで終わった勝山左義長まつりでした。

こちらの蕎麦の旨さは、いまさら言うまでもありませんが
看板娘さんが、高木美帆選手にそっくりで、こちらも是非、ご賞味ください(笑)
後ろで話す声を聴いていると、前日終わったオリンピックのインタビュー番組が
TVから流れているのかと、一瞬、錯覚するほどでした。 お姉ちゃんはどこ?

c0196076_11373567.jpg

他の祭りでも、たびたびご一緒させていただくので、昔からの友人のような気がしてましたけど
思えば、おふたりとはじめて出会ったのも、この勝山左義長まつりでした(笑)

大好きな祭りで、お元気なお姿に接することができるほど嬉しいことはありません。

c0196076_11373435.jpg

そして、勝山の皆さま。

豪雪で開催が危ぶまれたなか、今年もすばらしい祭りをありがとうございました!
来年もまたみんなきっと櫓の下へゾロゾロ集まってきます・・・

トラックバックURL : https://gejideji.exblog.jp/tb/29369788
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by dendoroubik | 2018-03-15 02:54 | ◇勝山左義長まつり | Trackback | Comments(0)