京阪石坂線物語15 中二病でも恋がしたい!

c0196076_11141931.jpg


京阪石坂線のラッピング電車のなかでも、飛びぬけてマニアックだったのは『中二病でも恋がしたい』
学生や年配者が主な利用者であるこの電車のまったりとした日常性と
アニメの非現実性とのアンマッチは、見ていて面白いどころか、どこか痛々しいほどでした(笑)





c0196076_11142043.jpg

ご存じない方のために、あらずもがなと解説をすると「中二病」というのはネットスラングで
中学二年生くらいの思春期にありがちな自己愛に満ちた嗜好や妄想。
あるいは、そこから抜け出せず自足する状態をいいます(たぶん)

c0196076_11142026.jpg

『中二病でも恋がしたい』というライトノベルはTVアニメ化、後に映画化され、そのデザインがラピングされたのがこの電車です。

c0196076_11142038.jpg

現在、劇場版最新作が上映中のようです(『中二病でも恋がしたい take On  Me』

c0196076_11142002.jpg


c0196076_11142000.jpg


c0196076_11142105.jpg

中学二年生もたくさんこの電車に乗っていたはず。

c0196076_11142125.jpg

どんな気持ちで、この電車で通学してたんでしょうか(笑)

c0196076_11142112.jpg

たぶん、あんまりうれしくもなかったんじゃないかと思います。


トラックバックURL : https://gejideji.exblog.jp/tb/29299141
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by dima02 at 2018-02-14 14:05
ここまでやると潔いいですね。
Commented by dendoroubik at 2018-02-14 18:13
☆dimaさん

いやまったくそうですね(笑)
連結部分に少し残る京阪グリーンがご愛嬌でした
Commented by cfc999 at 2018-02-15 01:20
dendoroubik さん、こんばんは。
 漫画も写真のいいネタになりますけど
 なんかどこもかしこも右ならえです。

 公立の学校の制服が5万円だと
 アホぬかせです。

 段々と可笑しな大人が増えて来て
 これから日本はどうなるのでしょうか。

 子供たちの未来が、日本が本当に心配です。

 ここで愚痴ってすみませんでした<m(__)m>
Commented by dendoroubik at 2018-02-15 08:18
☆cfc999さん

ニュースではじめて知ったときは
アルマーニの制服なんてカッコいいな
とちょっと思ったんですけど(^-^
話を聞くと確たる思想があるわけでもなく
校長の口がら出る語彙があまりにも貧弱で
ちょっとカッコ悪くガッカリでした(笑)

日本の未来を考えると憂いしか湧いてきませんけれど
祭りの子供たちや若者を見ていると
いやいやまだまだ日本はだいじょうぶだと思うものですよ(笑)
Commented by hanashigai at 2018-02-15 22:03
沿線にはいくつかの学校があるので通学時は絵になる風景・・・いや学校帰りの時間帯の方が絵になる風景が沢山ありそうです。
僕が高校時代は浜大津~三条駅まで地上を走っていて、京阪三条駅から一つ目に女学生がわんさか乗り降りする電停がありました。
ものすご~く素敵でした♡
Commented by dendoroubik at 2018-02-15 23:01
☆放し飼いさん

また懐かしい話ですね~(≧▽≦)

京津線の京都側は地下鉄化されて
ちょっと情緒が欠けたように思うのは
おやじの繰り言でしょうか(^◇^;
石坂線の沿線には学校がたくさんあり
懐かしい通学風景が繰り広げられてます
自分の京都での高校時代よりも
むしろ素朴で懐かしい感じがするほどです(^o^;
by dendoroubik | 2018-02-14 11:25 | ◇京阪石坂線物語 | Trackback | Comments(6)