百太夫神社祭

c0196076_22283875.jpg


全国に3500社あるといわれるえびす神社の総本社西宮神社(兵庫県西宮市)
そのすぐ北隣の散所村(西宮市産所町)には、むかし傀儡師の集団が住んでいたそうです。

一説によると、今日これほどまでにえびす信仰が全国にひろまったのは
彼らが人形を携えて津々浦々をまわり、えびすまわしを披露しながら
その神徳を教化したという功績に負うところが多いともいわれます。
江戸時代に入ると、傀儡師たちの活動拠点は西宮から淡路島へ移り
彼らが始祖と崇める百太夫神を祀る神社も、天保十年(一八三九)に散所村から西宮神社境内に遷座。
この日が1月5日であったことから、これを記念しておこなわれるのが「百太夫神社祭」です。




c0196076_17551738.jpg

「百太夫神」は道祖神のなかの1神ともいわれ、漂泊の遊女や傀儡師らの守護神です。

c0196076_18095858.jpg

とくに西日本で末社として神社に属することが多いそうで、ことに有名なのはこの西宮神社。
鎮座するのは本殿のすぐ西。 午前11時より祭典がおこなわれます。

c0196076_21182891.jpg

人形に見立てた五色団子が神饌として供されます。

c0196076_18015463.jpg

地元西宮市の「人形芝居えびす座」さんによる「えびすまわし」の奉納。

c0196076_18015485.jpg

この日は雨のため、大黒殿でえびす舞がおこなわれました。

c0196076_18034640.jpg

西宮の人形遣いの活動は安土桃山時代に最盛期を迎え、その後、次第に衰退。

c0196076_18034733.jpg

明治の吉田小六を最後に伝統は完全に途絶えてしまいます。(「人形芝居えびす座」HPより)

c0196076_00274638.jpg

西宮中央商店街の店主らがこの伝統を再興させたのが「人形芝居えびす座」さんです。

c0196076_18034730.jpg

つづいて「阿波木偶(でこ)箱まわし保存会」さんによる「三番叟まわし」の奉納。

c0196076_18034891.jpg

徳島ではおよそ300年ほどまえから、ふたつの木箱に三番叟(千歳・翁・三番叟)と
えびすの四体の木偶を入れ、木偶遣いと鼓打ちのふたりの芸人が「三番叟まわし」で家々を門付けする
という正月の習俗が定着していたそうです。(「阿波木偶箱まわし保存会」HPより)

c0196076_18034840.jpg

しかし、この習俗も高度経済成長期に入る頃には姿を消し
唯一人となった伝承者から直伝を受けたのがこの保存会の方々です。
現在、年間1000軒近いお宅を門付けされているそうですが
1月5日には、かならずこの百太夫神社のお祭りに参列されているそうです。

c0196076_18034862.jpg

餅撒き・・・ならぬ菓子撒き(雨のため、手渡しでした)

c0196076_18061209.jpg

参拝者への酒の馳走。順に盃が大きくなり、最後の方にはこの大盃(笑)

c0196076_18061365.jpg

「えびすまわし」の奉納。

c0196076_18061392.jpg

えべっさんが小鯛、大鯛・・・さまざまなものを釣りあげます。なかには西宮神社の福笹も(笑)

c0196076_20545274.jpg

そういえば、ここは福笹授与所のすぐ隣です。去年の写真ですけれど、こんな感じです(笑)

c0196076_18075525.jpg

そんな言葉があるのか知りませんが「達意の芸」といった感じです。

c0196076_18075654.jpg

神事がすべて終了したあと、芝原生活文化研究所代表辻本一英氏による阿波木偶の解説がありました。

c0196076_18075628.jpg

ユーモアを交えた、立て板に水の弁口に傀儡にまつわるディープなお話し。無類に面白かったです。

c0196076_18075602.jpg

雨のため、人形繰りや三味線の実演はありませんでしたけれど
それでも少しだけ見せていただくことができました。
これは『絵本太閤記 尼崎の段』武智光秀(明智光秀)の妻みさお。

c0196076_18075660.jpg

せめて母ごのご最期に、善心に立ち帰ると、たった一言聞かしてたべ・・・

それでなくても難しい人形繰りをしながら、浄瑠璃を語るという信じられないワザ。

c0196076_18075681.jpg

徳島の正月の門付け芸には「三番叟まわし」だけでなく
「えびすまわし」「大黒まわし」「福まわし」といった伝統があったそうです。
しかし、それらは「三番叟まわし」とくらべて素朴なものであったためか
「物貰い」と賤視され戦後まもなく姿を消してしまったといいます。

保存会の方々により「復元」された、そんな予祝芸も見せていただくことができました。

c0196076_18093753.jpg

これは「福まわし」。 もちろん、はじめて見るものですが、どこか懐かしい味わいがありました。

c0196076_18105399.jpg


トラックバックURL : https://gejideji.exblog.jp/tb/28822199
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by jinsnap at 2018-01-07 17:16
あけましておめでとうございます。
旧年中はいろいろな祭りの沢山のお写真を拝見でき嬉しく思っております。

今年も沢山のお写真を楽しみにしております。
よろしくお願いいたします。
Commented by dendoroubik at 2018-01-07 20:02
☆jinさん

新年あけましておめでとうございます!

こちらこそ 自分には逆立ちしても撮れないような
スタイリッシュにお写真に心洗われることが多かったです
ありがとうございました
今年も よろしくお願いいたしますm(_ _)m
Commented by cfc999 at 2018-01-08 01:48
>dendoroubikさん、こんばんは。
 新年のご挨拶もせずに大変失礼をいたしました。
 のこのと訪問するのもお恥ずかしいのですが
 改めて寒中お見舞いとしてご挨拶いたします。
 
 昨年は拙いブログに沢山のイイネを頂き本当にありがとうございました。
 本年も相変わらずのブログですがどうぞ宜しくお願い致します。

Commented by dendoroubik at 2018-01-08 08:20
☆cfc999さん

おはようございます!
こちらこそ訪問して楽しませていただいておきながら
ご挨拶もせず たいへん失礼いたしました
本年もどうぞよろしくお願いいたします

立山や白山のお写真を拝見するにつけ
駆けつけたくなる衝動を抑えきれません
とくに天気予報で晴れマークが出ていると(笑)
Commented by otti468 at 2018-01-09 00:05
明けましておめでとうございます(遅い!!)

えびす神社、色々勉強になりました!!
明日、京都ゑびす神社に行って来ます(^0^;)
狭い所ですから・・・(笑)
20分もいると、巫女さんにマークされます^^;;
なにも買わんで、なに何時までいるの?(__;)
Commented by dendoroubik at 2018-01-09 17:32
☆ottiさん

新年あけましておめでとうございます!
本年もどうぞよろしくお願いします

京都ゑびす神社 昨年もお参りされていましたね
自分も何年かまえに一度・・・
東映の女優さんがキレイだったのをおぼえています(^-^
今年は摂津のえべっさんを巡ってみようと思っています
by dendoroubik | 2018-01-06 22:25 | ◆播磨の祭 | Trackback | Comments(6)