米原曳山まつり 2014年 旭山『伽羅先代萩 御殿の場〜政岡忠義の段』

c0196076_23463328.jpg


この年、同じ滋賀県では三十三年に一度おこなわれる祭があり
そちらにかかり切りで「米原曳山まつり」は2日目の最終公演だけ。
松翁山組の『壺坂霊験記』がどうしても観たくで駆けつけたので
旭山組の『伽羅先代萩 御殿の場』はラスト近くを観られたにすぎません。

しかし、じっくり観たかったなあ・・・とこの写真を見返すたびに思います。

トラックバックURL : https://gejideji.exblog.jp/tb/28518027
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tamsanpe at 2017-12-12 11:03
物語の大事なシーンでしょうか。雅やかですね。
どんな話か気になって少し調べてみました。
うん。僕も観てみたい^^
Commented by dendoroubik at 2017-12-12 11:51
☆ぴんの助さん

浄瑠璃や歌舞伎には切った張ったや心中モノなんかも多く
今の道徳からして子どもが演じるのに相応しいのかどうか
首を傾げたくなるようなものがほとんどですが
そういうちょっと倒錯的なところが好きだったりします(^-^
by dendoroubik | 2017-12-09 00:47 | ◇米原曳山まつり | Trackback | Comments(2)