人気ブログランキング |

御霊神社 お弓神事

御霊神社 お弓神事_c0196076_16250827.jpg


大坂の商業金融の中心地「船場」の「ごりょうさん」、御霊神社で1月17日におこなわれる「お弓神事」は
平安時代に宮中において同日おこなわれていた「射礼」(しゃらい)という行事に倣ったものですが
商都大坂ならではということでしょうか、矢を放ってその年の景気を占うという珍しいもの。
といっても、弓を二度引きかけて三度目に矢を放つ、という独特の所作を除けば
他の弓の神事と変わりありません。 珍しいのは、巫女さんによる「弓の舞」の方でしょうか・・・




御霊神社 お弓神事_c0196076_21040735.jpg

午前11時より本殿で神事があり、弓の祭場が浄められます。

御霊神社 お弓神事_c0196076_21040884.jpg

神職さんが三度、矢を射ます。

御霊神社 お弓神事_c0196076_01594063.jpg

つづいて平安貴族の装束の男性が登場。

御霊神社 お弓神事_c0196076_02073462.jpg

神職さんの倍ほどの距離から、三度弓を引きます。

御霊神社 お弓神事_c0196076_21060986.jpg

つづいて、黒袴の女性が三度。

3名の方々は、見事に矢を的の中心辺りに集めておられましたが
僕と、僕の隣にいたおやじさんのカメラは的を外しっぱなし。

御霊神社 お弓神事_c0196076_02073595.jpg

射るまえの連写と、射終わったあとの間抜けなシャッター音が

  カシャシャシャシャシャシャ・・・カシャ

静かな境内に響き渡り、苦笑いで顔を見合わせること計九度。
「・・・」のところで矢が放たれることになるのですが(笑)
そのシーンは、一度も捉えることができませんでした。

御霊神社 お弓神事_c0196076_21061024.jpg

ふたたび本殿へ戻り「弓の舞」が捧げられます。

御霊神社 お弓神事_c0196076_02073525.jpg


御霊神社 お弓神事_c0196076_02073559.jpg

はじめて見る舞ですが、とても優雅で美しい。

御霊神社 お弓神事_c0196076_01444884.jpg

そして、篠笛の調べも、とても心地よい・・・

御霊神社 お弓神事_c0196076_02073654.jpg

下へ向け・・・

御霊神社 お弓神事_c0196076_21101952.jpg

上へ向け・・・

御霊神社 お弓神事_c0196076_01444806.jpg

正面へ向けたときに矢が放たれるのを、またもや撮り逃してしまいました(笑)

御霊神社 お弓神事_c0196076_02073640.jpg


御霊神社 お弓神事_c0196076_02073688.jpg

鈴の浄めのあと、神事がつづきます。

御霊神社 お弓神事_c0196076_21120297.jpg

とても清々しいお祭りでした。

御霊神社 お弓神事_c0196076_21040683.jpg

御霊神社の前身「圓神祠」が文禄3年まで靭の地(現在の西区靭本町)にあったことを
後世に伝えるため、明治27年に建立されたという石碑が境内に建っていました。

御霊神社 お弓神事_c0196076_21102261.jpg

御霊神社は昭和20年の戦災で焼失。その後再建。

神社一本南の筋、ビルのまえに唐突に石造鳥居があります。
「明治十七年建立」と刻まれていましたのでこれも焼け残ったもののひとつなのでしょう。

その頃はここまでが社域だったということでしょうか・・・

トラックバックURL : https://gejideji.exblog.jp/tb/26327403
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 沙都 at 2017-01-19 23:55 x
弓の舞って珍しいでしょ。
京都にも節分祭の時、晴明神社で弓の舞があります。
あと大阪で珍しかったのは、6月8日の難波神社の菖蒲神事。
菖蒲刈りと言う神楽舞があります。

2月は兵庫県の方を撮りに3箇所ほど行く予定です。
まめ神事、鬼こそ、えんま天供
Commented by dendoroubik at 2017-01-20 23:48
☆沙都さん

巫女神楽といえば安浦の舞
・・・くらいしか思いつきませんでしたが
いろんな舞があるものなのですね
この弓の舞には魅了されてしまいました
菖蒲刈り・・・というのも気になります

淡路や丹波と八面六臂のご活躍ですね
雪がなければ百手の儀式など行けたらと思案中です
兵庫は大阪の4.5倍の面積・・・広すぎますね(笑)
Commented by すぺいん人 at 2017-01-27 22:02 x
弓の舞、美しいですね~♪
・・・と思ったら、その舞でも矢を射るんですね(@@;)

カッコ良いお写真ばかりやのになんで「的を外しっぱなし」???と思ったら、、、
矢を放つ瞬間をカメラで捉えるのは難しいですよね(^^;)
一人一人で会の長さが違うからタイミングが計りづらいんじゃないかと。。。
Commented by dendoroubik at 2017-01-29 17:24
☆すぺいん人さん

昨日 但馬へまた弓の神事を見てきました
そしてまたもや矢が飛び出すシーンを捉えられず・・・
101本も矢を射る祭りだったのに(笑)

この舞はとてもキレイでした
巫女さんの舞でこんなにウットリしたのははじめてです
矢を射るシーンはゆったりでしたので撮れないこともなかったのですが
ちょうどそのとき眼のまえを議員に神饌を配る神職さんが・・・


Commented by mami-2013 at 2020-01-19 17:50
こんにちは。
弓の舞が気になって過去ブログにさかのぼってい見せていただきました。
この舞は実際に矢を放つ舞いなんですね。
私の流派にも弓を使う舞いがありますが
「毛利元就」の三本の矢なので矢を放つことはありません。
実際に見てみたいなぁと思いました。
Commented by dendoroubik at 2020-01-19 18:35
☆mamiさん

金襴の千早を着るのは 浪速神楽の装束だと思うのですが
現在伝えられるとされる三十座の式目のなかにないので
独自のものなのかなと思います(自信ありませんけれど ^-^;)
今年のように 舞を伴わず 矢を射るだけの所作は 
いくつかの神事であるみたいですね

↑上のコメントで教えていただいた「菖蒲狩」という浪速神楽も
大阪の難波神社で見せていただき とてつもなく美しかったですよ

よろしければ(笑)⇒ https://gejideji.exblog.jp/26724288/
by dendoroubik | 2017-01-18 21:00 | ◆摂津の祭 | Trackback | Comments(6)