おわら風の盆 2014 その3 禅寺橋の袂にて

c0196076_3575073.jpg


禅寺橋での輪踊りが終わると、地方と男女2人ずつの踊り手だけが残り
橋の袂で踊りがはじまりました。 もうこれがとても美しくて、ジーンときてしまいました。




c0196076_14000638.jpg

でも、これは何のための踊りなのでしょう・・・?

c0196076_14000621.jpg

花を打たれた家のまえで踊る踊りのようにも見えますが、このまえは坂道です。

c0196076_14000792.jpg


c0196076_14000877.jpg

禅寺橋から見上げると、丘陵の崩落を防ぐために営々と積みあげられた玉石の石垣が
城塞のような威容を誇っています。  八尾を象徴するような景観です。

c0196076_14262828.jpg

この坂道をのぼると西町。

c0196076_14000842.jpg


c0196076_14000952.jpg

まるでこの坂のまちに捧げられた踊りのように感じました。

c0196076_14012096.jpg

  八尾よいとこおわらの本場

c0196076_14012010.jpg

  二百十日を オワラ 出て踊る

c0196076_14012090.jpg

  唄の町だよ 八尾の町は 

c0196076_14012193.jpg


c0196076_14012112.jpg


c0196076_14012213.jpg

唄で糸取る オワラ 桑も摘む

c0196076_14012222.jpg




トラックバックURL : https://gejideji.exblog.jp/tb/25733360
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by dendoroubik | 2014-09-12 20:51 | ◇おわら風の盆 | Trackback | Comments(0)