多賀大社 お田植祭

c0196076_422639.jpg

この時期、各地でおこなわれる御田植祭。

とくに6月は、三重県の伊雑宮御田植祭(6月24日)や、
大阪の住吉大社御田植(6月14日)など有名なお祭りがあり、
滋賀県犬上郡の多賀大社でも、6月の第一日曜におこなわれます。




c0196076_549578.jpg

午後1時まえ、祭員さんをはじめ
早乙女さんたちが列をなして本殿へ向かいます。

c0196076_5493592.jpg

揃いの菅笠に、緋色と水色のカルサン袴。
手甲脚絆に紅タスキ姿の植女(うえめ)と踊女(おどりめ)

c0196076_603668.jpg

歌女(うたいめ)はアヤメの冠に、若草色の狩衣緋袴。

c0196076_4105076.jpg

c0196076_410669.jpg

午後1時、本殿祭がおこなわれます。

c0196076_4121758.jpg

ちょうど神事がはじまる頃、
表参道絵馬通りを、朝日豊年太鼓踊りが、
鉦、太鼓を打ち鳴らしながら流してゆきます。

c0196076_4123367.jpg

ひと足先に御神田へ向かいます・・・

c0196076_519568.jpg

現在、秋に奉納されているのは、
雨乞いというよりも返礼の意味合いがあるのでしょう。
お田植えで奉納されるときは、
やはり雨乞いの踊りになるのでしょうが、
踊りがはじまってしばらくすると、
梅雨空がみるみる晴れてきました(笑)

c0196076_413466.jpg

午後2時まえ、本殿祭を終えた一向が到着。

c0196076_41667.jpg

c0196076_4323166.jpg

「田」の字に仕切られた
一反ほどの御神田の畦道で待機します・・・

c0196076_4261771.jpg

まず御神田神事として「御湯の式」
巫女さんによる湯立神楽が奉奏されます。

c0196076_4185926.jpg

この頃には日差しもつよまってきました。

c0196076_4295984.jpg

c0196076_429574.jpg

この湯立神楽がダイナミックでした。

c0196076_4294098.jpg

中央西北の舞台のせり出したところから、
御湯が豪快に飛び散り御神田が清められてゆきます・・・

c0196076_5115093.jpg

新聞によると、この巫女さんは、長浜高校三年の植田さん。
できすぎたお名前(笑) 

c0196076_4192017.jpg

これがおわると御田植えのはじまりです。

c0196076_419429.jpg

舞台うえで、歌女が御田植唄を歌うなか・・・

c0196076_4263696.jpg

植女の作業がおこなわれます。

c0196076_4321354.jpg

畔道では、踊女たちの田植え踊り・・・

c0196076_431513.jpg

歌女は2回登場し、踊女の出番もそれに合わせて。
それ以外は「休憩」となります。

c0196076_4205093.jpg

しかし、植女は休憩なしで田植えをつづけます。

c0196076_4271951.jpg

「歌女と踊女は休憩。植女はそのままつづけてください」

・・・のアナウンスにため息と笑い(笑)

c0196076_4212364.jpg

舞台が御神楽「弓の舞」にかわります。

c0196076_4374894.jpg

c0196076_4403682.jpg

植えられているのは「滋賀羽二重糯」というもち米の苗。

c0196076_4233358.jpg

c0196076_4225170.jpg

豊穣を願うお田植え祭りは、
もともと、歌ったり踊ったりすることで、
田植えの苦役を楽しくする方法として
編み出されたものともいわれます。

c0196076_4222667.jpg

田楽もそこから発展したものとありますが、
この楽しげな風情を眺めていると、
なるほどもっともな説だと思えてきます。

c0196076_427229.jpg

c0196076_4383150.jpg

もちろん、実際の農作業は生易しいものではありませんけれど・・・

c0196076_4162742.jpg

舞台での奉納芸の最後は尾張万歳。

c0196076_4171496.jpg

これがおわると、まだ3分の1ほど
植え残しがあったものの、御田植えは終了となりました。
それを聞いて思わず笑みがこぼれます・・・

c0196076_4154695.jpg

入場の順に退場で終了です。

c0196076_427587.jpg

c0196076_4281987.jpg

稲が実る9月のおわりには、
新嘗祭にお供えされる新穀が抜穂女によって刈られ、
抜穂祭がおこなわれます・・・
トラックバックURL : https://gejideji.exblog.jp/tb/25683537
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by dendoroubik | 2016-06-08 11:37 | ◆近江の祭 湖東 | Trackback | Comments(0)