人気ブログランキング |

御牢開神事 -ロウキリ神事-

c0196076_23215026.jpg


秋分の日、滋賀県高島市安曇川町川島の阿志都弥神社で
「御牢開神事(みろうびらきしんじ)」という神秘的な神事を拝見してきました。
またの名を「牢切り(ロウキリ)神事)」




c0196076_23211469.jpg

祭典は10時からはじまります。
御祓いや祝詞の奏上のあと、「牢切り(ロウキリ)」がおこなわれます。

c0196076_23213876.jpg

拝殿中央に青竹を縄で結んだ「牢」が設えられています。
年番の宮守さんたちが戸を開け、鈴と扇を手にした巫女さんがそろそろと中へ・・・

c0196076_2321622.jpg

「牢」は毎年、宮守さんたちによって新たにつくられます。

ほんの30分ほどの神事のために、費やす時間は半日。
じっさいにこの中で神楽が奉納のは1分ほどにすぎません。
いつの頃からはじまった神事かはわかりませんが、これが毎年、脈々とつづけられていることに、
目眩のよう感覚をおぼえずにはいられません。

c0196076_23234861.jpg


シャンシャン・・・と鈴を静かに打ち鳴らしながら、巫女さんが左右に1回ずつ回転してゆきます。

ただ、それだけです。

安産祈願としておこなわれるというこの儀式。
何を意味するのか感じる暇もないほど、あっけなく、ただ、つかみどころのない茫漠とした余韻だけが残ります。

c0196076_23235650.jpg

神楽奉納が終わると 再び「牢」の戸が開かれ、巫女さんが出てきて終了です。

c0196076_2324359.jpg

玉串奉天のあと、摂社へ参拝。

c0196076_23241129.jpg

祝詞を見せていただきました。

宮司さんは、祝詞を自ら書き直しされるのですが
お祖父さまから受け継いだこの祝詞だけは、文字があまりにも立派で
書き直されずにいまもたいせつにされているとのことでした。

c0196076_2324173.jpg

牢の中を見せていただきました。
三宝がふたつ据えられ、一方には御神酒、もう一方には短刀と石が載せられています。


c0196076_232425100.jpg

阿志都彌神社の創祀年代不詳。 祭神は加茂大明神。

社伝によると、明応2年(1493年)船木城主佐々木能登守により社頭が整備され
寛文2年(1662年)に本殿と拝殿が再建。
昭和28年(1953)台風13号によるびわ湖大洪水で多くの宝物が流失したといわれます。
トラックバックURL : https://gejideji.exblog.jp/tb/24722570
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 沙都 at 2015-09-28 20:29 x
おつかれさまでした。
30分ほどの祭事。
今年から若い巫女さんに変わられたようですね。
と言っても60代との事ですが。今までは80代。
これで今後も続くでしょう。

福井県の本ですが…
「越前・若狭の祀り譜」という本らしいです。

福井県の行事に行っていると良く見かける仙人みたいな人。
吉川さんと言うそうです。その方の写真集だそうです。
知られている行事から無名な行事までいろいろ。
Commented by dendoroubik at 2015-09-29 06:58
☆沙都さん

先日はありがとうございました

本の件 調べてくださったんですね
やはり あの方でしたか
何度かお話しさせていただいたことがあります
林忠彦賞にノミネートされたほどの本
ちょっと値段が張りますが購入してみます

かなり以前の本なんかにも「年配の巫女さん」
・・・とありましたけれど 今年から若い巫女さですか
いっそのこと10代か20代の巫女さんにすれば
雰囲気もガラッとかわってたかもしれませんね(笑)
Commented by ei5184 at 2015-09-29 07:48
へえ~ またまた珍しい神事を見せて頂きました。

安産祈願! 胎内を模っているのでしょうか?
Commented by dendoroubik at 2015-09-29 14:12
☆eiさん

おっしゃる通り おそらく竹の牢は 
胎内を意味するという風にいわれているようですけれど
特定の個人の安産祈願でなくクニ全体の安産を祈願する
というところが 神事ならではの壮大さですね

それにしても この1分間のために掛ける手間と
毎年毎年繰り返される律義さに頭がさがります

Commented by senbei551 at 2015-10-13 01:04
牢獄の中で老婆が踊ると聞いて想像していたものとは少し違ったけれども(笑)
それでもやはりインパクト大ですね。

先代も新しく牢屋に入ってくれる人が見つかって、肩の荷が下りたことでしょうね(^_^)
Commented by dendoroubik at 2015-10-13 12:01
☆せんべぇさん

この祭りのことは かなり以前から知っていて
今回 はじめてだったんですけれど
イメージ通り・・・というか
イメージを越えることはありませんでした

ただ驚いたのは・・・
宮司さん(兼務)が知り合いだったこと(笑)
by dendoroubik | 2015-10-12 20:17 | ◆近江の祭 湖西 | Trackback | Comments(6)