角館

c0196076_08025201.jpg


青森ねぶた祭を見た翌朝、弘前のホテルから向かったのは、200キロ離れた秋田県仙北市角館。

豪雨でした。

そんなに急いで向かっても、こんな雨では観光どころではないのでは
・・・と思いつつ、レンタカーのナビが「そろそろ休憩しませんか」
・・・というメッセージを発するほど、休憩なしで走りつづけたのは
到着するころには雨はやんでいるだろうという無根拠な確信があったからです(笑)




c0196076_08050398.jpg

角館に到着した頃に予定通り(?)雨はあがっていました。
毎年200万人もの観光客が訪れる、という東北でも有数の観光地です。

c0196076_08050228.jpg

観光のピークは、GW。

角館北家2代目佐竹義明の妻が嫁入り道具のひとつとして
京から持参したのが始まりとされる樹齢300年以上の老樹など
国の天然記念物のシダレ桜が咲く頃ですが、この日も大型観光バスが大挙していました。

c0196076_08050297.jpg

藩政時代の地割が、ほぼそのまま残り、武家屋敷の建造物の数も少なくありません。
桜のシーズン以外にも観光客がひきもきらず「みちのくの小京都」と呼ばれる所以です。

c0196076_08050342.jpg

京都でも、これほど広範囲にわたって、前時代のたたずまいが色濃く残る地区は
あまりないと思うのですが、これにはいくつかの偶然が重なっています・・・

c0196076_08050260.jpg

戊辰戦争では、新政府側に立った久保田藩は奥羽越列藩同盟に参加した諸藩から孤立。
久保田藩の拠点は、つぎつぎと奪われ、角館も陥落寸前。
東北諸藩が新政府に降伏するにつれようやく列藩同盟は久保田藩領から撤退。
あと数日、戦が長引いていれば、角館も戦禍をまぬがれなかったでしょう。

c0196076_08050360.jpg

藩政時代を通じて仙北郡の政治経済の中心地であった角館も
廃藩置県以降、郡役所が大曲に置かれるに至り、その地位を奪われてしまいます。
時代から取り残され、忘れ去られた地に・・・

c0196076_08050222.jpg

角館に転機が訪れるのは1976年。
武家屋敷地区一帯が「重要伝統的建造物群保存地区」に選定され、
それをきっかけに、観光地として再び歴史の表舞台に・・・

明治の近代化から取り残されたことが、地割や武家屋敷群を存えさせことになり
200万人もの観光客を呼ぶのですから、歴史は皮肉です・・・

c0196076_08050343.jpg

「たそがれ清兵衛」のロケハンに訪れた山田洋二監督は、角館に一目惚れしたといいます。
同じ藤沢周平原作の 「隠し剣鬼の爪」もここでロケがおこなわれています。

どこか「清貧」・・・という言葉を連想させる角館の武家屋敷のたたずまい・・・

たしかに・・・

蝉しぐれの下、藤沢周平の描き出す海坂藩の藩士たちの息遣いさえ聞こえてきそうな角館の町並みでした・・・




ボヤボヤしているうちに、明日から月が変わります。
8月はじめに訪ねた東北シリーズもまだ積み残したままですが、明日から越中おわら風の盆へ出かけます。

初日の天気予報は、またしても雨(笑)

トラックバックURL : https://gejideji.exblog.jp/tb/22529270
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by goodroads at 2014-08-31 20:25
こんばんは

角館は、私も1度は訪れたいと思いつつも、まだ実現されておりません。そして富山から角館は近そうで、これがなかなか遠いようです。

八尾のおわら風の盆ですか・・・
お盆明けから、グズグズと雨が降り続いている富山も明日からの3日間は晴れるようです。写真に期待しております~☆
Commented by dendoroubik at 2014-09-01 21:09
☆Tomさん

八尾に来ています
午後4時すぎより大雨になり
今日はダメかと観念していたら
6時すぎから急に晴れて
いま鏡町で踊りの始まるのを待っています・・・

全然関係ない話ですが
富山駅前の「ひげ」さんが
八尾に出店してて驚きました!
お聞きすると新幹線の工事のため
駅前で出店できなくなってるそうですね
今後、どうなるのでしょうか・・・
Commented by goodroads at 2014-09-01 22:21
こんばんは

私も社内から、今晩は大丈夫かなぁ!?と思いながら外を眺めてはいましたが・・・肝心の夜はなんとか天気はもつようで、まずは良かったかなぁ・・・と思います。

鏡町の雲の模様の浴衣を着る成年女子は、今年は3人の様子。ちょっと人数的に寂しいかもですが・・・それでも昔の芸妓の町だけあって、他の町とは一味違った雰囲気があると思います。

「ひげ」さんのトラックは、昨日は東町の「ふらっと館」で見かけました。今日はふらっと館の近辺で店を出してられるのでしょうか??

ちなみに現在の「ひげ」さんは、富山市西町の大和デパート横のグランドプラザでトラックを停めて店をだしてられるのをよく見かけます。

今年は夜風が冷たいと思いますが・・・・
風邪に注意され、撮影を頑張ってください
o(^^)o
Commented by dendoroubik at 2014-09-02 03:56
☆Tomさん

4時頃から激しく降りだし
さすがに今日はダメかと・・・

ホテルに帰って
どこの居酒屋へ行こうかと算段しているうちに
気づけば雨はあがり
7時以降は問題なく進行してました

休憩中に話した遠方からお見えの
1日しか見ることのできないというおばちゃんたちも
きっと満足したことでしょう(^○^)

ひげさんは下新町(だったかな?)の屋台に来てました
もちろん食べましたよ
気づかなければ駅前にいってるとこでした(^-^:

3人の雲・・・
でも鏡町は今年もとてもよかったです
by dendoroubik | 2014-08-31 11:00 | 秋田 | Trackback | Comments(4)