日本海の光の帯

c0196076_6492377.jpg

東北から北陸にかけての日本海沿岸には、
巨大な灯篭神事がひしめいています・・・。

灯籠行事自体は、日本各地でおこなわれていますが、
下北、津軽半島から能登半島にかけての密集度は、
やはり特異なものだと思います。

まるで、日本海沿岸に光の帯が連なっているようです・・・。



c0196076_653973.jpg

五所川原市の立佞武多(たちねぷた)です。

大きいとは聞いていましたが、
あまりの高さにド肝を抜かれてしまいました!
5階建てのビルの高さに相当するそうです。

日本海沿岸の灯籠行事は、
幕末から明治にかけて巨大化していった、
という共通の歴史があるようです。

北前船交易の隆盛と軌を一にしていますので、
影響関係があったと考えるのが合理的ですね。

大正期から電線の施設によって、
丈を詰めるようになったのも共通の歴史ですが、
その高さこそが他のねぷたと一線を画する特色だった
立佞武多は、やがて衰退してしまいます。

平成5年・・・
失われたとされていた立佞武多の設計図の一部が
ある民家から発見され、
3年後・・・ボランティアにより80年ぶりに復活。

駅前では電線の地中化などもすすめられて、
ますます盛りあがりを見せているようです。

すばらしい!

c0196076_2256567.jpg

弘前ねぷたまつり

青森県にはねぶた(ねぷた)祭りが、
大小あわせると40ほどもあるそうです。

c0196076_2021479.jpg

一方、能登半島には、
キリコ(奉灯、アオカシ)が200近くもあるといいます。

(宇出津 あばれ祭り)

c0196076_231153.jpg

両半島を繫ぐ沿岸部にも、
広く名の知られた灯籠行事にこと欠きません。

その筆頭が、秋田の竿灯まつりでしょうか。

c0196076_2004561.jpg

富山の魚津 たてもん祭りは、どこか竿灯に似ています。

似ているのは竿の先に、
提灯をたくさん吊るしているところだけ・・・
と思われるかも知れません。

たしかに・・・

竿灯はたわわに稔った稲穂を、
タテモンは帆船を模したものといわれます。
竿の先を掌や額、腰などに載せ、
高々と夜空に差し上げる竿灯。
台座にソリを取りつけて曳きまわし、
神社の本殿まえで回転させるタテモン。

様態も起源もまったく異なります。

直截的な影響関係はわかりませんが、
両者を見比べてみてると、
やはり、同じ心性に基づく祭りだと感じました。
豊作と豊漁・・・祈りはちがっても、
その祈りの捧げ方がとても似ていると思うのです。
なにより、ハイテンポで楽しげな、
スウィングするようなお囃子の調子がそっくりでした!

c0196076_19593646.jpg

似ているといえば、富山県の砺波地方の夜高(よたか)あんどんは、
ねぶたにとてもよく似ています。

砺波、福野、津沢などでおこなわれるこの行事のあんどんは、
青森や五所川原のあんどんを思わせる形のものもありますが、
建物を模したものが多いように思いますので、
能代のねぶながしと関係があるのかもしれません。

夜高あんどんでおもしろいのは、
山車同士が激しくぶつかり合うイベントがあることです。

富山には、夜高に限らず、
山車の突合せをおこなう行事が数多くありますので、
これはこの地方に固有の特徴かと思っていましたが、
先日、太宰治の『津軽』を読み返していたら、
昔は青森のねぶたまつりでも、
激しいぶつけ合いをしていた、とありました。

(津沢夜高(よたか)あんどん祭り) 

c0196076_2011692.jpg

日本海沿岸につづく光の帯も、
なぜか能登半島の西側へゆくと途切れてゆきます・・・。

(石崎奉灯祭)

c0196076_2021255.jpg

日本海沿岸で最大の北前船の寄港地、越前三国湊。

ここでおこなわれる三国祭の山車上の人形も、
やはり、幕末から明治にかけて、
北前船交易で富を築いた豪商らの手よって巨大化してゆきます。

が・・・もはや行燈ではありません・・・。

c0196076_2023813.jpg

三国祭の人形は、
どこか行燈人形の面影を残しているようにも思えましたが、
敦賀まつりになると、
むしろ、祇園祭の山鉾の山飾りのようです・・・。


今年の三国祭の知り合った、ある映像作家の方から、
先日、福井にも、ねぶたに似た行事があることを
教えていただきました。
40年ほどと歴史は浅く、
規模もそれほど大きくないものだそうですが、
これを興そうとされたのは故なきことではないでしょう。

そういった心性が、
日本海側の他の巨大灯籠行事と
通底するものなのかはわかりませんが、
来年はぜひお伺いして、感じ取ってみたいと思います・・・。
トラックバックURL : https://gejideji.exblog.jp/tb/22397615
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by うずら at 2014-08-12 00:31 x
祭りも、時代によって流行もあったでしょうね。
そしてバブリーな人たちが、山車を大きく、豪華にしていくのかな。
それにしても、たちねぶた、ってすごいのがあるんですね!
というか、ねぶた祭りが40もあるって知らなかった。
知らないこといっぱい。一度行ったら、何度も足を運びたくなるでしょうね~
Commented by nararanran at 2014-08-12 11:32
こんにちは~

祭りの季節です。
富山で見たお祭りで山車がすれ違うときに
相手の山車を蹴ったりして面白かったのを思い出しました。
でも。。どこのお祭りやったか思い出せなくって。
見てるほうも危険やったけど(笑))

静か~な「風の盆」も私は好きですが
(今では観光客でごった返していますが)
喧嘩っ早いのも面白いですヽ(=´▽`=)ノ
Commented by yyama0525 at 2014-08-12 17:11
トップの写真とてもいいですね 
どこで撮られたんですか

日本海沿岸の光の帯
確かに そうですね

Commented by dendoroubik at 2014-08-12 17:52
☆うずらさん

五所川原の「たちねぷた館」を見た同僚が
「たちねぷたはスゴい!」と喧伝してましたが
「あんまり祭りを見たことがない人が言ってるだけ」
・・・と実は思ってました

しかし あれはホントにスゴかったです!

能登のキリコの200を制覇するには
100年くらいかかりそうですが(笑)
ねぶたの40なら
生きてるうちに見られないこともなさそうですね
でも あまりにも遠すぎて・・・

五所川原といえば 
太宰治と吉幾三の出身地
現在 とくにこれといった産業のないなかで
これだけのものを復活させた心意気に敬服です!
Commented by dendoroubik at 2014-08-12 18:03
☆らんさん

富山で見られた祭りというのは
たぶん福野の夜高まつりじゃないでしょうか
金沢からも近いですし・・・

夜高まつりの他にも自分が見た富山のまつりで
岩瀬曳山まつり 氷見祇園まつり 伏木曳山まつり
がケンカをおこなっていました

最初に見たのが氷見の祇園まつり
京都の祇園祭のイメージがあったので
突然山車のぶつけ合いがはじまったときには
「わ! なんちゅう野蛮なことを!」
と思ってしまいました(笑)

ふだんの人付き合いのなかでは柔和な富山の方々が
どうしてあんなアグレッシヴな祭りを好まれるのか
いまだに疑問です(笑)
Commented by dendoroubik at 2014-08-12 18:10
☆Capt.yamaさん

ありがとうございます!

トップは青森のねぶたまつりの写真です
回転しながら客席に近づいてくれますので
あんどん自体はよく見ることができます

どちらかといえばあんどんよりも
囃子方やハネトと呼ばれる踊り子などを見たかったのですが・・・

この他に弘前のねぷた 秋田の竿灯を見ることができました
夜の祭りですので 昼は心置きなく観光
しかし祭りの後の飲みすぎはよくありませんでした(笑)
Commented by 沙都 at 2014-08-16 14:47 x
青森のねぶた、弘前のねぷた。他、数カ所で行われるのは知っていましたが、
たちねぷたは知りませんでした。
5階のビルが動くのは圧巻ですね。

ハネトや黒カラスは青森・弘前以外でもあるのですか…
あおれと、ぶとぷの呼び名の違いって…
Commented by dendoroubik at 2014-08-16 17:27
☆沙都さん

めったなことでは驚くまいと五所川原に乗り込んだのですが
あの大きさは想像を遥かに越えていて
不覚にも「わっ!」と驚いてしまいました(笑)
でも 日程が合わずに 青森と弘前のみ
タチネプタが運行するところは見られませんでした

語源が「眠り流し」といわれますので
「nebuta」も「neputa」もその訛りといわれますね
青森が「bu」で弘前が「pu」といわれますが
これは1980年に重要無形民俗文化財に指定されたとき
それぞれそういう名称で登録されただけで
現地の人はそんなに厳密に区別しないそうです

「ラッセラー」の掛け声の青森ねぶたのハネトは有名ですが
あれは港町ならでは風習といわれますね
弘前の掛け声は「ヤーヤードー」で
あんまり飛び跳ねたりせず勇猛な感じでした
他を見てないのでわかりませんが
分布図を見ると沿岸部は「ラッセラー」
内陸部は「ヤーヤドー」という掛け声が多かったです
海側はちょっとヤンチャなのかもしれませんね
by dendoroubik | 2014-08-11 13:01 | ◆祭り | Trackback | Comments(8)